船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
夢みたいな願望
2005.5.26(Thu)
社名:(株)本物研究所 営業部・販促課
名前:山口 貴子

いつも元気な(株)本物研究所 山口貴子です!

 こんにちは。
 私は、株式会社本物研究所の営業部・販促課に所属している山口貴子です。入社して1年と5ヶ月経ち、現在、商品のチラシやお客様向けの会報誌を作成したりイラストを書いたり、月刊フナイメディアの本物研究所ページなどを担当させていただいています。出身は関西で、前職はテニスクラブでフロントとコーチをしていました。人をこよなく愛する佐野社長を始め、個性豊かなスタッフの方に囲まれて、毎日楽しく充実した日々を送らせていただいています。

 私が、一番仕事にやりがいを感じる時は、やっぱりお客さまと接しているときです。お客様と絆が強まった瞬間や、お客様に喜んでいただくために佐野社長を筆頭に社員一同が一致団結しているときなど、とても心が満たされます。船井会長は、『顧客対応』とよくおっしゃいます。気持ちでは、一人一人のお客様を満足させたい!たくさんの方に喜んでいただきたい!と思っていても、自分の器が小さいと、つい自分のことで精一杯になり、多くの方に喜んでいただくところまで実行に移せないときがあります。
船井会長がおっしゃっている『顧客対応』が、私にとって、己の器を知ることや、己を磨くきっかけになっています。

 私は仕事でうまくいかなかった時、いつも考えることがあります。船井会長をもっと身近な人、社員として妄想しながら…、「こんな時、船井会長ならどんな意見を言うのだろう? 船井会長なら、どこにポイントを置いて、落とし込んでいくんだろう? 一度でいいので、一日密着してみたいなぁ〜(たぶん、忙し過ぎて船井会長に追いつくことに必死で、最後には寝込んでしまうかもしれない…)。」などと夢みたいなことを思っていたところ、来たる6月1日・2日と船井会長の社員研修会が行われることになり、嬉しさでいっぱいです!
 船井会長は、どんな仕事でも「即時決断・即時処理」をされるとよく耳にします。右脳が活発な船井会長は、決断される時、うまくいくイメージが見えているからこそ、「即時決断・即時処理」が出来ているのかもしれません。今度は、「船井会長が見えているイメージを一度でいいから覗いてみたいなぁ〜」などと願っていると、社員研修会が決まったように、また私の願望が叶う日が来るかもしれませんね☆もし、そんな夢みたいな日が実現した時は、また皆さまにご報告させていただきます(笑)。

 最後に本物研究所では、たくさんの方に本物生活を提案させていただくために販売店募集をしております。少しでもご興味がある方は、一度事業説明会にきてください。お会いできることを心から楽しみにしております。
資料請求・お問い合わせ先:
(株)本物研究所 TEL:03−6400−3177 営業部まで

佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア ザ・身禊(MISOGI)合宿セミナー 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note