船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
にんげん (テーマ:船井会長の本を読んでの感想)
2005.12.5(Mon)
社名:(株)船井本舗
名前:舟越和代

 以前より経営コンサルタントとしての船井会長のお名前だけは存じておりましたが、ここへ勤務してこのように書くことになるとは慌ててしまいました。
 先日の朝の通勤電車の中で上を見上げると「にんげん」(ビジネス社刊)という新刊の広告が目に入りました。地球上に数多くの生物が棲息している中でも我々人間が一番興味深い生物ではないでしょうか。複雑難解多面体で乱反射しては光と影を織りなすのですから。
 この世に生を受けてから人生の道すがら数え切れない人とすれ違いますが、心に残るような人と出会えることは本当に喜びです。先日のオープンワールドでは、電話で話しただけのお客様が混雑してる中をわざわざ探して来てくださったり、思いがけない出会いもありました。初対面とは思えない親しみを感じて思わず手を握り合いました。波長が合うというのでしょうか。
 
 「にんげん」の中で書かれてる、地球上において一種類だけ地球にとって調和してない生物が「にんげん」とありましたが、ありのままでは生きられない、地球にとって悪い影響を与えている唯一の生物、地球にとっての「にんげん」は人体におけるガンウイルスのような存在・・・環境破壊や戦争を歴史的にも幾度も繰り返す変な存在、人間のエゴ、驕りはきっとそのツケが回ってくると思います。「にんげん」と他の存在との「六つの違い」を読ませていただきながら「人間は考える葦である」と子供の頃に習ったことを思い出しました。色々な意味でもっと人間がascension(アセンション)できれば良いのですが。

バックナンバー
2005.12.28: 好きなことを大切に (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.12.27: 夢実現 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.12.26: 船井幸雄がグループ会社の社長に送った手紙
2005.12.22: 「自立」。耳が痛いけれど、強い愛を感じた会長の言葉! (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.12.21: 指南書。 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.20: 悪口は言わない! (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.19: 「大人になったなぁ……」 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.16: “直感力”から見えてくること (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.15: 『本物研究所の朝礼』 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.12.14: 『ありがとうございます。感謝します』 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.12.13: 会長から学んだこと (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.12: 自分と合わない人とは? (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.09: 入社から運転業務を始めて (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.08: 「人は生まれ変わる」を読んで
2005.12.07: 素顔=笑顔 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.06: 素直なこころ (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.12.05: にんげん (テーマ:船井会長の本を読んでの感想)
2005.12.02: 社内での態度 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.12.01: 日々フル活動 (テーマ:私からみた船井幸雄)
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note