ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測

このページは、社会分析アナリストで著述家のヤス先生こと高島康司さんによるコラムページです。
アメリカ在住経験もあることから、アメリカ文化を知り、英語を自由に使いこなせるのが強みでもあるヤス先生は、世界中の情報を積極的に収集し、バランスのとれた分析、予測をされています。
スピリチュアルなことも上手く取り入れる柔軟な感性で、ヤス先生が混迷する今後の日本、そして世界の情勢を予測していきます。

2021.06.01(第88回)
期待が持てる「組み替えタンパクワクチン」

 いま「ファイザー」や「モデルナ」などが生産している「mRNAワクチン」や、「アストラゼネカ」や「ジョンソン・アンド・ジョンソン」が開発した「ウイルスベクターワクチン」などが引き起こす重篤な副反応への懸念から、接種に不安を感じている人も多いことだろう。これらのワクチンの接種後に血栓症を発祥し、死亡するケースが一定数報告されているからだ。筆者も接種に懸念を持つ一人だ。
 そうした人々にとっては、希望の持てる情報が入ってきた。「組み替えタンパクワクチン」というタイプのワクチンの第3相治験の結果が公開され、高い有効性が確認された。これはアメリカの「ノババックス」が開発しているワクチンだが、日本では「シオノギ製薬」が同じ種類のものを開発している。また「武田薬品」が「ノババックス」とライセンス契約をして、日本でも生産される予定だ。

●「組み替えタンパクワクチン」とは?
 まず「組み替えタンパクワクチン」とはどういうものなのか簡単に説明しておきたい。従来型のワクチンにはいくつかの種類がある。

・生ワクチン
 これは毒性を低くしたウイルスだ。これに感染させることで体内で抗体の産出を促進して免疫を獲得し、感染を防止する。もっとも一般的なタイプのワクチンで、麻疹、風疹、水痘、おたふくかぜ、BCGなどで使用されている。

・不活化ワクチン
 これは、毒性のない不活性化したウイルスを接種するものだ。この接種で抗体を作り出して免疫を獲得し、感染を防御する。百日咳、破傷風、ジフテリア、A型肝炎、インフルエンザなどで使われている。

・組み替えタンパクワクチン
 これは不活性化ワクチンの一種だ。新型コロナウイルスのDNAを大腸菌に転写して、ウイルスがヒトの細胞と結合するために使うスパイクタンパク質を合成する。それを接種することで抗体を作り出し、新型コロナウイルスの免疫を獲得するものだ。すでにこの種のワクチンは、B型肝炎、帯状疱疹、子宮顎がんなどで使われている。

 つまり「組み替えタンパクワクチン」とは、インフルエンザなどでも使用されている不活性ワクチンの一種で、従来型のワクチンだということだ。これは毒性のない新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を接種するもので、ヒトの細胞にスパイクタンパク質を合成させる「mRNAワクチン」や「ウイルスベクターワクチン」のような新しいタイプのものとは根本的に異なる。従来型のワクチンだ。

●「組み替えタンパクワクチン」の有効性
 このワクチンの有効性だが、治験の最終段階である第3相治験の結果は、「ノババックス」のサイトでニュースリリースとして公開されている。それは以下のような結果であった。18歳から84歳の軽症、中等症、重症の被験者でテストされた。

 ・平均の有効性:89.3%
 ・英国変異種: 85.6%
 ・南ア変異種: 50.9%
 ・武漢従来株: 95.6%

 これを見ると、従来型に近いこのワクチンは、十分な有効性があるようだ。「アストラゼネカ」の「ウイルスベクターワクチン」の有効性が10.4%しかなく、ワクチンが効きにくいとされた南アフリカ変異種にも、50.9%というある程度の有効性が確認された。

 この結果は、「ノババックス」の以下のサイトで確認できる。

Novavax COVID・19 Vaccine Demonstrates 89.3% Efficacy in UK Phase 3 Trial Jan 28, 2021
https://ir.novavax.com/news-releases/news-release-details/novavax-covid-19-vaccine-demonstrates-893-efficacy-uk-phase-3

●日本での配布は今年の夏以降か?
 これはとても希望の持てるニュースだ。「組み替えタンパクワクチン」はすでにB型肝炎、帯状疱疹、子宮顎がんなどの予防ワクチンとして広く使われている従来型のタイプであるため、接種後に起こる副反応の危険性は、「mRNAワクチン」や「ウイルスベクターワクチン」のような新型よりもかなり低いことが予想される。
 先に書いたように、いま日本ではこれを「シオノギ製薬」が開発しており、「武田薬品」が「ノババックス」とライセンス契約を結び、生産する方向に動いている。これに関するいくつかの記事を読んだが、早ければ今年の夏頃にも日本での生産と供給が始まる可能性があるようだ。

 これは、いま接種が進んでいる「mRNAワクチン」の副反応に懸念を持つものにとっては、大変な朗報だ。接種できるワクチンのタイプを選ぶことができるのかどうか疑問はあるが、選べるのであれば、この「組み替えタンパクワクチン」の供給が始まるまで接種を待つという方法もあるだろう。筆者はそうするつもりだ。

*  *  *  *  *  *  *  *  *
●「ヤスの勉強会」第87回のご案内●

「ヤスの勉強会」の第87回を開催します。新型コロナウイルスの緊急事態宣言がさらに延長されましたが、感染は収まっていません。オリンピックも中止になる公算が高くなっています。日本製ワクチンの期待も高まっていますが、他方では、今年の7月から8月にかけて、さらに進化した新しい変異種によるパンデミックが発生するという予測もあります。米中対立を中心とした世界情勢も含め、日本ではほとんど報道されていない情報を紹介します。

 ※録画ビデオの配信

 6月になっても新型コロナウイルスの蔓延は完全には収まっていない。勉強会は、ダウンロードして見ることのできる録画ビデオでの配信となる。ご了承いただきたい。

 【主な内容】
 ・オリンピックの中止宣言ができない裏事情
 ・終わらないアメリカの社会不安
 ・2022年は日本にとっての転換点か?
 ・日本の今後とコロナのなかの希望
 ・脱資本主義の世界
 など。


 よろしかったらぜひご参加ください。

 ビデオ配信日時:6月26日、土曜日
 料金:4000円
 懇親会:ZOOMでオンライン開催


 以下のメルアドから申し込んでください。

 記載必要事項
 名前(ふりがな)
 住所 〒
 メールアドレス
 参加人数
 懇親会の参加の有無
 info@yasunoeigo.com


…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

■ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
 http://ytaka2011.blog105.fc2.com/
■未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 毎週金曜日配信
 http://www.mag2.com/m/P0007731.html
■ツイッター
 https://twitter.com/ytaka2013/




バックナンバー
21/10

これからも続く危機に日本は対処できるのか?

21/09

意図的に引き起こされたアフガニスタンの危機

21/08

分断が解消されないこの夏のアメリカ

21/07

国防総省関係者が明かすUFOレポートの内容

21/06

期待が持てる「組み替えタンパクワクチン」

21/05

アメリカの経済回復の背後で起こっていること

21/04

ワクチンの効力と副反応

21/03

明らかになる「グレート・リセット」の内容

21/02

トランプを大統領に押し上げた勢力

21/01

不正投票はあったのか?

20/12

明らかになった「ザ・グレート・リセット」の中身

20/11

新型コロナウイルスの危険な変異

20/10

アメリカ国内で本当に起こっていること

20/09

プレヤーレンの予見する大統領選後の状況

20/08

プレヤーレンの最新警告

20/07

すでに科学的に予見されていた2020年の内乱

20/06

影響力を増す中国と漢方薬外交

20/05

日本では未報道の新型コロナウイルス関連の情報

20/04

すでに2010年に予告されていたウイルス蔓延

20/03

新型コロナウイルスの疑惑

20/02

クレイグ・ハミルトン・パーカーの2020年予言総集編

20/01

「LEAP/2020」の驚くべき予測。

19/12

米国防総省の報告書が明らかにする5G通信の実態

19/11

グレタ・トゥーンベリの背後にいる勢力とその計画

19/10

クレイグ・ハミルトン・パーカーの最新予言

19/09

不況突入は必至か? 主要メディアに見る共通認識

19/08

日本は韓国ロビーに敗北する?

19/07

クレイグ・ハミルトン・パーカーの最新予言

19/06

技術の覇権争いの裏、レアアースの争奪戦

19/05

なぜ中国のテクノロジーの発展は早いのか?

19/04

米中対立の背後で進むロシアの急拡大

19/03

ベネズエラの報道されない現状

19/02

世界不況突入は本当に回避できるのか?

19/01

クレイグ・ハミルトン・パーカーの予言とメッセージ

18/12

加速する世界の多極化、日本が中心

18/11

脳を操作する最新のテクノロジー

18/10

クレイグ・ハミルトン・パーカーの2019年予言

18/09

下野したスティーブ・バノンの危険な動き

18/08

ポールシフトは近いのか?

18/07

ドル基軸通貨体制の放棄と金融危機

18/06

タロットで見た未来

18/05

ロシアとシリアの未来

18/04

高関税と軍産複合体の再編成、そして貿易戦争

18/03

一触即発の中東情勢

18/02

トランプ暴露本と大統領罷免の戦略

18/01

リークから見える北朝鮮の真実

17/12

日本は財政破綻するのか?

17/11

クレイグ・ハミルトン・パーカーの2018年の予言

17/10

朝鮮戦争終結と日本の危機

17/09

8月が転換点だった世界情勢

17/08

大変動の可能性のある8月

17/07

アメリカの内戦の可能性

17/06

2020年代にアメリカは分裂するのか?

17/05

トランプ政権の本性

17/04

国債発行上限問題、トランプ政権の最大の危機?

17/03

アメリカの日本支配は崩壊しつつあるのか?

17/02

「抑圧されたものの噴出」が相次ぐ2017年

17/01

アベノミクスの次に来るもの、日本版軍産複合体か?

16/12

トランプの勝利と抑圧されたものの噴出

16/11

確実に外れそうな「10・11月金融危機説」

16/10

ヒラリー・クリントンの深刻な健康問題

16/09

ポケモンGOの本当の実態

16/08

トルコの未遂クーデターの真実

16/07

「抑圧されたものの噴出」と「新ユーラシア主義」

16/06

「パナマ文書」の本当の目的

16/05

「パナマ文書」の裏

16/04

軍産複合体の真実

16/03

日本ではまったく報道されていない北朝鮮を巡る情勢

16/02

日韓の合意の裏にある真実

16/01

人間の想念で未来はかえられるのか?

15/12

予測を越えた事件の激増

15/11

「日本会議」の隠されたアジェンダ

15/10

第三次世界大戦は起こるのか? 予言から見える集合意識のイメージ

15/09

戦後日本の裏面史

15/08

アレックス・ジョーンズの警告

15/07

グローバルエリートとはなにものなのか? 後編

15/06

グローバルエリートとはなにものなのか? 前編

15/05

抑圧されたものの噴出、日本の場合 後編

15/04

抑圧されたものの噴出、日本の場合

15/03

マレーシア航空、MH17便の真相

15/02

多極化は終わった? 超資本主義に向かう動き2

15/01

多極化は終わった? 超資本主義に向かう動き

14/12

スピリチュアルなワークの危険性

14/11

「抑圧されたものの噴出」、ジョン・ホーグの見方、第2回

14/10

抑圧されたものの噴出

14/09

原理主義組織、「イスラム国」の知られざる実態

14/08

流動化する世界

14/07

抑圧されたものの噴出

14/06

本格的にほころび始めた米国覇権と中国、ロシアの台頭

14/05

ウクライナ紛争が解除した「抑圧されたもの」

14/04

シャーマンの見る現代の世界

14/03

歴史は私たちの集合意識が決定する、噴出する抑圧されたもの

Profile:高島 康司(たかしま やすし)
高島 康司(たかしま やすし)

社会分析アナリスト、著述家、コンサルタント。
異言語コミュニケーションのセミナーを主宰。ビジネス書、ならびに語学書を多数発表。実践的英語力が身につく書籍として好評を得ている。現在ブログ「ヤスの備忘録 歴史と予知、哲学のあいだ」を運営。さまざまなシンクタンクの予測情報のみならず、予言などのイレギュラーな方法などにも注目し、社会変動のタイムスケジュールを解析。その分析力は他に類を見ない。
著書は、『「支配−被支配の従来型経済システム」の完全放棄で 日本はこう変わる』(2011年1月 ヒカルランド刊)、『コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル』(2012年2月 徳間書店刊)、『日本、残された方向と選択』(2013年3月 ヴォイス刊)他多数。
★ヤスの備忘録: http://ytaka2011.blog105.fc2.com/
★ヤスの英語: http://www.yasunoeigo.com/

佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note