中村陽子の都会にいても自給自足生活

このページは、認定NPO法人「メダカのがっこう」 理事長の中村陽子さんによるコラムページです。
舩井幸雄は生前、中村陽子さんの活動を大変応援していました。

メダカのがっこうには、以下のような3つの宣言があります。

1.私たちは、田んぼから瑞穂(みずほ)の国日本の自然再生をします。
2.私たちは、お米中心の一汁一菜の食事で日本人の心身を健康にし、食料自給力をつけます。
3.私たちは、命を大切にする農家と手をつなぎ、生きる環境と安全な食料に困らない日本を次世代に残せるような先祖になります。


このコラムでは、「メダカのがっこう」での活動内容や、様々な経緯で「メダカのがっこう」に参加された方々のご紹介や、健康のための大切な情報などをお届けしていきます。

2021.01.20(第76回)
有機給食と有機農業の素晴らしい関係が始まりました

―第9回田の草フォーラム@オンラインで開催します!―

 2019年の第8回田の草フォーラムでは、千葉県いすみ市で100%有機米給食が実現したという発表をしていただきました。その有機米は全部いすみ市の農家が生産したものです。今まで無農薬を経験したことがない農家も参加しての成功です。これを可能にしたのは民間稲作研究所の稲葉光國先生の有機稲作技術。田植えをしてから、稲刈りをするまで一度も草取りのために田んぼに入ることなく反当り平均7〜8俵の収穫があるという技術にみんなついていきました。
 いすみ市の有機米は、子どもたちの給食に出されているお米ということで「いすみっこ」というブランドになり、広く市民に知られ食べられるようになりました。給食で使う有機野菜も徐々に増え、今年は7種類になりました。いすみ市の有機給食は皆に希望を与え、子育て中の家族の移住者が増えました。農家もきちんとポイントを押さえれば失敗しない有機の米作りに自信がついて、やりがいをもって取り組んでいます。
 しっかりと構築された有機栽培技術が有機給食を支えました。そしてまた有機給食が有機農業をけん引していきます。作る人も食べる人も田んぼの生きものたちもみんなが元気に生きていける形が実現しました。夢のような話ですが、これしかない正解に行きついたような気がします。
 ここでいすみ市の農林課でこの事業をけん引した、鮫田晋さんからのメッセージをご紹介したいと思います。有機給食と有機農業の素晴らしい関係が、喜びを持って語られています。

 「有機農産物を学校給食に」といううねりは、ますます大きく拡大し、決して止まることはないと確信しています。経験上、いすみ市では誰もが良い取組として歓迎していますので、これは人として当たり前に抱くこと、言わば国民的ニーズなのだと思います。日本だけが未来永劫、世界に取り残されたままというのは全く根拠がないです。うちのまちは変わらないなどという幻想は捨て去るべきだと思います。多くのまちでは今はまだ潜在的ニーズにとどまっているかもしれませんが、志のある方には、これ以上ない良いことだという自信をもって、実現に向けて一歩大きく踏み出されることが期待されています。子どもたちに安全な食べものを提供する過程で、様々な効果が期待できます。なかでも有機農業に取り組む農家を増やす効果には、国はもちろん、どの自治体も関心を持っています。経営のよい農家を増やすことや、あらたに農業をやる人を増やすことは、農業政策の第一目標であり、地域でそれに最もよく叶う取組がオーガニック給食です。現在は、有機農業が優良経営に位置付けられ、新たに農業をはじめたい人のほとんどが有機に関心を持っていることは周知の事実です。以上の事を考慮すると、それぞれの地域でオーガニック給食をすすめる際、仲間内の有機農家だけで囲ってしまうと自治体の関心は離れていきます。他者から一部の農家だけに便宜が図られると見られてしまうからです。慣行農家も仲間に入れて積極的に有機に転換してもらうことや新規就農者を積極的に迎え入れることが必要であり、主義主張の違いにとらわれることなく、よりよきまちを目指して他者と手を取り合っていくことが成功の秘訣であると感じます。いすみ市では、現在も有機に転換する農家や就農希望者が後を絶ちません。オーガニック給食が気に入っていすみ市に移住する方がどんどん増えています。行政に対する市民からの信頼は厚くなりました。いろんな立場のいろんな人が本当に毎日やってきていいね、いいねと言ってくれます。これらは全て稲葉先生をはじめ先輩有機農家の皆様がいすみ市を応援してくれたおかげです。もともといすみ市には特別優れたところは一つもありません。本当にどこにでもある自治体なんです。有機の給食はどの自治体でも絶対にできます。むしろいすみ市よりも簡単にやってのける自治体がこれからたくさん現れます。
 自治体行政は、市民のニーズをかたちにすること、いすみ市の場合、オーガニックの給食が実現したのは農家の想いが発端でした。地域全体のために一番努力したのは農家です。能書きだけを声高に主張しあるいは他者を批判するのではなく、農家が汗水たらして地域の子どもたちと一緒に有機米づくりの授業に励む姿を多くの市民が見て、なるほど有機農業っていいもんだなあとファンを増やしていったのです。農家の皆様の志は必ず大きな成果を生むと信じていただきたいと願っています。いすみ市は、皆様とともに何があっても前進していきますので、今後とも変わらぬご支援、ご指導くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

 第9回田の草フォーラムをオンライン開催します!今年はいすみ市の後に続く木更津市の有機給食と有機農業の報告あり、日本中が有機給食になっても支えられるだけの有機農業や自然農法の技術があるという農家からの発表、など盛りだくさんです。2日間のオンライン研修は参加が大変と思い、参加申し込みの方には、後日すべての発表者の資料付きの動画を配信する予定です。関心のある方はどうぞご参加ください。 以下HP参加者募集のURLです。

http://npomedaka.net/news/tanokusa


バックナンバー
21/02

こんな町に住みたい 元気な子が育つ自治体調べてみました。

21/01

有機給食と有機農業の素晴らしい関係が始まりました

20/12

日本人の遺伝子配列が教えてくれる伝統和食

20/11

種苗法改正案の慎重審議をお願いする活動に協力してください。

20/10

種苗法改正は11月強行採決の予定。反対の声を#で届けましょう!

20/09

有機給食全国集会のご報告

20/08

食べ物を変えたいママプロジェクト 一人から始めるママたち

20/07

そうだったのか種苗法改正

20/06

私のナウシカプロジェクト 自然再生葬編

20/05

種苗法改正って何? 賛否両論の理由と、どうしてもわからない大きな矛盾

20/04

WorldShift 不安から慈愛へ 〜コロナが教えてくれたShift〜

20/03

私の安上がりシンプルライフ

20/02

こんなに元気な子が育つ有機の和食給食

20/01

みんな母親たちの味方です。敵はいません。頼りにしましょう!

19/12

自家増殖原則禁止とは(種苗法改正が次の国会で通ってしまうと大変です)

19/11

私の一番の味方でいてくれた母を偲んで

19/10

2019年12月2日〜12月12日 アメリカを変えたママがやって来る!日本のお母さんたちも、アメリカのママたちに続こう!

19/09

ゲノム編集について知っていてほしいこと

19/08

今一番の緊急課題。それは子どもの食を有機にすること!

19/07

人も自然も健康を取り戻すのはとても簡単です。

19/06

韓国の有機栽培面積が日本の18倍になっているのはなぜ?

19/05

不調の原因が一つ明らかになりました。小麦とパンを変えましょう!

19/04

やっぱり、人間の腸能力はすごい!

19/03

今年も醤油を搾って、来年のもろみを仕込みました。

19/02

種子法廃止後、最新状況をご報告します。

19/01

田の草フォーラムに来てもう一つの国を生み出す仲間になって!

18/12

第8回田の草フォーラムin東京 草と向き合う田んぼの達人が集合します!

18/11

千葉県いすみ市で全市で有機米給食が始まりました。

18/10

原発と自然エネルギーと火力発電や水力発電の関係

18/09

40年前、子どもの命を支える食に立ちあがった人たち
―高取保育園、麦っこ畑保育園のお話―

18/08

ガン細胞のエサを解明したコリン・キャンベル博士の研究

18/07

私のナウシカプロジェクト

18/06

食と農に大異変

18/05

家族の健康を守るためにできること

18/04

種子法廃止とTPPとISD条項の関係を知っていますか?

18/03

本当に恐ろしいのは大自然の逆襲です

18/02

改めて農薬の害を知ろう!

18/01

最近感動したことと考えたこと。

17/12

ダーチャを知っていますか? 種播く土地を持つ人間は最強です。

17/11

知ることは力になる 知っている国民になろう!

17/10

衆議院選挙の当選者に5つのお願いを出しました。

17/09

もう一つの国づくりと裏の世界

17/08

8月2日種子法学習会の報告とまとめと見えてきた方向

17/07

怒涛のように崩壊する日本の食の安全

17/06

拝啓 安倍晋三内閣総理大臣殿

17/05

種子法廃止につづいて品種の多様性と種子情報が奪われる!

17/04

日本の種と自家採種の権利が大変なことになっています!

17/03

野草の季節が始まりました。なぜ野草なのか。

17/02

自家採種を守っている農家たち

17/01

お米の優位性10項目

16/12

恐るべき田んぼの生産力

16/11

「食は命」を知っている料理人

16/10

田の草フォーラムのことで頭がいっぱい

16/09

米飴を作ってみてわかったこと

16/08

知恵と技を極めているじいちゃんばあちゃん(ご先祖様)のあとに続け!

16/07

炭の研究開始に当たり、3人の炭焼き名人に会ってきました。

16/06

炭の力を体験しました。

16/05

生きものいっぱいの田んぼへ行こう!(メダカのがっこう紹介)

16/04

野草を愛する人は自然を理解してほしい。

16/03

もし逆表示でなかったら農産物はどういう表示になるのか
―遺伝子組み換えの表示が消されていく―

16/02

遺伝子組み換え作物に対するメダカのがっこうの考え

16/01

塩で本当に心配しなければならないこと

15/12

日本人の乳酸菌の宝庫、たくあん・ぬか漬けは自分で作ろう。

15/11

梅干しは日本人の食養生の基本

15/10

砂糖や甘味料が自給自足生活と相容れない理由(わけ)

15/09

これぞ現代の最強サプリメントだ!
〜米・味噌・梅干し・黒焼きという高機能食品の恩恵に浴そう〜

15/08

日本人は昔から味噌という高機能サプリを持っている

15/07

自家採種できる種を子孫に残すオイルプロジェクト

15/06

赤峰勝人は現代の食医だ!――アトピーが治らないわけ

15/05

今こそ、本物の米、味噌、梅干し、黒焼きが必要なわけ 

15/04

新潟県阿賀町に元氣な糀ばあちゃんあり(山崎京子さんの場合)

15/03

醤油造りのご先祖様

15/02

次世代のために「なんでもやるじゃん」メダカのがっこうの理事Mさん紹介

15/01

子育て介護を終えて、地球とみんなの元気のために生きる

14/12

東京から移住、田舎で子育てをするホームページビルダー

14/11

「自給自足くらぶ」でどんどん幸せに

14/10

都会にいても自給自足生活のおすすめ

Profile:中村 陽子(なかむら ようこ)
中村 陽子(なかむら ようこ)
首のタオルにシュレーゲル青ガエルが
いるので、とてもうれしそうな顔を
してい ます。

1953年東京生まれ。武蔵野市在住。母、夫の3人家族。3人の子どもはすべて独立、孫は3人。 長男の不登校を機に1994年「登校拒否の子供たちの進路を考える研究会」の事務局長。母の病気を機に1996年から海のミネラル研究会主宰、随時、講演会主催。2001年、瑞穂(みずほ)の国の自然再生を可能にする、“薬を使わず生きものに配慮した田んぼ=草も虫も人もみんなが元氣に生きられる田んぼ”に魅せられて「NPO法人 メダカのがっこう」設立。理事長に就任。2007年神田神保町に、食から日本人の心身を立て直すため、原料から無農薬・無添加で、肉、卵、乳製品、砂糖を使わないお米中心のお食事が食べられる「お米ダイニング」というメダカのがっこうのショールームを開く。自給自足くらぶ実践編で、米、味噌、醤油、梅干し、たくあん、オイル」を手造りし、「都会に居ても自給自足生活」の二重生活を提案。神田神保町のお米ダイニングでは毎週水曜と土曜に自給自足くらぶの教室を開催。生きる力アップを提供。2014年、NPO法人メダカのがっこうが東京都の認定NPO法人に承認される。「いのちを大切にする農家と手を結んで、生きる環境と食糧に困らない日本を子や孫に残せるような先祖になる」というのが目標である。尊敬する人は、風の谷のナウシカ。怒りで真っ赤になったオームの目が、一つの命を群れに返すことで怒りが消え、大地との絆を取り戻すシーンを胸に秘め、焦らず迷わずに1つ1つの命が生きていける環境を取り戻していく覚悟である。
★認定NPO法人メダカのがっこうHP: http://npomedaka.net/

ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note