photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2012年9月10日
9月23日。パシフィコ横浜で話したいこと

 皆さま今日は。
 今年も私は、9月23日(「船井幸雄オープンワールド2012」ならびに「にんげんクラブ全国大会」の2日め)の夕方6時すぎからパシフィコ横浜の大会議場で、御参加の皆さまへの挨拶を兼ねて「まとめ」として少しお役に立ちそうな講演をする予定です。
 去年は、天才 政木和三先生とともに研究しました人間性を向上させる具体的手法などを話しました。喜んでもらったような気がします。
 多分、御存知と思いますが、私にはフシギなことなのですが、政木先生をはじめ、人並みすぐれたとんでもない力を持った友人が多くおります。
 たとえば『ヒマラヤ聖者の生活探究』(ベアード・スポールディング著 仲里誠吉訳 霞ヶ関書房刊)に出てくる聖者並みの能力を持っていると思われる気功研究家の中健次郎さんや、筆跡を見るだけで書いた人の過去、未来からその時点の多くの状態まで、ほとんど分ると思える荒井義雄さん(今度のオープンワールドで講演します)、また神の分野である生命(いのち)や生命体を創り出すのに成功し、魂に重さがあったり、全ての物質に意識のあることを科学的に見つけて開発に成功した川田薫さんなどです。
 今回はこの中の川田さんの発明、発見と、それの実生活への具体的活用法を、私流に簡単に分りやすく説明したいと思っています。
 川田さんは1934年(昭和9年)生れ、東京理科大、東大などを経て生命(いのち)の研究を続けてきた科学者(理学博士)ですが、1980年代からの私の旧友です。彼の発明や発見が、余りにも画期的なものだったので、その話しを知人にした私が「船井さんは少しアタマが狂ったのでは?」と言われたくらいです。最近この発明がとんでもないほど有用な活用法であることに、気づきました。まず自分で実験しました。
 9月23日のパシフィコ横浜では、その「さわり」だけでもしゃべりたいと思っていますし、また、いま著書にもまとめつつあります。
 川田さんは時計の部品をバラバラにして重さを測りました。
 つぎに、組み立てて、時計にして重さを測ったのです。
 結果は予測どおり、組み立てた時計の方が、各部品の重さを合わせたものより重かったのです。
 これは、組み立てた人の「思い」の他、時計にも意識と意志、すなわち「思い」があるためだと判断できます。
 このようにして「思い」=「エネルギー」=「重さ」だというのが1980年代の彼の最初の考え方だったのです。
 ともかくすべての物体は、個でも全体としても「思い」=「エネルギー」=「重さ」を持っていることは、いまでは科学的に証明されました。全ての存在は他の存在の意志も分りそうです。
 それらを知りましたので今年の7月ごろから、自分のカラダと自分の周辺の物に対して私なりにいろいろ試してみたのです。効果がありそうです。
 9月23日には気楽にしゃべりますから、気楽におききください。
 そして皆さまにも、実験してほしいのです。
 その他、9月22日、23日は多くの講演や催しがあります。
 お待ちしていますので、ぜひ御参加ください。
                                            =以上=

★〜船井幸雄オープンワールド事務局よりのお知らせ〜★

「船井幸雄オープンワールド2012」へのお申し込みが殺到すると思われるため、
チケットお申し込み受付を9月13日(木)まで延長いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

★詳細・お申込みはコチラ→ http://www.ningenclub.jp/fyow/
船井幸雄オープンワールド事務局 TEL:03−5796−2710

バックナンバー
2012.09.24:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】私の新著に目を通してください。
2012.09.17:【いま、お奨めしたい本】いま、お奨めしたい本
2012.09.10:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】9月23日。パシフィコ横浜で話したいこと
2012.09.03:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】最近読んで参考になった本
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note