photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2015年11月9日
「舩井フォーラム2015」の講師等の本の紹介(2) (※舩井勝仁執筆)

 先週、舩井フォーラムの無事成功の感謝の気持ちで3日間のプチ断食をしました。本当は飲み過ぎで胃腸の調子がおかしくなり食べられなかったからなのですが、やはり爽快な気分になりました。途中で「偽腹」とよばれる強烈な空腹感が襲ってくることはもうなくなりましたが、断食初日からスムーズにすっと世界に入るという域まではもう少しのようです。頭がクリアになり、自分の適正な「中庸」位置がわかるようになるという意味では、断食はとても有効だと思います。
 皆さまにもお勧めしたいのですが、この時期、風邪など体調管理にはくれぐれもお気を付けください。断食上級者ともなるとかなり抵抗力がついてくるそうですが、最初は人が多い場所に行くと普段はかからないインフルエンザなどをもらってきたりするという話も耳にしています。時間や環境にゆったりと身を置けるタイミングで始められるのがベストだと思います。それから、スピリチュアル的には、先月の満月はかなり強力で、その前後に病気になっている方が多いと聞いています。私の飲み過ぎもちょうど満月の日だったのですが、それは言い訳ですね。
 そんな私を含む初心者から中級者にお勧めな本が10月に出たばかりの森美智代先生の『断食の教科書』(キラジェンヌ)です。「寒天断食」「すまし汁断食」など初心者でもすぐに挑戦できそうなものがずらりと並んでいます。注意点や成功にあたってのポイントもたくさん書いてありますので、ご一読をお勧めします。

 続いて、舩井フォーラムの登壇の方のご本を今回も何冊かご紹介します。

『あの世飛行士(タイムジャンパー)は見た!?《歴史の有名なあの場面》 あまりに不都合な《歴史トラブル》へのタイムトラベル』木内鶴彦 長典男(ヒカルランド)

 にんげんクラブの会員様の中でも抜群の人気がある長さん。今回もご登壇いただいてぶっとんだ目に見えない話でパシフィコのお客様を魅了していました。飄々と「キリストが日本に来ていた時に会ったんですよ」なんてお話をされ、またそれがとてもわくわくする内容に満ちていました。木内さんとのコラボのこの新刊、何人かの木内ファンも「これまでの著書の中で1番おすすめ!」と太鼓判を押していました。
 ヒカルランドさんでのコラボセミナーをまとめた本ですがこのお二人の特徴は「ぶっとんだ話ですみません」と何度も断りながらも、スケール感の大きい奇想天外なお話にあふれていること。前述のキリストのお話も出てきます。電車の中で楽しく読み物に浸りたいときなどにとてもおすすめの1冊です。浮世の疲れも癒されます。

『《たましい》よろこびっぱなしの生き方 60才×2巡め《大還暦の時代》は楽しいことだらけ』近藤 洋一 川田 薫 (ヒカルランド)

 舩井グループもいつもお世話になっていますトータルヘルスデザインの近藤さんと天才理学博士川田さんの初コラボ本です。近藤さんは父 舩井幸雄の教えを丹念に学んで経営を成功させた人、「守破離」という中世の言葉がありますが、まさに近藤さんのような方だと思います。
 今回の舩井フォーラムのセミナーでも、父のファンの人たちにわかりやすくこれからの生き方を伝えてくださいました。魂の喜ぶ生き方、近藤さんと川田さんらしい優しく力強さにあふれた本です。

『子どもの心に光を灯す日本の偉人の物語』白駒妃登美(致知出版社)

 舩井フォーラムの講師ではなかったのですが、私の慶應義塾大学の同級生の白駒さんの本もお勧めしておきたいと思います。白駒さんは附属の中高からの内進生でしたが「本当は文学部に行きたかったけれど、慶應といえば経済学部だから」と進まれた優等生で、商学部にやっとの思いで入った私などから見ると、高嶺の花の才女でした。卒業後は「女子の花形職業といえばCAでしょう」とその時難しかった航空会社への就職を決められました。 
 そのあと、大病をされ、自分の本当のやりたかった志に目覚めて「歴女」として現在は人気エッセイストとなっています。生と死を見据えた正岡子規の覚悟や、西郷隆盛のリーダー論など、大人が読んでもとても勉強になる切り口が満載です。人生の光と闇を存分に見てきた人だからこそ書けた1冊だと思います。

『いま、大和の人として美しく生きる』今野華都子(きれい・ねっと)

 最後に私が最も尊敬している先生のお一人である今野華都子先生のご本を紹介させていただきたいと思います。「やまとこころ」は日常の生活を手際よくきちんとこなしているおばあちゃんやお母さんたちによって守られてきたことがよく分かります。今野先生は現代生活の中で忘れられがちなそんな本当の「やまとこころ」を思い出すべく、日本中、世界中を駆け巡りながら、美味しい手作りの料理を作り身の回りをきれいにするすべを教えて、時には「やまとこころ」を忘れてしまっている男たちへの叱咤激励もされるというスーパーウーマンな活躍をされています。
 大きな声をあげて魂の変革を叫ぶのも大事な気付きを与えてくれますが、今野先生のように、誰の心の中にも必ずしっかりあるお母さんたちが繋いできた日本の良心を感じられる素晴らしい本です。一度手にとっていただければと思います。そんな、今野先生の出版記念講演会が11月23日の勤労感謝の日に兵庫県姫路市で開催されます。
 当日はサプライズがあるかもしれませんので、ピンときた方はすばらしい「大和のこころ」に触れるために姫路にお集まりください。
                                           =以上=

バックナンバー
2015.11.30:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】目的は、大難を小難にすること (※舩井勝仁執筆)
2015.11.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】空海のメッセージ (※舩井勝仁執筆)
2015.11.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】へそ道 (※舩井勝仁執筆)
2015.11.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】「舩井フォーラム2015」の講師等の本の紹介(2) (※舩井勝仁執筆)
2015.11.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】「舩井フォーラム2015」の講師の新刊本(1) (※舩井勝仁執筆)
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note