photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2019年5月13日
裏の情報の読み方 (※舩井勝仁執筆)

 締め切りの関係で、「いま知らせたいこと」の原稿は大体金曜日の朝に書いています。 普通の相場の時は、それでお伝えしたいことがずれることはあまりないのですが、今回はかなり微妙な気分です。日本時間の午後1時が関税を上げるとアメリカが中国に通告したリミットで、いまのところその結果に対するニュースが流れてこないからです。交渉決裂で関税が25%に上げられれば、株は急落する可能性が高いし、逆に交渉が妥結されればホッとした空気が市場に流れることになります。
 読者の皆さまがこれを読んでいただいている時には、結果が分かっているのですが、あえてこのドキドキ感を読んでいただこうと思っています。いまの相場はトランプ大統領に振り回されるようになりました。それまでの大統領はある程度は、マスコミや市場との対話を大事にしてきましたので、普段はそれほどびっくりニュースが飛び交うことはありませんでした。しかし、トランプ大統領は情報をtwitterで発信するので、突然びっくりするような情報が流れてきますし、逆にその意外性を利用して相場をコントロールしようとしているようです。
 今回の関税騒動がどうなるかはいまの私には分かりませんが、トランプ大統領の利害は来年の大統領選に勝つことです。経済が悪くなって株価が下がることは避けたいと思っているでしょうが、中国に対して弱気の姿勢を見せることも選挙にはマイナスです。株価が下がるのも選挙まで間があるいまのタイミングなら許容可能範囲なので強気の交渉姿勢で臨むのだろうと思います。
 貿易戦争だけ見れば輸出超過になっている中国の方が不利ですが、世界の経済システムの中に中国はしっかりとしたポジションを占めていることを考えると、これ以上のチキンレースはアメリカにも多大な損害を及ぼすことも間違いありません。中国側もアメリカ側の弱みをしっかりと掴んでいることだと思いますので、簡単には引き下がらないと思います。トランプ大統領も中国側も特異なディールの行方がどうなるのか、ちょっと楽しみながら見てみたいと思います。

 ヒカルランドは、このコラムを読んでくださっておられる方にはおなじみの出版社だと思いますが、面白い著者を発掘し、出版不況の時代に果敢に新刊を次々と発刊される精力的なエネルギーにはいつも感心しています。10年前に徳間書店から独立された石井健資社長ですが、ご苦労や大変なことも決して外には見せない「包み込みの精神」がお腹に落ちている方だと、いつもお会いするたびに、活力と刺激をいただいています。
 この春、ヒカルランドから、発刊された『日本の覚悟 イルミナティ解体 「新機軸」発動 人類補完計画』という本が面白かったのでご紹介します。著者の板垣英憲先生は、海上自衛隊の幹部候補生学校を経て、毎日新聞の政治部、経済部の記者を務められた方です。ジャーナリストとして独立された後は、金融、政治、国際情勢などの分野で数多くの著書があります。タイトルにあるイルミナティとは、ご存知の方も多いと思いますが、テンプル騎士団やフリーメイソンと関連があるとされる実在する秘密結社です。
 古くから歴史の裏側で暗躍しており、世界に様々な影響を与えていると言われていますが、板垣さんはこの秘密結社は解体され、世界の情勢がどのように動くのか2016年に予言をされています。この本のもう1つの大きなテーマは『MSA資金』についての詳細で、決してメディアでは報じられない世界経済の裏の姿を余すことなく解説されています。裏の姿、と書きましたが、そちらから読み解くことで、世界の経済の大まかな動きをしっかりと学べる有益な1冊だと思います。
 板垣先生の『日本の覚悟』出版記念プレミアム講演会が、ヒカルランドさん主催で6月22日13:30〜15:30に開催されます。本を読んでからでも、読む前でも、かなり内容の詰まった講演会になると伺っていますので、是非、世界のこと、金融のこと、そしてこれからの日本の動きを知りたい方は参加されてみてはいかがでしょうか。場所は神楽坂のヒカルランドパークです。詳細は、こちらでご覧になれます。
 不勉強な私には板垣先生のご意見は極論に見えますが、トランプ大統領が戦っている相手が誰なのか等を考えるにあたっては、陰謀論の見方も知っておくことが必要になります。とりあえずは、エンターテイメントの一種ぐらいの感覚でお付き合いするのがバランスがいいと思いますが、エンターテイメントの中にある真実をしっかりと見つけて自分のものにしていきたいと思います。
 『ザ・フナイ』に創刊以来、連載を書いていただいている飛鳥昭雄先生の肩書は「サイエンス・エンターテイナー」。父は、言いにくいことをエンターテイメントにしてデフォルメして発信している飛鳥先生の書かれているものの中に真実を発見するのが大好きでした。私も、頭を柔らかくしておくことの大切さを肝に銘じておきたいと思います。
                                           =以上=

バックナンバー
2019.05.20:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】魔法使いになろう (※舩井勝仁執筆)
2019.05.13:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】裏の情報の読み方 (※舩井勝仁執筆)
2019.05.07:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】お金と進化 (※舩井勝仁執筆)
7/13 吉野内聖一郎氏&半田広宣氏 福岡特別講演会 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター