船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
処理能力の向上 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2006.2.7(Tue)
社名:(株)船井本舗
名前:大竹 泰亮

 株式会社船井本舗で、ホームページ制作などを担当しております大竹泰亮と申します。
 昨今、上司から非常に学ばさせていただいたことがございます。
 先月(1月)に弊社で販売しております中村堂ゼラチンパウダーがテレビで紹介されました。その影響もあり、多数のお客様からご注文がありました。
 そこで、商品の質問や在庫切れなどのお問い合わせに応えていましたところ、「『即時処理』をしないとだめだ」と言われました。
 初めはなんの疑いもなく、ただ従っておりましたが行っていくうちにその意味が自分なりにわかりました。それは、お客様から質問をためることにより、回答することが自己の負担になり、処理能力が落ちるからです。少数のご質問ならば、いつでもお答えできますがそれが多数になりますとわからなくなっていき、何よりもお客様にご迷惑がかかるからです。

 常日頃から、船井会長も『即時処理』などを明言されておりますが、それが非常に重要だということを、今回の経験で、身をもって体感しました。
 『即時処理』をすることにより、お客様に喜んでいただくのだけでなく、仕事の処理能力を上げることにより、自己の成長に繋がりました。
 
 私も、如何にして仕事のスピードや質を上げることに色々と努力しているのですが
やはり実際の仕事の数をこなす事がまさに、一番だとこのことから実感いたしました。
 弊社では、今後とも新商品や有益な情報をお客様にご提供していきますので今後とも船井本舗『ほんものや』をどうぞよろしくお願い申し上げます。


2周目:「小さなことでもこつこつと」
3周目:「好奇心こそ、自己成長の第一歩 (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)」
4周目:「仕事をどうしたら早く出来るようになるか (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)」

バックナンバー
2006.02.28: ある日、本屋で・・・ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.02.27: 言葉の形 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.02.24: 会長宅 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.02.23: 平成18年新春グループ研修にて船井会長講義の感想
2006.02.22: ―人を玩(もてあそ)べば徳を喪(うしな)い、物を玩べば志を喪う― (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.02.21: “フォーグ”は、電子を集める! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.02.20: 見つめ直す時間 (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2006.02.17: 自己実現力 (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2006.02.16: 船井会長へ (テーマ:船井会長に伝えたいこと)
2006.02.15: 本物商品との出会い (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.02.14: 研修会のレジュメ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2006.02.13: すべてのものを大事にする心 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.02.10: 覇道と王道
2006.02.09: 自分との対話 (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2006.02.08: 『にんげんクラブ』奮闘中!! (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.02.07: 処理能力の向上 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2006.02.06: お客様志向――気のつく人 (テーマ:私が取り入れ始めた“船井流”)
2006.02.03: 意識がすべてを変えていく (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2006.02.02: イプラスジムトレーニングに参加して (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.02.01: エゴをなくし、良心に目を凝らすこと (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note