船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
氣功体験 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.11.24(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:山崎 貴司

 先日、オープンワールド感謝の会で船井幸雄グループのメンバーが集まり、お酒を飲む機会がありました。そして、今回はその集まりに船井会長が出席して、私達に今後の船井幸雄グループの方針と自分自身の今後の事を、話してくださいました。
 その中で、今回で終了したオープンワールドの次にやるイベントの概要も話され、とても中身の濃い内容でした。そしてその後は皆、お酒も入り、楽しく飲んでいました。
 そんな時に会長が「氣」を入れてくれるというので、チャレンジしてみました。

 まず前屈をして、体がこれ以上曲がらないというところまで曲げました。その時、私はだいたい床に指先がつくかつかないかというぐらいでしたが、その後に会長がパチンと指を鳴らして、「これで、“氣”が入った」といわれ前屈してみると、床に手のひらがつくぐらい、曲がりました。
 そして、自分が驚いていると、それを見ながら会長がニコニコと笑っていました。私も何がなんだかわかりませんが、前屈をして体が曲がるようになったので、とりあえず、これが“氣”の力なのかと納得せざるをえなくなりました。私はいままで、“氣”を入れられたら体が熱くなったりするのかと思っていましたが、全然違って何も感じなかったのが驚きでした。


〜株式会社本物研究所よりのお知らせ〜
 ☆船井幸雄グループ株式会社本物研究所社長 佐野浩一全国講演会決定!!☆

 「生き方」と「経営指導」の神様、船井幸雄が認めた“本物の人財”
〜佐野浩一を見込んで鍛えたら、私よりも“船井”になった!〜
テーマは“本物時代のヒトとモノ”
「本物」を研究開発し、広く啓蒙、普及活動を行っている本物研究所社長 佐野浩一が「本物」の生き方、人づくりの「本物」、商品の「本物」、技術の「本物」を魂を込めて分かりやすくお伝えいたします。
  詳細はこちら!→
http://www.honmono-ken.com/kouen.html


3周目:「船井会長が推薦する本と比嘉照夫さんの本を読んでの感想」

バックナンバー
2005.11.30: 船井流即時処理 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.11.29: 私から皆さまにお伝えしたいこと
2005.11.28: ハイレベルエネルギーの実感 (テーマ:船井会長に伝えたいこと)
2005.11.25: 電磁波ブラザーズ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.11.24: 氣功体験 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.11.22: 価値ある日々のつみかさね(テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.11.21: 私の船井本舗での仕事 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.11.18: 船井会長の『にんげん』を読んで
2005.11.17: 嫌なことがあったときに「ありがとう」と言える人 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている船井流)
2005.11.16: 「なぜいま中国か」を読んでの感想
2005.11.15: 存在 (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.11.14: 学びの日々 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.11.11: 仕事をどうしたら早く出来るようになるか (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.11.10: 「否定しない」ことの偉大な力 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.11.09: 「船井幸雄のツキを呼ぶコツ」を読んでの感想
2005.11.08: 明確な目標 (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.11.07: すべてが勉強 (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.11.04: 「船井幸雄の超!若返りと健康のコツ」を読んで再認識した船井会長の言葉
2005.11.02: 生まれもった運命 (テーマ:船井会長に伝えたいエピソード)
2005.11.01: 考える (テーマ:私からみた船井幸雄)
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア ザ・身禊(MISOGI)合宿セミナー 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note