photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2005年9月16日
アセンション近し

 9月7日のこのHPで紹介しましたから、私の近著『にんげん』が10月上旬にビジネス社から発刊されることは御存知だと思います。
 同書の第3章で述べましたが、私は「世の中の構造」と「人間のあり方」とともに、近未来に「アセンションが地球とわれわれにおこる可能性が高いこと」を述べています。
 以下は、その第3章の結論として、同章のさいごに書いた私の文章です。
 ぜひ読者の皆さんもアセンションに興味を持ち、アセンションの勉強をしてください。

 
 ともかく、どう考えても創造主というか、サムシンググレートというような存在はいるように思います。
 その創造主と考えられる存在は、効率的な「世の中」を創られたようで、この世の中には、ムダなものはなに一つありません。
 その中でも人間は、特に重要な使命と役割を与えられて創られたものだと思います。
 それは「思ったことは実現する」という能力と、それに付随する使命、役割といえましょう。
 人間には、良心があり、知性、理性、感性があります。だれでも、何がよいことか悪いことかが分る能力があるのです。
 しかも思ったことが実現し、世の中を「よい方」にも「悪い方」にも変えることができるとすれば、人間の使命、役割は、「よい世の中を創ろうと思い、世の中をよい方に進化させること」といえるでしょう。
 たとえば、本章で、すでに詳しく説明しましたが、地球や人類は、近々にアセンションして、よい方に進化する可能性があると思われます。
 体脱名人のスウェーデンボルグさん、ブラバッキー夫人、出口王仁三郎さんも、著書中にそのことを示唆しています。
 トランスチャネラーの代表であるエドガーケイシーさん、モーリス・バーバネルさん、出口なおさん、バーバラー・マシニアックさんらも、リーディングやお筆先で同様のことを述べております。
 地球と人類の未来を考えますと、マクロにみると、だれが考察しましても、アセンションを近未来にわれわれが経験するのは、すばらしいことです。
 私の友人の体脱者で『死後体験』の著者の坂本政道さん、『心の眼』シリーズ(文芸社刊)の著者の井出章彦さんも、「もう、それらは既定のことだ」と取れるような発信を著書内でしています。
 とすれば、われわれ人間は、地球やわれわれの「アセンション」を実現させるために応援もできるのです。
 もう一度、本章を読み返し、読者もぜひアセンションに協力してください・・・とお願いし、本章を終ります(抜粋ここまで)。
 
                                              =以上=
バックナンバー
2005.09.30:【先週のびっくりより】忙しい人間
2005.09.28:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】教育の訓練の必要
2005.09.26:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2005年9月18日〜9月24日)の主な行動と主として感じたこと
2005.09.23:【先週のびっくりより】キネシオロジーテストの結果
2005.09.21:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】『にんげん』の「あとがき」と「これからこう生きよう」
2005.09.19:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2005年9月11日〜9月17日)の主な行動と主として感じたこと
2005.09.16:【先週のびっくりより】アセンション近し
2005.09.14:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】自分を含めて生命体を大事にしよう
2005.09.12:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2005年9月4日〜9月10日)の主な行動と主として感じたこと
2005.09.09:【先週のびっくりより】郵政民営化のもっとも大事なポイントを一言もいわない小泉首相
2005.09.07:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】これからのリーダー(有識者)の条件 
2005.09.05:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2005年8月28日〜9月3日)の主な行動と主として感じたこと
2005.09.02:【先週のびっくりより】ある理学博士からのFAX
プレ・2020年コペルニクス的大転換 未来はこうなるパート2 「潜在意識の力と光の世界」丸山修寛氏 仙台特別講演会 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター