船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
求めよさらば与えられん、叩けよさらば開かれん(私から皆さんにお伝えしたいこと)
2008.4.8(Tue)
社名:(株)船井メディア 月刊『Funai Media』編集部
名前:高岡 良子

 春風に降りしきる桜の花びらのなかを歩く喜びに、ふたたび春が巡ってきた感謝を感じる今日この頃です。
 高橋春義さん(月刊『ザ・フナイ』6月号のTOP対談のゲスト。新潟の(株)タカヨシ社長)が先日の対談収録の席上で、「私は歳をとるごとにますますハッピーになります」とおっしゃっていました。83歳とは思えない若々しく翳りのない表情には、ほんとうにびっくりしました。私も歳をとるごとにハッピーになっていく人生を歩もう…と思った次第でした。

 ところで時として人生には、「このトンネルは一体いつになったら終わるのだろう……」「どこまで続くぬかるみぞ?」と思うような苦難の時節もあります。想いが現実を創る…というのは真実だと思いますが、そういう時期には、想っても想ってもなかなか実現しないのです。少なくとも私の場合はそうでした。きっと、想いのほかにも現実を形づくる要素には、いろいろあるのでしょう。たとえば人生の周期だとか、過去生でつくった自分のカルマの影響……など、いま思えばそうだったのかな…と思うのですが……。
 けれど、あきらめず、くさらず、これでもかこれでもか、と扉を叩き続けていると、ついに扉は開かれます。

 そのいっぽう、もし願う通りのことが実現したら取るであろう態度、出す言葉、声の調子、表情、…などを想像して、今があたかもそうなっているかのように振舞う。幸せになったらやろうではなくって、いま幸せだったら取るであろう態度を先取りしてしまうこと。これも効き目あるみたいです。
 そして、毎日、「わたしはすべてのエゴを手放します。すべての執着、こだわり、我欲を手放し明け渡して、絶対の信頼と無条件の愛をささげます」という祈りをささげる。これは日常生活の中で、すぐに雑多な感情にまみれてしまう自分の心を、リセットする方法です。少なくともこの祈りをすると、たいへん気持ちがいいのです。
 眠りにつくときには、いついかなる時にも決して私を忘れることなく護ってくださっている神さまを思い浮かべて、その懐に抱かれながら、いっさいがっさいを大宇宙のみこころにお任せして、眠りに落ちてゆく。
 それに加えて、ホオポノポノを習慣にしてしまう。
(ホオポノポノについては、『船井幸雄.com』や月刊『ザ・フナイ』、船井メディアのメールマガジンにも載っていますから、知らない方はご参照くださいませ。)
 最初、私は「ありがとう」「大切だよ、大好きだよ」は素直に言えても、「ごめんね、ゆるしてね」と言うのに抵抗がありました。いやな目にあってるのはこっちなのに、なんでごめんねを言わなきゃならないのよ?…… それが先日3月22日のヒュー・レン先生のセミナーを聴いて、納得できました。
 懐中電灯を持って、その光を片手でさえぎって見せて、ヒュー・レン先生は言われました。
 「誰でもこのように光の存在なのですが、それをさえぎっているものが、記憶なのです。いやなことをされた記憶、言われた記憶……それが邪魔をして、あなたの内側から放射している光をさえぎってしまうんです。だから“ごめんね、ゆるしてね”は、さえぎっている自分に対して言えばいいんですよ」
 それ以来、ホオポノポノは、「良子、ごめんね」「良子、ゆるしてね」「ありがとうね」「大好きだよ」で、いけてます(笑)。

 以上、これは自分自身に再確認させる意味で、歳をとるほど幸せになるために、私なりに実践しつづけよう、と思って書き出してみた事柄です。読んでいただきまして、ありがとうございました!


1周目:「淀のお墓と赤ちゃんの泣き声 (テーマ:私からみた船井幸雄)」
2周目:「心に花園を (テーマ:ひそかに続けている私の習慣)」
3周目:「健康のクセづけについて (テーマ:船井幸雄グループに入って変化したこと)」
4周目:「大事にすると安心できる (テーマ:船井会長と山本富士子さんに学んだこと)」
5周目:「ホ・オポノ・ポノ (テーマ:船井会長のブログから教わったこと)」
6周目:「私が最近教わったこと (テーマ:私が最近学んだこと)」
7周目:「抱きしめの効用 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
8周目:「平常心と即時処理 (テーマ:私からみた船井幸雄)」
9周目:「無言の屈服 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)」

バックナンバー
2008.04.25: 永遠のようで短い時間 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.24: 時流と原理・原則のバランスを知る (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.23: 西行に萌〜!? (テーマ:私が日々思ふこと)
2008.04.22: 潜在意識と上手に付き合う (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.21: 青葉の季節に思うこと (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.04.18: ありがとう地球 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.17: 後期高齢者医療制度に思う (テーマ:私が日々思ふこと)
2008.04.16: 即時処理 (テーマ:私が日々思ふこと)
2008.04.15: 働く理由 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2008.04.14: きっとうまくいくよ (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2008.04.11: 船井会長の意思を伝える【励ましの天使】 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.09: 想いは通じる・・・ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.08: 求めよさらば与えられん、叩けよさらば開かれん(私から皆さんにお伝えしたいこと)
2008.04.07: 新入社員とともに (テーマ:私が最近思うこと)
2008.04.04: 初めての仕事 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.03: 人の人生をガラリと変えさせてしまう船井会長 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.02: 求めない生き方 (テーマ:最近読んでオススメしたい本(ホームページブログ))
2008.04.01: ノート活用法 (テーマ:ひそかに続けている自分の習慣)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note