あの社員の一日を公開!

船井幸雄グループ社員の、日々もの思ひ、考へるあの社員の一日を公開
林 彩子
(株)船井ビジョンクリエイツ
常務取締役・プロデューサー 林 彩子
皆さんこんにちは。(株)船井ビジョンクリエイツの林 彩子です。船井幸雄編集主幹の人間研究誌・月刊『フナイ★メディア』副編集長を経て、昨年9月に、(株)船井ビジョンクリエイツの常務取締役になりました。
20代のころ、時流にのった商品や分野を追い続けるなかで、時代を超えて、普遍的に本当に必要とされるものを探したいという思いに至りました。
30代になって、オーガニックとの運命的な出会いによって、生命力と向き合い本物をつくる人の歓びにふれて、本質に出合えた気がしました。
その後、船井幸雄グループに入り、船井幸雄をはじめとする素晴らしい生き方の師匠たちに出会い、そこで知ったさまざまな知恵や方法をライフワークとして伝授したいと思っています。セミナー、ワークショップ、書籍や雑誌のプロデュース、音声・映像制作などで伝えていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
ある日のお仕事
林 彩子
趣味:旅行、美しいものをみること
特技:オリジナル料理の創作
座右の銘:「心に美しいものを描こう」
最近の『日々もの思ひ、考へる』ページ
椛D井ビジョンクリエイツ主催『中矢伸一といく 神秘の富士山バスセミナー』レポート【一日目】 8:30〜8:40

千駄ヶ谷駅に集合し、そこから徒歩で鳩森八幡神社まで移動しているところです(左は中矢先生)。
今回の旅は、「日月神示」研究家の中矢伸一先生にナビゲートしていただき、富士山を囲む神社を巡りながら、神道の歴史を探訪するツアーです。このツアーは、これまで開催してきた潟rジョンクリエイツ主催・中矢先生講師の「日月神示セミナー」、「古神道の智慧セミナー」の集大成の一つです。
おかげさまで、なんと正式にツアーの募集を始める前から口コミで広まり、希望者が殺到したため、結局、二度に渡って行うことになりました。
まずは東京の千駄ヶ谷にある鳩森八幡神社からスタートです。
鳩森八幡神社にて、中矢先生と宮司さんの説明を聞く 8:40〜9:20

鳩森八幡神社で、旅に参加した皆さんの前で挨拶をしています。


鳩森八幡神社は、都会の真ん中にありながら、自然にあふれたイヤシロチです。ここで平野宮司のお話と中矢先生のお話を聞いた後、皆さんに神社参拝をしてもらったり、境内を自由に見てもらいます。この神社にある富士塚は、現存する都内最古のもの。ここは、自動書記という形で「日月神示」という天啓を降ろした画家であり、神道研究家でもあった岡本天明さんが一時期、代理神主をしていた神社でもあります。
バス車中では自己紹介タイム♪  9:20〜11:00

ガイド役にも多少、慣れてきました♪
バス車中では、私がガイドを務め、中矢先生にたっぷりお話をしていただきました。
まずは、今回ご参加くださった40余名のお客様の自己紹介タイム♪ 皆さん、このツアーを本当に楽しみにしてくださっていたようで、自己紹介からかなり盛り上りました!
「このツアーに参加した目的」を一人ひとりに伺うと、意外にも(?)「自分に合った『御魂石(みたまいし)』を探し、御魂入れの儀礼を行うことに興味がある」という方が大勢いらっしゃいました。「ちょっとマニアックかも!?」と思ったこの御魂石の企画だったのですが、古い日本人のスピリットへの関心の高さを感じて、うれしかったですね☆
「ほうとう不動」さんでのランチのテーブル上では、中矢先生と新刊の打ち合わせ 11:20〜12:00

料理が運ばれてくる少しの間に、新刊の打ち合わせ。手前右は、新刊の編集に関わってくれているクリプロの栗原さん。


「ほうとう不動」さんでのランチのテーブル上では、中矢先生と潟rジョンクリエイツがコラボレーションで進めている、中矢先生の新刊『「嬉し嬉し」人生の磨き方 〜あなたの夢実現をサポートする叡智の教え〜』(経済界刊)の打ち合わせ。中矢先生が初めて、「日月神示」を知らない(主に)女性に分りやすく、実践を中心に紹介したオススメの一冊です☆
甲州名物「ほうとう」でランチタイム♪ 11:20〜12:00

甲州名物「ほうとう」のランチ。ボリュームも相当あります。


ランチは甲州名物のほうとうをいただきました♪ かぼちゃ、ジャガイモ、サトイモ、白菜、ねぎ、ごぼう、にんじん、しいたけなどの食物繊維豊富な野菜類をふんだんに使ったヘルシー煮込みほうとうです。旅行気分も盛り上ります♪
北口本宮冨士浅間神社を参拝 12:20〜13:00

北口本宮冨士浅間神社 拝殿
ランチの後は、北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田)を参拝。ここでは正式参拝をしていただきます。この神社は、全国の浅間(せんげん)神社の中でも有力な神社の一つだそうです。神社の境内の手前を流れる川の水は澄んでいて、林に囲まれたこの神社は本当に気持ちがいい。全員で記念撮影をすると不思議な光と大きなグリーンのたまゆらが写っていました。また、ここには、樹齢1000年といわれ、天然記念物の指定を受け、保護されている杉の御神木が3本あります。
船井会長オススメの新屋山神社を参拝 13:10〜14:00

宮司のユーモラスなお話を皆さん聞いています。
その後は、船井会長オススメの神社・新屋山神社(山梨県富士吉田)を参拝。この神社は金運神社として有名なようです。確かにこの神社に近づくにつれ、空気が軽く、よい氣が漂っているように感じました。
特に、この神社の「奥の宮」が金運神社として有名なようですが、残念ながら時間の都合で今回はそこまでは行けませんでした。ここには話上手な宮司がいらっしゃって、お話をたっぷり聞け、心のこもった正式参拝もしていただきました。
御魂石(みたまいし)探しと富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮)参拝を終え、無事ホテルに到着  18:45

宿泊先ホテル「龍宮殿」のロビーで。左から、お世話になった「龍宮殿」の今村さん、林、スゴ腕ドライバーの初鹿さん、スタッフの砂田、鈴木


新屋山神社参拝の後、「天子の森」でそれぞれの御魂石を探し、富士山本宮浅間大社を参拝した後、定刻どおりバスは今晩宿泊する箱根のホテルに到着しました。
途中、時間が遅れていたにもかかわらず、なんと1分も違わず、オンタイムでバスをホテルまで到着させたドライバーさんの腕に一同感激! また、昨日の東京は、大雨で決行も心配されていたにもかかわらず、今日は雨に降られず、晴れ間の見えるお天気に恵まれ、本当に感激づくしの一日でした。
【二日目】箱根園桟橋から「芦ノ湖遊覧船」に乗船 9:20〜9:45

芦ノ湖をまわる遊覧船に乗り込むところ。遊覧船からは、湖に立つ九頭龍神社本宮の鳥居が見えました。


今日は、ホテルを出て、いざ九頭龍神社本宮(くずりゅうじんじゃほんぐう)に向かいます。芦ノ湖遊覧では、湖上に立つ九頭龍神社の鳥居も見え、とても気持ちがいいです。中矢先生いわく、芦ノ湖(のような水の多いところ)には龍神様が住んでいるそうです!
九頭龍神社本宮にて、御魂入れの儀礼を行う 10:00〜10:30

九頭龍神社本宮にて、御魂入れの儀礼を行っています。
ここ九頭龍神社本宮は、開運隆盛はもとより、縁結び、金運、商売繁盛にも御利益があると言われ、とくに若い女性に人気だそうです。
この九頭龍神社本宮で、昨日、各々が探した御魂石に、中矢先生が祝詞をあげて、御魂入れをしてくださいました。不思議なことに、祝詞をあげている最中、湖がザバザバと音を立てて波打ちました。船も通っていないようなのに、もしかしたら龍神様!?
ツアーのメインイベントの一つだったこの「御魂入れ」が終わった後は、箱根神社に向かい、ここでも3回目の正式参拝をしていただきました。
ランチは宮ノ下の富士屋ホテルにて名物のシーフードカレーをいただいた後、小田原の老舗「鈴廣」にておみやげタイム♪
一泊二日とは思えないほど、ギュッと凝縮したタイトなスケジュールも、参加者の皆さんのパワーで元気にこなし、皆さん本当に、感動・感激してくださっていました。来年2月にも弊社で『中矢伸一氏と行く日本人の心の源流“伊勢”ツアー(仮称)』を企画していますが、皆さん、「絶対に参加します!!」と言ってくださって、とてもうれしいです(涙)!

※大好評だったこの『神秘の富士山バスセミナー』のレポートは、当サイトの『今月のクローズアップ』でも、近日中にご紹介します。お楽しみに!
部下 (株)船井ビジョンクリエイツ マーケティング&セールスプロモーション担当 砂田 ともゑからのコメント
部下 (株)船井ビジョンクリエイツ マーケティング&セールスプロモーション担当 砂田 ともゑ 写真
林の部下の砂田ともゑと申します。
今年の2月に入社して、はや8ヶ月近く。林彩子という女性に対して感じ続けているのは、その柔らかなイメージからは想像もつかない強力なパワー(行動力)と天才的なひらめき、そして夢実現に向かって努力するひたむきさへの感動と尊敬です。
一緒に行動したり話を聞くと、ただ「楽しい!」としか言いようがないユーモアを持った女性ですが、仕事となると本当に凄いんです! 打合せ時や商談時、講演会(現場)など、様々な場面で林の行動力や発想力に助けられたり、お客様やお取引先など人との繋がりを大事にすることの大切さを学ばさせていただいてばかり。
お客様の喜ぶ顔が見たい、お客様に豊かな生き方を・・・船井ビジョンクリエイツが提唱しているミッションを自ら遂行している林彩子という女性は、わたしが心から大好きと言える人間であり、尊敬する上司であり、見習いたい人生の先輩です。
大差がつく!超一流の情報収集術 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com