photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2019年4月15日
歴史を忘れた民族は必ず滅びる (※舩井勝仁執筆)

 5年後に紙幣が新しくなることが発表され、新しい1万円札の肖像は渋沢栄一になるようです。私のお金の師匠である故・竹田和平さんが渋沢翁のことを大変尊敬しており、特に『論語と算盤』(角川ソフィア文庫)の精神を大事にされていました。渋沢翁は日本的な資本主義、特に銀行のシステムを作った人ですが、合理だけを追求する近代西洋の資本主義ではなく道徳的な商人道や日本人の倫理観の基礎になっている論語の精神を合わせて大事にすることで利他の資本主義の導入を実現した人物です。
 新聞やテレビの報道を見ていると知名度が低いということで私などは多少驚いていますが、これがきっかけで翁の業績が見直されるきっかけになればいいなあと感じます。『ザ・フナイ』には玄孫になられるコモンズ投信の渋澤健会長にエッセイを連載していただいています。渋澤会長もヘッジファンドに勤めるなど現代金融のど真ん中を歩いて来られたのですが、いまは長期投資・バリュー投資主体の投信を購入することで元気な企業の株主になり、その会社が何をしているかを知ることで直接日本経済の役に立っていることを実感できる投資家になることを進めていらっしゃいます。
 渋沢翁の1万円札は、金融システムの大変革期に当たってすばらしい判断だと思います。世の中はキャッシュレス化が進んでいき、もしかしたら渋沢栄一が最後の1万円札になる可能性もあると思います。銀行システムを作った人が、銀行が不要になっていく時代に登場するのは少し皮肉な気もしますが、考えてみれば最初の1万円札は聖徳太子だったのですから銀行が歴史上の機関になっていく現代にピッタリと言えるのかもしれません。

 先週の木曜日に配信された舩井メールクラブの筆者は理系出身アナリストの塚澤健二さんでした。詳しい内容をここで紹介することはできませんが、時々起っているいまの株価の急落はフェイクなので、しばらく急落時に買うと儲かるチャンスだというご意見でした。ただ、リーマンショックよりも桁違いの暴落というか金融破綻が近いというご意見も持たれていることも合わせてお知らせしておきます。ご興味がある方は、ぜひ舩井メールクラブにご入会いただきたいと思いますし、生活防衛の教室で毎週の相場のチェックをされるのもいいと思います。

 盟友の赤塚高仁さんのDVD「ユダヤから学ぶヤマトのこころ」が面白くて、このところ何度も見返しています。
 ここ数年、著作物の発刊ラッシュが続いている赤塚さんですが、赤塚信者(あえてこの表現をしたいです)の皆さんにもこのDVDがとりわけ好評のようで「毎晩、必ず日課のように見て、ボロボロと泣いて一日の浄化をしてから寝ます」「気がつくと、DVDを再生しています。家のことをしながら、赤塚さんのお話をまるでお経のカセットテープのように身体の髄に染み込ませています」など、かなり熱い感想ばかりで、ちょっと嫉妬してしまうくらいです。
 まぁ、それは冗談ですが、赤塚さんの話術の魅力は、何かを一方的に教条的に伝えるのではなく、分かち合う、一緒に向き合うという気持ちがしっかりと土台にあるからと思っています。
 今まで数えきれない講演、セミナー、講座でたくさんの講師の方のお話を聞いてきました。もちろん最初から品定めするような構えではなく、謙虚にその先生の世界観に入り込む姿勢で伺うようにしていますが、やはり心に寄り添ってくるようなお話をされる方のお話は、格段に響きます。私自身も登壇するときは、まずは、自然な自分で飾ることなく、を前提に、その日の参加者の皆さんの波動に合わせて、ある意味、その場に委ねて話を組み立てていくように心がけていますが、まだまだ勉強中です。
 赤塚さんは、少人数でも大人数でも一人一人のこれまでの人生の様々なことをしっかりと受け止め、柔らかに包み込むような空間を作られるのがすごいと思います。DVDでは、イスラエルに毎年のように20回以上訪問している赤塚さんの独自の視点で、聖書から、とてもやさしい地政学、そして日本のやまとだましいまでたっぷり語っています。2000円とこんなに破格でいいの?と思うプライスになっていますので、ぜひ皆さんに見ていただきたいです。
 そして、やはりその波動空間を実際にライブで味わって欲しいと思い、にんげんクラブの赤塚さんの講座のご案内もさせていただきます。「赤塚高仁のヤマト人の『聖書塾』」、毎月最終土曜日の午後に麹町のセミナールームで開催しています。
 第2シリーズですが、第1シリーズを受講されていない方でも全く問題なく入っていただけると思います。今期のテーマは「人間の生き方に通じる聖書塾」でより人生に、日常に有益なお話が聞けると思います。「歴史を忘れた民族は必ず滅びる」、ユダヤの格言ですが、このキーワードを胸に熱く活動する赤塚高仁さんを、これからも見守り応援したいと思っています。
                                           =以上=

バックナンバー
2019.04.22:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】新しい金融のエコシステム (※舩井勝仁執筆)
2019.04.15:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】歴史を忘れた民族は必ず滅びる (※舩井勝仁執筆)
2019.04.08:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】不可思議な株価 (※舩井勝仁執筆)
2019.04.01:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】龍の神様と出会う方法 (※舩井勝仁執筆)
小橋建太&竹原慎二講演会 「潜在意識の力と光の世界」丸山修寛氏 仙台特別講演会 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター