photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2020年11月23日
スピリチュアルのようなつまらないこと (※舩井勝仁執筆)

 日本でも新型コロナウイルスの感染者の数が急増しています。東京では1日で500人を超えてきて、ここにきてまた自粛ムードが高まってきているようにも感じるようになりました。自分事で考えると、会食をまったく止めたわけではありませんが、回数はかなり減りました。また、地方での講演などもオンラインで行うことも増えましたが、政府の旅行需要喚起策が効いているのか、新幹線や飛行機などはまあまあの人出だと感じます。
 いろいろなことを知っている友人たちは夏前には11月になると感染者数が増えるだろうと警告していました。普通に考えて気温が下がり湿度が低くなって乾燥すること等からウイルスが増殖しやすくなることに加えて、新型コロナウイルスの動きは占星術の通りになっていて星の動きを見ていて、そう予想できるということを教えてくれていたのです。私は占星術に詳しいわけではないので、親しい仲間に話をしたことはありますが、あまり公の文章にしたことはなかったのですが、やっぱりその通りの動きになってきたと素直に感心しています。
 株価は日米というか世界中の株価が結構上がりました。4年前は一旦トランプ大統領が当選したことで急落したのですが、その後急速に上げていきました。今回は、その逆でバイデン候補の当確(トランプ大統領はまだあきらめていませんが)が出て、株価が上がったのですが、これから調整局面に入るのかもしれません。こちらは、単なる私の感想なので信憑性はあまりありませんが、みなさんそれぞれ独自の見方で考えていただければと思います。
 ただ、下がるにしても日本のマーケットは下がりにくい要素があるようです。例えば、NTTによるNTTドコモのTOB(株式公開買い付け)。NTTがドコモを完全子会社化するために、投資家が持っているドコモの株を買い取ってしまうので、現金を得た個人投資家が新たな投資先を見つけて資金を入れることが予想されることです。それに、経済を循環させるためには株式市場に個人投資家の資金が流入してくることが大事になりますが、ようやく日本でも株式投資をして将来に備えようという動きが出てきたようにも感じます。

 前回ご紹介した「数霊REIWA」、好評のようで、私の方にも「早速使ってみました」という感想が寄せられています。自分の波動を測定して、「数霊REIWA」にお水を載せると自分の願望実現の用途にあった波動水を作れるのですが、パワーストーンや写真、地図などを載せてもOKという夢が広がる楽しいマシーンです。
 「家の写真を使って、自宅を浄化してみたら認知症の祖母の症状の改善が見られました。不登校の子がその祖母のケアをするようになりました。祖母の笑顔と2人の会話が何よりの癒しです。子は学校にも行ける兆しが見えてきました」という声があり、私もおもわず顔がほころんでしまいました。「宝くじ、ちょっとびっくりするくらいの額が当たりました!」「このご時世、無理だと思ったまさかの融資がおりました」というような金運の体験談もあってこれはこれで読んでいて素晴らしいのですが、前述の家庭の幸せなお話、どれだけご家族は嬉しいだろうと思いました。
 私は、物理学を使った高次元の研究をしていますが、例えるなら、9次元にいるように自ら愛を放つと自他同一化するような手助けをする機械なのだろうと個人的に感じています。今後も活用して幸せになる方が増えると良いなと思っています。ご興味のある方は本物研究所までお問い合わせください。(→ 詳細、ご購入はコチラ ★フリーダイヤル0120-06-0271)

 「数霊REIWA」は、ネガティブな潜在意識を書き換える手助けもしてくれると思うのですが、先日献本いただいて一気に読んでしまった宮田多美枝著「クリアリングの魔法で、おそろしいほど幸せになる!」(VOICE)にも同じ感想を持ちました。宮田さんは長野でエステサロンをされていますが、各界にものすごい顧客を持っています。
 世界随一のパワースポットであるハワイの神「ペレ様」の言葉を宮田さんがわかりやすく言語化されています。生きる力を取り戻す「ファイアークリアリング」浄化して洗い流す「ウォータークリアリング」グラウディングする「アースクリアリング」、変化を促す「エアークリアリング」の4つが大変実践的で、これまで願いを叶えるために何をやってもダメだった人に大きな変容をもたらす開運アクションの参考になります。浄化の大切さをこれから師走に向けて意識したいと思っています。
 冒頭にも書きましたが、父は7年前に亡くなる直前、「もうスピリチュアルのようなつまらないことに振り回されるのは止めよう」と遺言のように言い残していました。私も、実はあまりスピリチュアルなことには興味がないのですが、ただ、いまこの瞬間、年内はどうもそこに意識を向けた方が上手く生きられるように感じます。東洋の易や占星術ではそれぞれ1年の始まりを立春や春分と考えているようなので、来年の春頃までは目に見えない世界にアプローチしてみることが大事なように感じます。
 ただし、偽物にだまされないようには十分に注意していただきたいと思います。
                                            =以上=

バックナンバー
2020.11.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】スピリチュアルのようなつまらないこと (※舩井勝仁執筆)
2020.11.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】金運上昇 (※舩井勝仁執筆)
2020.11.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ビッグママ (※舩井勝仁執筆)
2020.11.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】現金が王様 (※舩井勝仁執筆)
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note