あの社員の一日を公開!

船井幸雄グループ社員の、日々もの思ひ、考へるあの社員の一日を公開
小池 和也
(株)本物研究所 &(株)51Dreams’Company
営業部長 小池 和也
 皆様こんにちは。私は、大学2年生の時に、母の薦めで船井幸雄の書籍に触れ、「この人はおもしろい!」と感じ、船井の門をたたく決意をしました。その後、縁があり、(株)本物研究所に出会い、代表の佐野のもとで船井流経営法や人財育成法を学んでいます。
 現在は(株)本物研究所の子会社でベンチャ−企業(株)51Dreams’Company(以下、FDC)にて学生向け人財育成【幸学館カレッジ】と企業向け採用コンサルティング【幸学館倶楽部】の営業を担当し、合わせて経営について学んでいます。
 実家は、小さいながらも70年ほど歴史のある株式会社を営んでおります。そのような環境で育った影響もあり、学生時代から「社長になる!」と夢を持っており、その夢に一歩一歩近づいています。
 これからは、社会に貢献できる企業を一日でも早く創り上げたいと強く感じています。
ある日のお仕事
小池 和也
趣味:読書
特技:縁作り
座右の銘:覆水盆に返らず
最近の『本音で生きよう』ページ
社内研修(講師:社長の佐野浩一) 9:00〜9:30

「ほんまの塾」の様子。

今朝は9時から月に1度行われる、本物研究所・FDCの20代の若手社員を対象とした「ほんまの塾(社内研修、講師は社長の佐野)」です。佐野以外の参加者は、今年の春に入社したばかりの新入社員の2人(ともに女性)を含め6名です。
まずは、ホームページ用に新しく作った動画を見ました(コチラです⇒http://www.missioncompany.jp/mc/company/12/index.html)。この動画では佐野が‘ほんもの’に対する思いを皆様にお伝えするために作成したメッセージ動画となっています。
その後は佐野の話です。今回のテーマは「夢」です。主に実父からの影響でできた仕事観や、義父・船井幸雄の出会いによって生まれた仕事観、そして、夢などを語りました。
社内研修後のミーティング 9:30〜10:00

「ほんまの塾」メンバーでの打ち合わせ。


30分間の研修後は「ほんまの塾」参加スタッフのミーティングに移りました。そこでは、次回の議題や今後の研修の方向性を話しました。弊社では、仲間同士、本気で本音で打ち解け合うことをとても大切にしています。
デスクワーク 10:00〜12:00

デスクでは、パソコンとアイパッドを併用しています。

今日の午前中はデスクワーク中心です。
私がいま主に携わっている「幸学館カレッジ」は、現在就職活動中の学生を主なターゲットとしています。
彼らが「自己重要感」や「自己肯定感」を十分に持った上で就活に挑み、社会に羽ばたいていけるためのサポートをしています。
「幸学館カレッジ」では、フェイスブックやツイッターなどを活用し、学生へアプローチしていますが、その更新などは主にアイパッドを使って私が行なっています。
外出 12:20〜14:45

外回りに行ってきます。
赤羽橋にある農業系独立行政法人に新卒採用に関する相談のため、外出。この独立行政法人の理事長は、私の高校の先輩(65才くらいの大先輩です)が務めており、これまでに何度か訪問させていただき、仕事の相談をしています。この先輩だけでなく、高校や大学、同郷の先輩とのネットワークを作っており、仕事で困ったことがあれば先輩を頼るようにしています。その都度、助けてくれます。縁を作り、困ったことがあれば相談できる関係を築く大切さを感じています。
来客 15:00〜16:00

A君(右手前)と佐野と私での面談。
「幸学館カレッジ」の関連で、現役の大学生のA君が来社。今日、彼が来社するに至った経緯は、私の友人Bさんから紹介を受けたCさんからさらにDさんを紹介いただき、さらにそのDさんからA君の紹介を受けました。偶然にも学生A君は以前に弊社の説明会にも来てくれていたことがわかり、大変稀有な確率での大切な出会いとなりました。
A君は現在大学3年生ですが、学校以外の活動にも熱心で、「Teach For Japan」というNPOで、子どもに勉強を教えるボランティア活動をしているそうです。
佐野とは今日が初めての出会いになりますが、佐野もA君の前向きで活動的な姿勢に大変関心を示し、話はとても盛り上がりました。
幸学館カレッジメインコース(1) 18:00〜19:00

幸学館カレッジメインコースの様子。
幸学館カレッジメインコースのクラスが始まりました。
このメインコースのカリキュラムは、船井流人財育成法を船井から学んでいる元教員でもある佐野が独自のアレンジを加えた【幸・基・真】カリキュラム(参考:http://www.51-dreams.com/main)です。船井流人財育成の特長である@長所伸展Aプラス発想B勇気C至誠・慈愛D自由の考え方を取り入れています。
内容としては、「自分の“強み”発見」「セルフブランディング」「キャリアデザイン」「先輩講話」「エントリーシートの書き方」「マナー」「プレゼンテーション」です。
今日はまず、参加者に「ライフカラーカウンセリング」のチェッカー(質問項目)に答えてもらい、各人の結果をホワイトボードに示し、佐野が一人ひとりの結果を見ながら解説を行いました。
幸学館カレッジメインコース(2) 19:00〜20:00

「私の就活体験談」を話させていただきました。
続いて「私の就活体験談」ということで、私自身の就職活動の時の体験談を皆の前で15分間お話しさせていただきました。
「私は新卒で本物研究所に入社し、昨年7月にFDCに着任しましたが、今年で入社5年目になります。就活中は中小企業を中心に100社くらい受けました。宮崎の実家では両親が会社を経営しており、母親から『船井幸雄さんの本を読んでおいたらいいよ』と、私が20才の時に奨められたのが船井会長のことを知ったきっかけです。最初に読んだ本は『一粒の人生論』(ダイヤモンド社)だったと思います。その中の『マクロに見ると生成発展。変化こそ不変の原則』という言葉がとくに心に残っています。
もともと船井総研への入社を希望していて、インターンなどにも参加しましたが、こちらには落ちてしまいました。
就活中に本物研の会社説明会に参加し、佐野の話を聞き、その人柄に大変惹かれ、すぐにこの会社で働いている自分のビジョンがイメージできたことが印象に残っています。
そして本物研での最終面接が終り、とくに根拠もないのに『ああ、自分はここで働くんだ!』と確信し、内定も頂いていないその時点で就職活動を終え、実家に帰りました。
その後すぐに連絡はなく、実家から再び上京するために空港で、両親に別れの挨拶をしている時に、佐野から採用の電話を受け取り、びっくりしました。その時のことはいまでも鮮明に覚えています。本当にうれしかったです。

就活で約100社の会社を受けたということは、90何社は落ちたということです。私はどちらかというとポジティブな人間ですが、さすがにそんなに落ちると『社会にいらない人間なのか』と落ち込みました。しかし、諦めずに就活を続けていると自分に合った会社・本物研究所に巡り会えました。そこから感じることは、世の中には自分を必要としてくれる会社は絶対にある、ということです。そして、それを見つけるのが就活だと思います。
そんな私からアドバイスしたいことは3つあります。
まず、@あきらめないこと、そしてA行動すること。最後にB(就活中にできる)ネットワーク(仲間)作りも大切にしてほしい、ということです。」

……ということをお話しさせていただきました。
幸学館カレッジメインコース(3) 20:00〜21:00

いちおう私も参加して、スピーチをしました。
その後は、参加者各人に、@自分の性格的な長所 A得意なこと B信条 Cこれまで楽しかったこと、のめり込んだこと Dやっていて飽きないこと、苦にならないこと Eやってみたいこと、あこがれていること
をそれぞれ、ホワイトボードに書いてもらいました。
続いて、各人の@〜Eの項目を見て、「この人に合った職業は何だと思うか?」ということを、それぞれホワイトボードに記入していくワークショップを行いました
続いて、「自分に合った職業」を皆に書いてもらった結果を見ての、自分の感想を各人に2分間スピーチをしてもらいました。
その内容は、「(皆に書かれた職業が)どれも自分が興味あるものばかり」と言う人もいれば、「考えたこともない職業が多くて、びっくりした」という意見もあり、人それぞれでした。しかし皆、自分の再発見につながっていたようです。

最後は佐野からの「この幸学館カレッジで、それぞれの人が、自分がどういう人間で、どういう長所があり、それをどういう形で社会に役立たせていくかを見つけていく場になってくれればうれしいと思います」という言葉で、今日のクラスを締めくくりました。
(株)本物研究所 同期 松本ゆかからのコメント
(株)本物研究所 同期 松本ゆか 写真
小池さんは入社当時から仕事が大好きな、頑張り屋さんです。次々と新しい企画を提案しては社内に革命を起こしてきました。昨年5月にはFDCの営業部長に着任し、「仕事が楽しくて仕方がない」と、持ち前のチャレンジ精神で積極的に新境地を開拓しながら日々嬉々として働いています。性格的には親分肌で面倒見が良く、新入社員に丁寧に仕事を教えたり、励ましの言葉をかけている姿をよくみかけます。平日は都内を飛び回って活躍し、土日にはセミナーに出て情報収集したり、社会人や学生を集めた勉強会を主催し、情報交換をしたりと、かなりの行動派です。これからも、人間力をみがいてますます頑張ってほしいと思います。
大差がつく!超一流の情報収集術 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com