photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2006年12月22日
「聖なる植物」アヤワスカについて

 11月の下旬からのことです。「ペルーやブラジルに行って『アヤワスカ』を体験したいのですが?」という問い合せが何人かの方から来はじめ、先週は、ある会合の席上で、多くの人から聞かれました。
 11月にグラハム・ハンコックさんが来日、東京や京都でセミナーが行なわれたのですが、それに参加した人たちが、主たる質問者でした。
 今年10月末に徳間書店からグラハム・ハンコックさんとエハン・デラヴィさんの対談書『人類の発祥、神々の叡智、文明の創造、すべての起源は「異次元」にあった』が発刊されました。ヒントのいろいろあるすばらしい本で、ぜひ御一読をお奨めします。著者の2人とも私のよく知っている人なので、この本を読み、私ははじめて「アヤワスカ」のことを知ったのです。
 ハンコックさんはつぎのように同書の中で言っています。

「聖なる植物」アヤワスカによる強烈神秘体験
グラハム・ハンコック:変性意識状態の実験を行なうために、まず、南米に行きました。ペルーヘ行って、アマゾンでシャーマンといっしょに、神聖な幻覚剤、アヤワスカを飲みました。
 アヤワスカの有効成分はジメチルトリプタミン(Dimethyltryptamine)、略してDMTと呼ばれる幻覚剤です。今では欧米や日本などを初め、世界のあらゆる先進国で完全に非合法とされています。ペルーやブラジルやその他南米諸国では、かなり昔、おそらく1万年以上前からアヤワスカが使われています。これらの国では、アヤワスカの使用は信教の自由として、法律的に保護されています。過激に反対するアメリカから大きな圧力をかけられながらも、政府がこれを認可しているのはいいことです。ブラジルやペルー、エクアドル、および他のアマゾン流域諸国が、それぞれの主義にもとづいた方法でアヤワスカの使用を保護しています。それにもかかわらず、アメリカは人々がそういった変性意識を個人で探るのは危険だとしています。
 現地では合法ですから、私は法も犯すことなくそこへ行き、熟達したシャーマンといっしょにアヤワスカを飲むことができました。アヤワスカは非常にミステリアスな物質です。元々アマゾンに住むインディオの部族によって開発され、約1万年以上前からアマゾンで使われていた証拠が残っています。アマゾンには8万種以上の植物が生えており、その多くには薬用成分があります。しかし、アヤワスカの効果を出すためには、複雑な過程で調合を行なわれなければなりません。
 アヤワスカには2つの植物が使われます。一つはチャクルーナ(学名プシコトリア・ピリディス)と呼ばれるアカネ科の低木の葉です。その葉にはDMTが含まれていますが、葉を300枚食べても、何の影響もありません。胃のなかの酵素がDMTを破壊するからです。通常の状況では口から取り入れたDMTを体内に吸収することはできません。煙草のようにして吸うか、注射すれば体内に吸収されますが、径口(けいこう)摂取では効き目がありません(転載ここまで)。


 また、エハンさんは、それに対してつぎのように答えています。

エハン・デラヴィ:私も飲んだことがありますが、あれほどまずい飲み物はありません。でも同じように飲んだ瞬間にすぐ気づくのです。「これは遊びで飲めるものじゃない。たった今、何か重要なものを口にしたのだ」と真剣な覚悟が要求されている(転載ここまで)。

 この本を読めば、わかりますが、アヤワスカを飲むとだれでも変性意識状態になり、異次元世界を経験できるようですし、不思議なことにその経験に共通性があるようなのです。それが、どのようなことかも、同書でほぼわかります。
 私は、グラハム・ハンコックさんの本を読んだり、話をきいて「アヤワスカを体験したい」という多くのすなおな日本人がいること・・・にびっくりしたのです。
私はこれらの人に、「体験するのは、あなた自身で決めることだから、合法的に行なうのなら別にとめはしませんよ。ただ私はアヤワスカは飲みません。理由は飲む必要はないし、ムダだと思うからです」と言っておきました。

 先日、この本を企画した徳間書店の担当者や編集責任者と話し、「アヤワスカ」についての私見などを彼らに説明しておきました。
 そのうち、それらをまとめていずれかの著作で発表するかもしれませんが、私はともかく「グラハム・ハンコックさんとエハン・デラヴィさんの対談本」と、彼らのセミナーの「完全収録DVD」を見るだけで充分ではないか・・・といまのところは思っています。もともと変性意識に入りにくいようにして生まれてきたわれわれ人間が、求めて変性意識になることはない・・・と思います。それよりも人間性を高めれば、われわれは自由に変性意識も経験できそうですから、その方が大事だと私は思うのです。いかがでしょうか。
                                           =以上=

バックナンバー
2006.12.29:【先週のびっくりより】カモにならない投資術
2006.12.26:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】船井総研年末研修会講演レジュメ
2006.12.22:【先週のびっくりより】「聖なる植物」アヤワスカについて
2006.12.19:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】話題の日、2012年12月22日の意味すること
2006.12.15:【先週のびっくりより】中国の環境問題など
2006.12.12:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】心は大切、ガンをつくるのも治すのも心らしい
2006.12.08:【先週のびっくりより】体調急回復
2006.12.05:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ガンを克服したある友人からの手紙
2006.12.01:【先週のびっくりより】日本は近々国家破産する
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note