船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
思春期時代の出会い
2005.4.14(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:南方幸一

いつも持ち歩き、空いた時間で読み返す。読書日記は、楽しみであり、宝物。

 こんにちは。私は毎日、株式会社本物研究所の販売店になってもらうため、全国各地を飛び回っています。

 船井会長の書籍と出会ったのは、十数年前の私が高校生の時でした。
 私が通っていた高校の大学進学率は、0%に等しいような高校でした。
 私も、高校三年生の時に、father(父)という英語を書くことが出来ない程度の学力で、まともな友人もいない荒んだ高校生活を送っていたのです。  

 そのような時、父の書棚から船井会長の「船井流五輪の書」を取り出し、今まで読書などしたことのなかった私が、一晩で読んでしまいました。感動のあまり、その後の生き方か変わってしまいました。そして、友人が増え、性格まで穏やかになっていったのです。
 今でも、「過去オール善」や「Give and Give」など、座右の銘として心の奥底にしまっています。また十年以上にわたって、船井流勉強法の一つである読書日記をつけています。記憶力の乏しい私にとっては、最高の勉強法だと思っています。これは、絶対におすすめです。

数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 10/8-10超日本論ザ・リアル合宿セミナーin隠岐の島 飛鳥昭雄氏 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note