船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
寒い季節の運動に気を付けること
2021.11.2(Tue)
社名:(株)本物研究所
名前:福井 健太

舩井幸雄.comをご覧の皆様。いつもありがとうございます。
本物研究所セールスサポートチームの福井と申します。

11月に入り、朝晩とかなり冷え込む季節になりました。

食欲の秋のおかげで、この2ヶ月で体重が、
4sも増えてしまいました。

さすがにこのままでは、まずいと感じた私は、
2週間前から軽いウォーキングかランニングを
しています。

実は、運動するなら寒い季節の方が
得をすると皆様はご存知でしょうか?

その理由は、基礎代謝は一般的に夏に低く、
冬に高いとされています。

基礎代謝とは、安静にしている状態での
エネルギー代謝量であり、24時間相当の
総エネルギー消費量のうち基礎代謝量は
約60%を占めます。

つまり同じ運動するなら夏よりも
冬にした方がいいのです。

また、冬は寒さにより末梢の血管が
収縮して血流が低下しやすくなります。

血流が低下すると筋肉で消費される
エネルギーも少なくなるので、運動を行い、
血行を促すことはエネルギーを消費しやすい
身体をつくることに役立ちます。

しかし、寒い日の運動には、
気を付けなければいけないこともあります。

寒い日は、寒冷の影響で体温の発散を防ぐために
血管が収縮して血圧が上がりやすくなり、
心臓への負担が大きくなります。

暖かい室内から寒い屋外へと移動した際の
血圧の急激な変動によって心臓の血管が
過剰に収縮して心筋梗塞の原因となることもあります。

また寒いと、筋肉も収縮して硬くなりやすく、
柔軟性が低下するため、筋肉や靭帯、
腱などの損傷も起こしやすくなります。

外へ出る時の朝・夜の冷え込む時間は十分に防寒し、
身体への寒冷刺激の影響を少なくすることが大切です。

運動前にはストレッチや体操などの準備運動を
しっかりと行い、身体を温めて筋肉の柔軟性を
確保することも必要になります。

皆様も是非は、私と一緒に
運動を始めてみませんか?

運動の成果については、年末年始頃に
皆様にご報告ができればと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。


64周目:「本物研究所 入社1年目 福井健太と申します」
65周目:「「即時処理」で今年度の生産性を上げる」
66周目:「リラックスの時間をつくりましょう!」
67周目:「“ほんもの“未来フォーラム2019へ向けて」
68周目:「“ほんもの”未来フォーラム2019から多くの学びを」
69周目:「広島講演会で学ぶ」
70周目:「花粉症方にオススメな「宮古ビデンス・ピローサ」」
71周目:「インフルエンザが流行し始めました」
72周目:「2019年を振り返って」
73周目:「2020年の目標」
74周目:「2月22日 東京講演会」
75周目:「お家でもできるトレーニング」
76周目:「夏の夜を快適に過ごしたい方に!」
77周目:「Webセミナーの普及」
78周目:「朝活への取り組み」
79周目:「散歩の仕方」
80周目:「読書の秋におすすめの書籍」
81周目:「激戦だった全日本大学駅伝」
82周目:「2020年の出来事」
83周目:「“ほんもの”未来フォーラム2020での学び」
84周目:「今年も花粉がやってくる」
85周目:「新年度の目標」
86周目:「ゴールデンウイークの生活」
87周目:「習慣化するためには」
88周目:「オリンピックから学ぶ「感謝の気持ち」」
89周目:「食事の仕方を変えてみて」

バックナンバー
バックナンバー
2022年
2022.062022.052022.042022.032022.022022.01
2021年
2021.12 ・2021.11 ・2021.102021.092021.082021.072021.062021.052021.042021.032021.022021.01
2020年
2020.122020.112020.102020.092020.082020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア ザ・身禊(MISOGI)合宿セミナー 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note