船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
“コンサルティング”ってなんだろう? (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.8.17(Wed)
社名:(株)本物研究所 主任
名前:浜崎 大輔

(株)本物研究所 浜崎 大輔

 株式会社本物研究所に入社して2年が経ちます、販売店担当の浜崎です。2年がとても早く感じるのは、これも今の仕事の日々がとても痛快でやりがいのある証拠だと、素直に納得しています。
 さて以前船井幸雄グループでの研修会がプリンスホテルでおこなわれた時、船井会長に質問ができるという機会をいただきました。
 そこで私は自分が今まで一番聞きたい質問をすることができました。
 それは、「コンサルティングのコツを教えてください」ということでした。
 私の前職は食品会社ということもあり、コンサルティングというものが全く未知の世界という事情もあったからです。
 私の質問が終わろうとする前から、船井会長の眼はもう既に答えの表情で構えていらっしゃったのが印象的でした。

 そして「相手が納得できる話をするのがコンサルティングというのです」と答えていただき、とてもシンプルなご回答でした。
 そして船井会長はイヤシロチの実験を例にだし、とても分かりやすくその仕組みを説明してくださいました。
「つまり理由を分かりやすく納得できる話をするのがコンサルタントなんだ」そして、
「納得することしかしゃべらないのがコンサルタント」と笑みを浮かべると、会場内で爆笑が起こりました。
 よくよく船井会長の言葉をかみしめると、その中に経営コンサルタントという専門職を勝ち抜いた深い経験とプロ意識、プライドを私は感じました。

 そして「本物研究所は“本物コンサルタント”を目指しなさい」とおっしゃいました。

 今度はその言葉がずっと今も私の脳裏に焼きついて離れないのです。


1周目:「驚きっぱなしの日々です」
2周目:「即時処理ってなんだろう?」

バックナンバー
2005.08.31: もったいない (テーマ:私が生活や仕事の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.30: ★学ばせて頂いた、大切なこと★ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.29: 『長所伸展法』に感謝!! (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.26: 自分の身体は自分で守る (テーマ:船井会長に伝えたいこと)
2005.08.25: 船井幸雄研究家  (テーマ:私から見た船井幸雄)
2005.08.24: 新・やまやまを宜しく! (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.23: 心から、ありがとう (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.22: トップに学ぶ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.19: 機会損失 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.18: 必要必然ベスト (テーマ:私が好きな船井会長の言葉)
2005.08.17: “コンサルティング”ってなんだろう? (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.11: 強い意志 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.08.10: 押入れの中から・・・ (テーマ:私から見た船井幸雄)
2005.08.09: 72歳のおふたり (テーマ:私から見た船井幸雄)
2005.08.08: 船井会長と父 (テーマ:船井会長に伝えたいこと)
2005.08.05: 必然の出会い (テーマ:船井会長へ伝えたい会社)
2005.08.04: うそでしょ! (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.08.03: 癖付け (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.02: 自由にシンプルに (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.08.01: 節目、節目に船井会長の考え方・行動が身にしみています。(テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note