船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
必要必然ベスト (テーマ:私が好きな船井会長の言葉)
2005.8.18(Thu)
社名:(株)船井メディア
名前:大江 美由紀

「必要必然ベスト」
 私の大好きな言葉です。昨年、株式会社船井コミュニケーションズ(現・株式会社船井本舗)主催の講演会が、私の故郷・広島でも開催されました。
 私も地元の友人知人に講演会のパンフレットを送ったりしていましたが、ふと以前勤務していた書店でお世話になった上司のMさんのことを思い出しました。Mさんとの出会いはかれこれ20年程前、高校卒業後入社した新入社員の私にいろいろなことを教えてくださった方です。
 今も同じ書店に勤めていらっしゃるMさんにお願いして、来店客に講演会のパンフレットを配布してもらえればよい宣伝になるのではと思った私は、Mさんのご自宅へ電話をかけたのです。
 電話をかける前は、こちらの都合を相手に押し付ける形になるのでは、と考え方たり、迷惑をかけるのではないかと考え、気持ちは消極的でした。
 しかし私の話を聞くなりMさんは、「わかった、やってあげるよ」と二つ返事で答えてくれただけでなく、ご自分の知人が勤務する書店でも配布してもらえるよう頼んでみるから、とまで言ってくださいました。
 お礼を言った私に「僕ね、船井幸雄さんの大ファンで書籍も全部読んでるよ。美由紀さん、船井幸雄さんの会社で仕事ができるなんて幸せだね」と言ってくださいました。その言葉に嬉しくて涙が出そうになりました。
 Mさんが会長ファンであることを知り、ますますMさんの人柄に惚れ込んでしまいました。“ギブアンドギブ”の精神を身近な方から教えられ、20年前の出会いが今も私に気づきを与えてくれることに感謝するとともに、出会いの大切さを改めて思い知らされました。 
 すべての出会いは私にとって必要な出会いなのでしょう。出会いたい人に出会い、出会うべき人すべてに出会う、一期一会、大切にしていきたいと思っています。


1周目:「やっぱり笑顔」
2周目:「必然・必要・ベスト」

バックナンバー
2005.08.31: もったいない (テーマ:私が生活や仕事の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.30: ★学ばせて頂いた、大切なこと★ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.29: 『長所伸展法』に感謝!! (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.26: 自分の身体は自分で守る (テーマ:船井会長に伝えたいこと)
2005.08.25: 船井幸雄研究家  (テーマ:私から見た船井幸雄)
2005.08.24: 新・やまやまを宜しく! (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.23: 心から、ありがとう (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.22: トップに学ぶ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.19: 機会損失 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.18: 必要必然ベスト (テーマ:私が好きな船井会長の言葉)
2005.08.17: “コンサルティング”ってなんだろう? (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.08.11: 強い意志 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.08.10: 押入れの中から・・・ (テーマ:私から見た船井幸雄)
2005.08.09: 72歳のおふたり (テーマ:私から見た船井幸雄)
2005.08.08: 船井会長と父 (テーマ:船井会長に伝えたいこと)
2005.08.05: 必然の出会い (テーマ:船井会長へ伝えたい会社)
2005.08.04: うそでしょ! (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.08.03: 癖付け (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.08.02: 自由にシンプルに (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.08.01: 節目、節目に船井会長の考え方・行動が身にしみています。(テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 和のグランドセオリーたった「5%」で叶う成功法則 無料で学べるオンライン講座 - 本物研究所イベント特設サイト 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note