photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2012年9月24日
私の新著に目を通してください。
 『生命(いのち)の秘密が分かってきた』表紙

 私の最新著は今月20日〜23日ごろに書店に並んだ『生命(いのち)の秘密が分かってきた』(9月30日 ヒカルランド刊)です。
 同書をどんな気持ちで書いたかは、同書の「表紙」と「あとがき」に書きました。

あとがき――よい世の中を創ろう

 ようやく本書を書きあげました。きょうこれから第3校(3回目の校正)を行います。
 いままで私なりにいろいろ勉強してきたことを川田さんの考え方と、くっつけようとしたので一見して幅広く、すこしむつかしい本になりました。
 ところで私は最近の6年近く、体調を崩し、たえず口腔内が正常でなく痛いのです。
 そのため本書も意識の集中がむつかしく、少しちぐはぐなところのある本になりました。ご容赦ください。とはいえ、体調の悪い意味も、本書は深く考えさせてくれました。いろいろ思うことがありました。
 きのう「気功ならこの人」と、日本人なら言ってもいいと思える気功の泰斗(たいと)の中健次郎さんが奥さんと来宅、久しぶりに2時間余、「気」を送ってくれました。彼も私の古い友人です。きょうは久しぶりに好気分です。彼は痛みの克服法をある人から学んで「自分ではできるようになったようだが(?)」と言っていました。
 これもマーヤの克服法の一つなのでしょうね。まだまだ勉強することばかりです。
 川田さんはひょっとすると、そのようなレベルに達している人のようにも思います。 彼のコトバからは、いろいろびっくりしています。
 ともあれ、本書で私の特に言いたかったことは第1章の15ページのB〜16ページのOと第5章のさいごに書いた1−10の10項目です。これらをぜひ読者の皆さまもゆっくりご検討ください。
 これをもって本書の「あとがき」を終りますが、天才川田薫さんの人となり、功績を充分に知っていただき、ぜひ、よい世の中を創ろうではありませんか? 日本人(?)に、その大事な役割がかなり多くありそうです。
 読者に深く期待しております。
                2012年9月5日 船井幸雄(「あとがき」転載ここまで)


 このあとがきの中に書いた私の特に言いたかったことは第1章に述べた14項目と第5章の10項目です。

【第1章の14項目】
@波動は意識と意志を持っている
A鉱物にも意識と意志がある。もちろん植物、動物にもある
B生命体は生体と生命が合致して生命体になる
C生体だけでも生きられないことはないが、おおむねむつかしいようだ
D生命体の主は生命で、従が生体になる
E人間は、鉱物―植物―動物―人間と進化してきたようだ。今の地球では人間は進化のトップレベルの存在である
F川田さんの考え方のほうが、ヒッグス粒子による宇宙の分析より進んでいる
G進化はあるが種としての退化はないようだ。したがって、人間は今後は人間か神以外にしかならないようだ
H意識と意志だけでも存在できる。これが神の本体かもしれない。未来の人間からは肉体は消えそうだ
I「この世」と「あの世」の関係では、マクロにというか、「あの世」からみると「この世」はそろそろ不要になりつつあるといえそうだ
Jあの世の幽界もボチボチ不要になるようだ
Kこの世や幽界は面倒くさくて生きるのが辛い。修行のためにそれらは必要であったが、どうやら修行のいらない人間が出てきた
L地球は霊界とそれ以上(神界)の存在になりそうだ
Mエゴ中心の今の地球上の人間は、近々それにふさわしいところに転生するだろう(それは地球ではないようだ)

【第5章の10項目】
1.私は、まだ人間としては川田さんほど悟っていないか、あるいは割り切れていない。

 @マーヤの克服法も分からないし、弘法大師ほど世の中を割り切って判断もできない。
 A人生目的を「魂が丸くなること」というのにも疑問を持っている。

2.すべての存在には「意識と意志」があり、それは「思い」であり、「思い」はエネルギーで「重さ」があることは完全に分かった。

3.他者への「思い」は伝わりそうだ。それゆえすべてを大事にし、特に愛し感謝しなければならないようだ。
 人々が、このことを分かると世の中は一挙によい方(理想的)に変わるだろう。

4.地球上の存在たちは、知的にもっとも進んでいるといえる人間の影響を強く受けていそうだ。
 それゆえ人間が変われば動植物、鉱物の「思い」も変わりそうである。人間の責任はそういう意味では大きいといえよう。

5.いまさら「レプティリアン」だ、「サバタイ派」だ、「闇の権力だ」と言っている時代ではないようだ。一挙によい世の中を創るために川田さんの研究が公表されるようになったのだろう。これはサムシング・グレートの計(はか)らいだろう。

6.人類を含めて地球社会は急速に理想的社会に近づくだろう。

7.われわれ人間より上位と思われる存在はいるもようだ。それは神かもしれない。しかし、すべての存在や仕組みは、「すべてよくなってほしい」という創造主の意向によって成り立っているようだ。

 @われわれは時々は、創造主になった気ですべてを上からみよう。これが大事である。
 Aわれわれ人間というかすべての存在は、創造主の分身であることだけはまちがいないようだ。それ以外に考えようがないからである。
 Bマクロにみると、われわれには進歩があっても退歩はないと考えられる。

8.いま人間になり、われわれはこの世で、生老病死の中で苦労して生きているが、できるだけ楽しく明るく前向きに生きよう。それが正しいようだ。

9.すべては「必然」「必要」なようだ。そして人間はそれを「ベストにできそうである」。
 がんばろう。そしてやってみよう。くじけることはない。

10.やはり人は「勉強好き」「素直」「プラス発想」で生きるべきだろう。それがもっとも人として楽しい生き方でありそうだ。
 肉体は死んでも本質(魂)は死なないようだ。ともかくわれわれは生き続ける。そして行動できる……とすれば、どこまでも創造主の意を体して「勉強好き」「すなお」「プラス発想」で生きることだろう。(転載ここまで)


 ともあれ、おおいに考えさせられる本となりました。
 ぜひ御一読、読者の皆さまもお考えください。
 以上、とりいそぎ、著者からのお願いです。よろしく。
                                           =以上=

バックナンバー
2012.09.24:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】私の新著に目を通してください。
2012.09.17:【いま、お奨めしたい本】いま、お奨めしたい本
2012.09.10:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】9月23日。パシフィコ横浜で話したいこと
2012.09.03:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】最近読んで参考になった本
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note