トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2022年9月5日
お金とツキのお話 (※佐野浩一執筆)

 小林正観先生は、おもしろいことに、「頼まれごと」の3つにひとつは有料だとおっしゃいます。仕事も含めて考えると、たしかにそうかもしれません。
 有料の「頼まれごと」がきたときに、「好きでやっているので、お金をもらう必要はありません」と言って、受け取らない人がいます。このような人を「傲慢な人」だとおっしゃるのです。
 なぜ「傲慢」なのかというと、「自分の手元にあるお金は、自分のもの」と思っているから……。
 なんと……!! 
 これ、けっこうショッキングな表現でした。

 一方で、「ありがとうございます」と言って受け取る人を、「謙虚な人」といいます。実のところ、お金の持ち主は、神様だったり、宇宙だったり、全人類だったり、地球だったりします。だから、「私」ではないからだと……。
 そう考えると、「ありがとうございます」「預からせていただきます」と言うのが、正しいわけですね。
 お金はどうやら「自分のもの」ではないようです。ただ、通り過ぎていくだけです。頼まれごとに対して金額を提示されたときは、「ありがとうございます」と言って頭を下げ、「どのようにお金を使うか」を考えて生きていく……。そうすれば、そのお金は生きたお金になると教わりました。

 江戸時代に池大雅という文人画家がいたそうです。
 この方は、京都の東山に住んでいました。
 頼まれた絵を1枚も断ったことがなく、全部描かれたそうです。
 絵を頼んだ人は、絵が描き終わると取りに来る……。
 そして、「ありがとうございました」と言って、玄関先に吊り下げられた「ざる」の中にお金を入れて帰ったそうです。
 その絵の代金として、お客さまがいくら払ったのか、池大雅ご夫妻は知らなかったのです。
 一方、池大雅ご夫妻が味噌、お米、醤油の配達を商人に頼むと、商人は帰りがけに、「ざる」の中から代金を持っていったそうです。

 正観先生は、この話を知って、大きな衝撃を受けられました。
 「頼まれごとをする」ことが人生のすべてであるとわかってはいたものの、池大雅ご夫妻のような生活には踏み切れていなかったとお考えになったのです。
 そこで、「池大雅的な生活を実際にしてみたら、どうなるだろうか」を知りたくて、身を委ねることにしたそうです。
 どうやってお金を稼ぐか、どうやって収入を上げるか、どうやって生活をするかは考えないで、「頼まれごとをすべて受ける」と決めたのです。
 何も考えず、ひたすら頼まれごとをやり続けました。
 その結果、いろいろなところから、それなりの収入をいただいたのですが、ある程度お金が貯まったとき、4人の方があらわれたのです。
 その方たちは、そのときたまたまお金に困っている状態だったのですが、4人の金額を合計すると、なんと、そのときにご自身がいただいていた収入と同じ金額だったのです。
 振り込まれた金額と、4人に必要な金額がぴったり一致したので、正観先生は「この人たちに使いなさい」ということだと解釈し、4人にお金を渡したそうです。
 その後、少したってから、ある金額が口座に振り込まれました。
 すると、また別の人があらわれて、「お金に困っている」と言います。不思議なことに、今度もまた、振り込まれた金額と、その人に必要な金額が同じだったのです。正観先生は、彼に、その金額を渡したのだそうです。

 経営者をやっていると、どうしても「どうしたら売上が上がるのか」「どうしたらお客さまが増えるのか」「どうしたら利益を確保できるのか」を先に考えがちになります。
 でも、「どうしたら喜ばれる存在になれるか」だけを考えるようにしたら、お金の入り方が変わってくると教えてくださっています。
 正観先生曰く、『どうも神様は、「喜ばれる存在になろう」と決めた人を、放ってはおかないみたいです。』と。

 この小林正観先生に「人生を180度変えるきっかけをいただいた……」とおっしゃるのが、11月19日(土)に開催する「“ほんもの”未来フォーラム2022」に登場いただく、櫻庭露樹さんです。
 櫻庭さんは、スピリチュアル研究家であり、登録者数15万人を越える超人気ユーチューバーでいらっしゃいます。
 幼少から青年期までを東京で過ごしますが、幼少期から貧乏生活を余儀なくされ、9歳から新聞配達をしながら家にお金を入れていたといいます。高校を卒業後、ビデオショップ店員や料理人などさまざまな職業を経験しますが、うまくいかない日々を過ごされます。36歳のとき、これまでのツキのない人生を恨むなかで小林正観先生と出会われ、目に見えないものの正体について興味を抱き研究を始められました。
 そんな、櫻庭さんですが、新著「運を引き寄せる実験 金運がアップするすべての方法を試してみた」(フォレスト出版刊)につぎのようなことを書かれていました。

(引用開始)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今回は金運というテーマで話をしてきましたが、これは運すべてに言えることだと思っています。大切なのは、「自分が先に与えていく」ことで、そこから人生、いろいろなことが回り出します。
 その途中では、思わぬ幸運に出会うかもしれません。でもそれは宇宙からの問いです。「その現象をどうとらえ、どう感じ、どう受け入れていくのか」という与えられたテストです。そして、そのテストを乗り越えたあと、あなたに面白い現象が降りかかってきます。
 宇宙の法則とは面白いものです。
 でも、多くの人は自分がしてもらいたい(お金がほしい)という思いが強すぎて、結果何も得られないというパターンを繰り返しています。
 そうではなくて、宇宙の法則は「自分が先に出す」ところから始まります。
 自分からやらないと何も返ってこないのです。つまり、運は待っていては何もやってこない、自分から取りにいかなければならないものなのです。

               (中略)

 人は執着し始めた瞬間から運気は下がっていきます。だから、大事なのは実践のなかから何かを見いだし、そして気づいていくこと。そして、感謝して自分を変えていくこと。それができたとき、あなたの人生が大きく変わっているはずです。
(引用終了)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いかがでしょうか?
 師匠が言うことはすべて。
 だから、とにかく振り切ってやり続けた……そうです。
 まさに、「与えるものが受け取るもの」。
 まず、こちらから差し出すこと、差し上げることの大事さについて触れていらっしゃいます。ご本人に言わせれば、「それしかないんだ」と……。
 同書は、「お金の本」ではなく、最高レベルの「自己啓発書」「気づきの書」だと思います。よければ、ぜひ手に取られ、お読みになってください。
 そして、ぜひ、「“ほんもの”未来フォーラム2022」で、直接その極意をお聴きください。

 お金から人生を考えることがあまりなかった私には、とてもショッキングな気づきであり、自身を変える重要なきっかけをいただいたと思っています。
                              感謝

バックナンバー
2022.09.26:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】物語で触れる占星術 (※舩井勝仁執筆)
2022.09.19:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】美とマインドフルネス (※佐野浩一執筆)
2022.09.12:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】勉強法を知る (※舩井勝仁執筆)
2022.09.05:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】お金とツキのお話 (※佐野浩一執筆)
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note