船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
善玉カルシウムと悪玉カルシウム (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.12.14(Tue)
社名:(株)本物研究所
名前:佐々木 信一

 皆さんこんにちは。
 今回は、皆さんの身近な「カルシウム」についてご紹介します。
 多くの方が健康のためにカルシウムを摂られていると思います。このカルシウムに「善玉カルシウム」と「悪玉カルシウム」があることをご存じでしょうか?
 「悪玉カルシウム」は、体のためにカルシウムを摂ろうと思い食しても、逆にカルシウムを減少させてしまうということがおこります。

 それでは、「悪玉カルシウム」を簡単に説明したいと思います。

 「悪玉カルシウム」は、骨にまで届かず、筋肉、血管、細胞に沈着し、急激に血中濃度を上げ、ダウン症状を引き起こします。
 「悪玉カルシウム」には大きく分けて以下の3種類があります。

1.焼製カルシウム
 これは魚骨、 牛骨、 カキガラ、 カニの甲羅等を焼いてつくった白い灰骨粉のカルシウム剤のことです。日本で売られている安いカルシウム剤のほとんどは 「焼製カルシウム」 です。 アメリカでは「焼製カルシウムを家畜の餌として牛や豚や鳥にさえ食べさせてはならない」 とされています。ところが日本では人が高いお金を払って食べています。

2.化学合成カルシウム
 薬屋で販売しているカルシウム剤ですが、 ほとんど燐酸水素カルシウムの化学合成薬品です。

3.イオン化カルシウム
 カルシウムを化学処理することによって活性化したものですが、食べ過ぎると胃腸を悪くすると言われています。

 この「悪玉カルシウム」がなぜ悪いかを説明した著名な方が、川村昇山先生です。


川村昇山先生 プロフィール
札幌、弘漢療法院のほか厚和医院、厚別西医院の二つの医院を経営。
「風化カルシウム」に関する数多くの臨床データを明らかにしている。テレビ出演や各種健康雑誌に連載、全国各地での講演会ではわかりやすく病気について解説。
主な著書に『東洋医学の謎を解く』『仮説四次元の医学』『新しい東洋医学』『危険なカルシウム』『知らないと大変!善玉カルシウム悪玉カルシウム』『警告!カルシウム不足』



■カルシウムの沈着
 本来は、食べ物を消化しながらカルシウムはイオン化され、体内に吸収されます。しかし、人工的にイオン化されたカルシウムを取りますと、反応が速すぎて骨までたどり着く前に、途中で筋肉や血管に沈着してしまうそうです。この沈着の場所で病気が分かるようです。
 例えば、筋肉やじん帯に沈着すると運動障害が起きたり、血管などに沈着すれば血管系の生活習慣病になるそうです。他にも、結石が発生したりもするそうです。

■カルシウムのダウン症状
 川村昇山先生は、かつて様々なカルシウム剤を30種類以上順番に飲み、骨密度や血中カルシウムの濃度を測り自分の体を使って人体実験をしました。その結果わかったのが「カルシウムのダウン症状」です。こちらの症状は、イオン化されたカルシウム剤によって、急激に血液中のカルシウム濃度が上がると、腎臓が急いでカルシウムを排泄します。すると、その反動で血中のカルシウム濃度が下がり、血中のカルシウムが不足します。この状態を「カルシウムのダウン症状」といいます。

 そして、血液がカルシウム不足になると、体はカルシウムを別のところから持ってこようとします。ではどこから持ってくるのでしょうか。それは、カルシウムの宝庫でもある「骨」から持って来るのです。
 この状態が継続すると、骨粗しょう症になったり、骨が歪んだり変化することで血行障害を起こし、臓器へ酸素や栄養が運にくくなり臓器を悪くしてしまいます。

 以上のように「悪玉カルシウム」を大量に摂ると、様々な病気の原因になることが理解できると思います。もう少し詳細が知りたい方は、川村昇山先生の書籍をご覧ください。


 次に「善玉カルシウム」をご紹介します。

 「善玉カルシウム」は骨まで確実に入り込み、元気な骨をつくり、カルシウムバランスを保ち、免疫力を高め、病気を予防します。

 「善玉カルシウム」は以下のものに多く含まれています。
 小魚(ちりめんじゃこetc…) ・海草(ひじき、ワカメ etc…)・野菜(小松菜、ほうれん草 etc…)・風化カルシウム(ニシキ貝の風化貝化石)

 「善玉カルシウム」といっても特別なものではなく、自然のままのものが結局は良いということです。
 ちなみに、川村先生は「風化カルシウム(ニシキ貝の風化貝化石)」を患者さんに勧め、様々な病気を治した実績をつくっていらっしゃいます。

 尚、川村先生がお勧めする貝化石カルシウムにご興味ある方は、株式会社本物研究所までお問い合わせください。

 ありがとうございました。


本田健・喜納達也・佐野浩一の対談をまとめた 小冊子「これからの時代を豊かに幸せに生きるコツ」全国本物研究所・販売店で配布中!
2010年4月9日に沖縄市民会館で開催された【本田健・喜納達也・佐野浩一 スペシャル講演会】の内容をまとめた小冊子を、本物研究所・販売店にて無料配布しています!運の話からコミュニティの話、未来の話まで3人それぞれの考え方を、皆様に「幸せになってほしい」という想いで伝えています。私達も、この小冊子を広めることで多くの方に“明日を明るく生きるきっかけ”をつくりたいと考えております。ぜひお読みください。“小冊子がもらえるお店”の検索は下記URLからどうぞ!
http://www.honmono-ken.com/event/cat208/
★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★


1周目:「ほんものとは? (テーマ:船井会長から学んだこと)」
2周目:「私のストレス解消法」
3周目:「本物を知ろう (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
4周目:「本物コンサルタントへの道 (テーマ:船井会長から学んだこと)」
5周目:「子どもたちが危ない!! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
6周目:「真心の贈りもの (テーマ:仕事をしていて感動したこと)」
7周目:「サービス (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
8周目:「食の常識・非常識 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
9周目:「気導術集中セミナーでの感動 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
10周目:「「ひと手間」の実践 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
11周目:「手軽な健康法 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
12周目:「手軽な健康法A (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
13周目:「食の常識・非常識!?〜“たまご”編〜 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
14周目:「食の常識・非常識「お肉」編(テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
15周目:「今使っている「塩」は塩でない!? (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
16周目:「食の常識・非常識 「お米」編(テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
17周目:「健康豆知識「乳酸菌」について (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
18周目:「健康豆知識 〜乳酸菌とウイルス〜 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
19周目:「体温を上げると健康になりダイエットにもなる! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
20周目:「間違ったダイエットにご注意! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
21周目:「仕事の中の船井流 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
22周目:「腸について (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
23周目:「“心”の感動と“魂”の感動 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
24周目:「自分の可能性を信じること (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
25周目:「痛快・快感 岡田多母先生講演会 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
26周目:「マイナスカルマの解消法!? (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
27周目:「自分を知る (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
28周目:「生きざま (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」

佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note