船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
それから (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2010.9.29(Wed)
社名:イリアール(株)
名前:臼田 雄司

イリアール(株)で月刊通販カタログ『ほんものや』の編集を担当している臼田です。


先日、夏目漱石の小説『それから』を読みました。
素晴らしい作品だったのでご紹介します。

この作品は、『三四郎』『門』と併せて漱石の前期三部作とされており
『三四郎』『それから』『門』の順に発表されました。
しかし、『三四郎』と『それから』の登場人物はまったく異なります。
そして、『それから』に続く『門』もまた、登場人物が異なります。
三作の登場人物がすべて異なるのに、なぜ三部作なのか?
そのコンテクストを理解できるかどうかが
『それから』を読み解くうえでの大きな要素のひとつとなるでしょう。

『それから』が書かれた時代と現代とでは
当然のことながらずいぶん風俗が変わりました。
一般的な生活において“道徳に反しない自由”を求めることが認められ
それが広く受け入れられる社会になりました。
そもそも“道徳”の概念というものは時代ごとに変わるものですが
それでも相当な領域においての制約が取り払われたことは間違いありません。

たとえば結婚や職業、生き方における選択がそれにあたります。

ただ、今も昔も、その時代における社会通念から逸脱した者は
すべからく排斥されるべしとの考え方があります。
そして、どうしても世間と相容れることができず
当たり前とされる人生観を持つことのできない
この作品の主人公のような者の辿る道は
今も昔も変わらないのです。

この作品を読めば、なぜ夏目漱石の肖像が旧千円札に使われていたのか
その理由がわかるでしょう。


23周目:「安田のおばあさん (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
24周目:「外国文学から学んだこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
25周目:「夢を叶えるための方法 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
26周目:「細雪 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」

バックナンバー
2010.09.30: 自然の癒し力 (テーマ:私のストレス解消法)
2010.09.29: それから (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2010.09.28: 話しあいとわかちあい (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.27: 衣食住に今日この頃思ふこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.24: 仕事の効率を上げるには流行・最先端を活用する!! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.22: Living Machines (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.21: 貴重な機会! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.17: 農村行脚 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.15: 笑顔で楽しむ^0^ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.14: 船井幸雄が出場する最後の、にんげんクラブ全国大会が終わりました! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.13: 激安航空運賃にびっくり! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.10: いけにえ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.09: 年若き男子に読んでほしい1冊 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2010.09.08: 健康な体を手に入れるために (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2010.09.07: 日月神示は魔法の宝 (テーマ:私の好きなもの)
2010.09.06: 子宮頸がんワクチンやガン治療を考える (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.03: 姿勢とこころはつながっている?! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.09.01: 自分を知る (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note