photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2009年11月13日
「宇宙の理」に従おう

 私は経営コンサルタントを業にしていましたので、昔、コンサルティングの一番「じゃま」になったのが易者や霊能者でした。彼らが私のコンサルティングとちがうことを御託宣(たくせん)すると、クライアントは、そちらのいうことを聞くのが多かったからです。
 だから1965年(昭和40年)ころから、コンサルタントを引きうける条件として、クライアントのトップが親しく付きあっている易者や霊能者を紹介してもらう…ことにしました。
 おかげで1980年(昭和55年)これには200人くらいの、この種の人と親しくなりました。
 いまでは三百数十人もの霊能者や易者の知人がいます。その中には以下のような有名な一流の人も多く、よくすばらしい情報を教えてくれます。
 たとえば過去も未来も分るという岡田多母さん、陰陽道の石川和孝さん、明るい霊媒師の美鈴さん、インド占星術のスブラマニアン・ティルムルガンさん、筆跡で全てが分る荒井義雄さん、フーチの古村豊治さん、伯家神道の七沢賢治さん、吉田神道の大和紫雲さん、ヒーラーで考古学者、物理学者のカリヴァン博士、自動書記の迫 登茂子さんなどで、故人となられた政木和三さんや神坂新太郎さん、また韓国人の安東民さんなどにはいろいろ有益なことを教わりました。
 これらの人と知り合って分ったのは、彼らの言は、ともかく必ず「ある意味で正しい」ということです。だから参考になりました。
 ところで、こんな人たちを多く知っている上に、いままで健康で仕事も順調でしたから、30年来ほとんど、そちらの方々から霊能や易学の押し売りを私にしてくる人はいませんでした。
(霊能者や易者で信頼できない人は、@高いお金を要求する人。 A自慢したりいばったり、押しつけがましい人。 B「私の言は絶対だ」と言う人。 C人相のよくない人。 Dこだわりすぎる人 などです。)

 しかし2年半ほど前から私が病気になり、それが世の中に知られてから、毎月平均すると10−20人くらい彼らから手紙が来たり、電話がかかりはじめました。
「私が何とかします。あなたの病気の原因は○○○ですよ。こうしたらいいですが、会ってくれませんか?」など、その応対だけでも大変でした。秘書の石崎さんに感謝しています。
 とはいえ、その中には、まじめなすばらしい人も何人かはいらっしゃいました。
 先週、同じ日に2人のまじめな方から長文のお手紙をいただきました。
 その一人は札幌のNさんで、「神さまからのメッセージ」でした。彼女は神の声がきこえ、いろいろ自動的に書かされることもある人です。
 私の知らなかったことも多く、正しいすばらしいメッセージだと思いました。
 具体的には、@人間は完全な存在である。各自、自分の中に神(創造主)の分身がおり、A自分におこることは全て自分が引きよせているのだ。 B神は全てを愛している。 C人間は全てに感謝が必要である。 Dともかく神は人間の思い、頼みに常にすなおに応えている…ということを知り、 E自分についてすばらしい物語りをつくってください。
 …というようなものでした。
 ちょっと考えさせられました。
 ところで後の一人は天野聖子さんで、数年来の私の友人です。自分の中の本質(神の分身)と自問自答して、悩める人々を助けている人です。よい人です。

 この天野さんの言によると、私は3.5億年前には、すでに地球に人(?)として存在していたようですが、政木和三さんが古い魂は3.6億年前に、高橋信次さんが3.55億年前に地球に来たのだ…と言っていましたので、これは正しいと思います。
 当時、私のいまの魂を持った存在は、当時からすぐれすぎるくらい強い霊能力があり、多くの人(?)の病気をたのまれて治療したり、悪いことをする存在を岩に閉じ込めたりしたそうです。
 そのようなことをその後、生まれ変るたびにやってきたのです…と天野さんには分るらしいのです。
 そして、そのようなことをするのは「宇宙の理」に反するから、今後はやってはならないし、反省してそのようにした存在たちに詫びられたらいいですよ。なぜなら病気になるのも、悪いことをするのも、それによって勉強し、成長する「天の理」なのだから…とアドバイスしてくれました。
 たしかに言われると人間(?)の分際で、私の魂の入った存在は「天の理」に逆らったことをしたようにも思います。気がつきませんでした。
 それをきいてから私は「天の理に反することをやりそうな時は、絶対にできないようにお願いします」と神に誓って生きることにしました。また、苦しめた霊に詫びました。
 さて、特に天野さんのお手紙のつぎのコトバが私の胸を打ったのです。

 

 
 以上のことから、今回、3億5千年前に先生が岩に閉じ込めた霊たちが、『3億5千年前の出来事を天野聖子の大いなる自己と対話する自問自答法のお陰で解明し、自分たちは、岩から完全に出ることができた。この事実を多くの人に話して欲しい。大いなる自己と対話する自問自答法のすごさ!を皆に話してほしい』と、訴えてきました。
 これらのご霊さんたちが、訴えてきている詳しい内容を大いなる自己に問いました。 そして、私の大いなる自己から、これらのご霊さんたちの現在の思いを伝えられました。
 「世界中の人たちが、他を頼らず、他のせいにせず、全て、自分が学ぶためにものごとが起こっていることを知ることで、恨みの念もなくなり、平和な世界になる。自らの心の改善を行うことが大切であることを多くの人に伝える必要がある。
 心の改善と言うと、何をすることかと思うでしょうが、自分に起こることは、すべて自分に原因があります。わざわざ病にさせて、嫌な体験をさせて教えている。それらを自分の内なる存在―大いなる自己に問うことで、すべて判明する。
 皆、自分の身体の具合や都合が悪いとき、他のせい(誰かのせい、何かのせい、と理由をつける)にする。すべて自分に原因があることを知り、何を学ばせて頂くために具合が悪くなっているかを問うことで、争いもなくなる。すべて和に解決できる。それを皆が自らの力でやることを、自分たち(ご霊さんたち)は望んでいる。
 それには、『大いなる自己と対話する自問自答法しかない』。この大いなる自己と対話する自問自答法のお陰で、3億5千年前から、岩の中に閉じ込められていた自分たちは解放された。皆が大いなる自己と対話する自問自答をしたら、自分の病の原因が分かるようになるので、霊能者などは、必要が無くなり、皆も、霊力がある人に頼らなくなる。
 岩に閉じ込めるなど間違ったことをしなくなる。間違った霊力の使い方をしなくなる。なので、この方法(大いなる自己と対話する自問自答法)を1人でも多くの人にやってもらいたい。広めて欲しい。


 さらにつぎのようなコトバもありました。

 また、私の大いなる自己からも以下のように言われました。
 「平和、調和と言って、自分の周りの人、現実社会にいる人々だけが良くなっていくのでは、本当の平和とは言えません。今回のカルマからも分かるように、あの世とこの世は表裏一体です。今、生きている人が存在するのは、霊界にいる人がいるからであり、深い縁と絆で結ばれていることを知り、霊界の人たちをも共に平和の輪の中で共存していかなければ、地上での真の平和はありえません。目先のことばかりに目を向け、解決していこうとすること自体に、誤りがあります。このことを理解していないので、病からも学ぶことができないのです。これが、地球の現状です。根本的なことを理解できない限り、地上を楽園にすることは、無理です。
 なぜなら、あなた方が住んでいる宇宙には、「宇宙の法則」があり、その法に従って生きていくことを、魂には課せられているからです。
 各自が、自らの心を改善しようと努め、大いなる自己と対話することで、唯一、これら諸々の法則を教えられ、学ぶことができ、人の魂(魂が人間の本体です)は進化をしていくのです。
 これからは、各自が、魂を主体に、魂の目で観て、魂で考えていくようにしていくために、大いなる自己と対話する自問自答法は絶対に必要な時代になってきています。
 今回の霊たちのように苦しんでいる者たちが、霊界にはたくさんいます。皆が大いなる自己に聞かないので、苦しみ騒ぎ、恨んで訴え、病や障害を与えて、早くなんとかしてくれと、もがいています。恨みの念がはびこっているのが、地球の現状です。早く、何とかしなければなりません。
 地球の平和を本当に望むなら、直ぐに、各自が自分の心を省みようとする意識を持ち、大いなる自己に問う自問自答をしなければ、何事も解決は出来ません。
 大いなる自己とつながれば、病の原因のみならず、なんでも真実を教えてもらえます。
 他人に頼る生き方ではなく、自分自身の判断と責任感で人生を歩めるようになってきます…と(転載ここまで)。
               

 この天野さんのコトバの内容の大半は、いままでの私はほとんど考えたことがなかったことです。たしかに彼女のコトバのとおりのように思います。私もこれからは人として、していいことしかしないようにしようと思っています。
 そこで、このHPで天野さんのお手紙の一部を紹介することにしたのです。
 先週はNさんと天野さんというすぐれた二人の霊能者に、人としての生き方の基本を教えてもらったように思います。
 やはりそんなことに気がつかなかった私にはこれはびっくり現象でした。皆さんも、一つしっかりこのお二人のコトバを考えてください。
 自問自答も、いいような気がします。そして正しく生きようではありませんか。
                                            =以上=
バックナンバー
2009.11.30:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】二つの感動を相ついで、与えてくれた「にんげんクラブ」会報誌
2009.11.27:【先週のびっくりより】「5時間」と「1時間10分」
2009.11.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】本物の薬(副作用のないもの)はある
2009.11.20:【先週のびっくりより】「超プロ」との付きあい
2009.11.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】私の知っている安心できる医師
2009.11.13:【先週のびっくりより】「宇宙の理」に従おう
2009.11.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】いよいよハイパーインフレ、ドルの暴落が1〜2年中にはじまる
2009.11.06:【先週のびっくりより】下田の「茶や」で喰べた手うちそばはおいしかった
2009.11.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】私の知ったよい歯科医師
プレ・2020年コペルニクス的大転換 未来はこうなるパート2 ザ・シークレット・オブ・カバラ 「1%の人が気づいている内なる叡智を開く鍵」本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター