photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2006年9月15日
七福神

 私は島が大好きです。特に気にいっている島は日本の島だけでも、宮古島、大神島、種子島、仙酔島、淡路島、淡島・・・と書いて行くと、30くらいは出てきますが、今月1日と2日に鞆の浦の対岸にある仙酔島に行ってきました。
 そこで七福神のことが気になったのです。七福神がいろいろ私の心に働きかけてきたのです。
 数年前に淡路島が七福神の島と知り、びっくりしたのですが、この仙酔島にも七福神がいたのです。文章でも、イメージとしても、いろんなことを教えてくれました。
 仙酔島で知った寿老人さんは「自分の人生はこうあるべきだという目標、目的をはっきり持ち、そのことに感謝し、計画を持って人生を進みなさい」と教えてくれました。 毘沙門さんは「自分の役割を見つけなさい。それを知り、それに従って進みなさい」と教えてくれました。福禄寿さんは「正しく生きれば健康になる。健康に生き、そのありがたさを知りなさい」と言ってくれましたし、弁財天さんは「セミプロではだめです。プロになるまで自分を磨くのですよ」と言ってくれたのです。
 また布袋さんは「利自よりも、利他の方が本当はたのしいのです。そのことを経験を通じて一日も早く知ってくださいよ」と、さとしてくれましたし、大黒天さんは「どんな場合でも笑える人間になりましょう。まず、どんな時も笑ってごらん。すべてうまく解決します」と笑って教えてくれました。
 さいごに恵比寿さんは「人間は共生して生きている。ギブ アンド テイクです。これが経済行為、いわゆる商いです。もっとも大事な行為です。このことを多くの人は忘れています。正しい商いの仕方をあなたは知っています。それを多くの人に啓蒙してください」
 ・・・と私に訴えるのでした。
 これにはびっくりしました。
 そこで先週、七福神のことを私なりに調べました。

 自宅の私の部屋には七福神が飾ってあります。まず私の部屋の七福神と対談してみました。
 毎朝、七福神と「両手ふり運動」をやりながら対談しました。手をふり、なおかつNHKの総合テレビのニュースを見ながらの対談なので、ちょっと忙しいのですが、同時に三つのことをするくらいは日常茶飯事の私ですから、わが家の七福神のメッセージが充分に分りました。これはイメージとして分ったということです。
 それは一言でいうと「仙酔島の七福神から、教わったとおり、大至急にやってください。とりいそぎ自分を確認してください。そうして、その中の大事なことを世の中に発表してください。そうすれば、あなたはまっしぐらに、今生の使命と役割を果せます。われわれ七福神も応援しますから、よろしく」というイメージが毎朝対談するたびに入って来るのです。これにはびっくりしました。
 そこで、ここにまず発表することにしたのですが、読者の皆さまにも、できれば仙酔島の七福神の教えをよろしく御検討ください。
                                                  =以上=

バックナンバー
2006.09.29:【先週のびっくりより】家族へのプレゼント
2006.09.26:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】風呂敷文化
2006.09.22:【先週のびっくりより】「アトピーの神さま」と「下駄」
2006.09.19:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】60年前と比べたら、よい世の中になった
2006.09.15:【先週のびっくりより】七福神
2006.09.12:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】日本の景気は決してよくなっていない
2006.09.08:【先週のびっくりより】DISCOVER
2006.09.05:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】良書を読んで事実を知ろう
2006.09.01:【先週のびっくりより】林 彩子さんが泣いた
7/13 吉野内聖一郎氏&半田広宣氏 福岡特別講演会 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター