船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
船井会長から学び、これからも守り抜きたいこと (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.5.24(Wed)
社名:(株)船井メディア 「JUST」編集長
名前:人見 ルミ

 こんにちは。「JUST」編集長の人見ルミです。
 私は、今年で「JUST」というCDカセット情報のインタビュアー件編集長としてゲストの選定や取材依頼、調査、取材、制作、冊子の編集、販促、イベント企画、旅行企画などを担当して、この秋で早9年目を迎えます。
 毎月、絶対に穴を開けず、欠かさず発刊し続ける9年間は、ある意味緊張の連続です。

 毎月最低4、5人の方にインタビューをする中、必ず1度は船井会長にお会いして、収録をさせていただいておりますが、振り返って9年間、船井会長は、どんな状況でも時間に遅れたり、休んだりすることはありませんでした。(なので、私も当然、絶対に時間に遅れる、休むということはできません!)
 その間、もちろん船井会長も人間ですから、発熱され、咳が出ておられる日もありました。
 けれど、いつもの笑顔で、飴を舐めて咳を抑えながら淡々とマイクに向かってくださいました。
 御蔭で、私も39度の熱が下がらなかった日も休むことなく船井会長のお話を伺うことができました。
 時には、豪雨や雪で新幹線が止まってしまう日もありました。
 しかし、船井会長は、事前に察知して、いとも簡単に行動をとられているため、移動できずキャンセルする日は全くありませんでした。
 船井会長の行動を見習った御蔭で、私も交通事情など自分の都合を理由に、取材先のゲストの方を待たせることは一度もなくこれました。
 船井会長に何らかの相談をすると、直ぐにその場で的確に応えてくれ、必要な人がいる場合は、その場で即電話をして、相談した5分後には、解決してくれます。
 それを見ていた私も、問題は明日送りにせず、その場で解決。即時行動が起こせる癖づけが少しづつでき、9年前に比べればいくつもの仕事を同時並行で迅速に出来るようになりました。
 それでも、9年の間には、当然、予期せぬ難しい問題も起きます。
 けれど、そんな時ほど船井会長は「ま、気楽に構えとけや。大丈夫。わしは、ぜんぜん問題ないよ、心配するな」と、泰然自若。ニコニコ顔を崩すことはありませんでした。
 全力を尽くしても、うまくいかない時は、後で振り返れば「必然、必要」で、良い反省材料としてしっかり捉え、自信を持って次に生かすことができました。

 このような経験は、かつて在籍した職場ではなかったことです。
 自分の成長を自分で感じ、トップに認めてもらい、更に向上することは仕事をする上での、やりがいにつながります。このようなトップが存在するということは幸せなことです。そんなトップがいれば、人間は多少のことではめげないのです。
 しかし、逆に船井会長のようなトップのいる会社で働くということは、長所伸展以前に「自らの短所は自ら是正し、最低限の躾けを自分に課していく」という強さも持たねばなりません。
 そのために、私は、やはり船井会長のなさっている次のことは守りたいと思います。

1、 会った方には、すぐに御礼状を書く(本当は株式会社船井総研の小山社長のように毛筆で和紙に書けるのが夢!)。
2、 ホテルで泊まった後、新幹線から降りる時などは、後しまつをキチンとする(できたら人の分までゴミを捨てる)。
3、 約束は、絶対に守る(時間を守る)。
4、 恩義を尽くす(御世話になった方や人をご紹介くださった方などを決して裏切らず、必ず感謝の意を伝え続け、その方に役立てる自分になる)。 
  
 これらのことは、子育てをしながら働く母として、子どもへの教育、躾けにも大きく役立っています。大きなことはできませんが、船井幸雄グループの一員として上記をとにかく守り抜いていきたいものです。

 
1周目:「お父さんのような会長なのです」
2周目:「船井会長の涙」
3周目:「夜中のFAX (テーマ:私からみた船井幸雄)」
4周目:「船井会長からの「赤」入れ (テーマ:私からみた船井幸雄)」 
5周目:「悪口は言わない! (テーマ:私からみた船井幸雄)」 

バックナンバー
2006.05.31: プラス発想 (テーマ:船井幸雄グループに入って一番感動したこと) 
2006.05.30: 不思議な力 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.05.29: お付き合い (テーマ:船井会長から学んだこと)
2006.05.26: 船井流『講演会でファンにする方法』 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.05.25: 信じることの大切さ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.05.24: 船井会長から学び、これからも守り抜きたいこと (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.05.23: 【エル】井出章彦さんの研修会に参加して
2006.05.22: 人を好きになろう (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2006.05.19: げんきっす (テーマ:私から皆様にお伝えしたいこと)
2006.05.18: 勉強好きって (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.05.17: ふれあい (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.05.16: その笑顔がカギ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.05.15: 『京都嵐山 祐斎亭への集い』を終えて・・・ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.05.12: 音を楽しむ  (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.05.11: 即時対応・個別対応 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.05.10: 船井会長の凄さ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.05.09: 船井流 「やる気」を出す方法 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2006.05.08: にんげんクラブミーティング (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.05.02: ツキを呼ぶコツ(テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.05.01: 生きることの誇り (テーマ:私からみた船井幸雄)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア ザ・身禊(MISOGI)合宿セミナー 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note