photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2016年8月22日
ギブ&ギブの法則 (※舩井勝仁執筆)

 お盆休みも終わり、平常運転の日々が戻ってきました。オリンピック、連日連夜のテレビ観戦ですっかり寝不足だったという方も少なくないのではないでしょうか。この原稿の締め切りの朝、夜更けまで五輪バトミントンの女子ダブルス、大逆転で日本史上初金メダルという素晴らしい結果を見ていました。ご覧になっていた方も多いでしょうね。3点差の劣勢から奇跡とも呼べる逆転連続5ポイントでした。
 今回の五輪での日本の活躍は粘り勝ちが目立ち、諦めないスタンスで勝利を引き寄せたというパターンが多く、胸が熱くなりました。
 いつも試合を見ていて思うのは「誰のために勝ちたいのか」ということ。五輪のような世界トップの試合では「国」を背負って立つという姿勢が強調されることが繰り返されてきました。1936年の「ナチ・オリンピック」として有名なベルリン五輪、ヒトラーの開会宣言中には10万人を超える観客がナチ式の敬礼をしました、90近くのメダルをとったドイツの結果は、そのあと欧米の列強を意識した軍事の拡大にも大きな影響を及ぼしました。このドイツの話に限らず、過去オリンピックが様々な国のプロバガンダに利用された経緯を振り返ってみると、選手たちのプレッシャーは尋常なものではなかったでしょう。
 しかし、選手の本音はいつも「自分の大事な人のために頑張れる」であると思うのです。愛する人、両親、コーチ……いつも自分を私利ではなく真摯に応援してくれる人に素直に感謝をし、喜ばせようと決意した時、大きなパワーが出ると私は思っています。

 金融市場は、いったんは黒田総裁が打ち出した、株式投信(ETF)の買い上げ金額を年間3.3兆円から6兆円に増やすという追加緩和政策に反応して、17,000円近くまで上げましたが、その後は99円台に入った円高の進行もあり、低調なレベルでの推移になっています。為替の方は、FRBの年内の利上げを材料になんとか円安基調にしたいという意向がありますが、どうもヘッジファンドはまだまだ円高にかけられるという意向を持っているようですので、もう少々苦戦が続きそうな気がします。どちらにしても、秋口から遅くとも来年は下げ相場に入ることが予想されますので、あんまり上がり過ぎない方がその時の下げがきつくなくていいのかなと思ったりもしています。

 こんなことを考えていた時に、先日志賀内泰弘さんからいただいた『「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則』(PHP研究所)を手に取りました。小説仕立ての引き寄せの法則の本で、志賀内さんは「ギブ&ギブ」の精神がどれだけ自分と周りを幸せにしていくかということを物語にしています。見返りを求めずに周りのために尽くすみすぼらしい僧がどのように周りを巻き込んで、大きな成功を手に入れていくのか、テンポよくわかりやすくお話が進んでいきます。読後感が素晴らしく、心がほっこりと温かくなるので、たとえば親子で読んで感想をシェアするのにはとても良い本だと思います。

 父・舩井幸雄も「差し上げ好き」ということを折に触れ言ってきました。私も多分引き継いでいますが、大阪人である父は、本来はケチでギブするのは苦手だったのですが、いろいろな人生経験を重ねていくうちに、ギブ&ギブの境地に達したようです。また私の尊敬するある先生も「宇宙はギブ&ギブです。差し出すこと、与えることを惜しみなく永遠に続けるのですよ」というお話をよくしてくださいます。私なりに常に「ギブ&ギブ」ということを反芻しているのですが、この小説の中で志賀内さんが引用されていた道元の言葉をが、とても胸に新鮮に響きました。

 それは「放てば手に満てり」という言葉です。曹洞宗開祖、道元禅師の言葉はこの言葉を引いて、『坐禅修行をすることで、思いを手放し執着を捨て、心を空にすれば、真理と一体になったゆたかな境地が手に入る』と説きました。座禅や瞑想は心の浄化と中庸さを保つのにとても有効なアクションですが、この「手放すこと」を、日常、意識の片隅に置いておくだけでずいぶん日常がみのり豊かになるものだという気がします。
 この本にありますように「諦める」と「執着を手放す」の違いはとても大きいもので、そして実際に自分の意識をどのように保つかは難しいのですが、五輪で世界を凌ぐ活躍をしている選手たちは、早くからこの違いを心技一体で体得しているのではないかなとそんなことを思いました。

 志賀内さんの小説は独特の世界を確立された感があります。本当は目に見えない世界のこともよく理解されていて、それでいて一般の人たちの心のシャッターが降りないように、摩訶不思議な話はされずに一般的に通用しているお話の中で、人として生きるにあたって一番大事なことを伝え続けていただいている志賀内さんをとても尊敬しています。 そういう観点でお読みいただければ、あなたの周りにいる常識を手放せずに変われない人に本書をお勧めしていただければ、新しい人間関係が広がっていくのかもしれませんね。
                                            =以上=

バックナンバー
2016.08.22:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ギブ&ギブの法則 (※舩井勝仁執筆)
2016.08.15:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】エンパワーメント経営 (※舩井勝仁執筆)
2016.08.08:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】舩井フォーラムの目玉 (※舩井勝仁執筆)
2016.08.01:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】守り通したいもの (※舩井勝仁執筆)
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター