船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
第4回船井幸雄オ―プンワールドを終えて (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.18(Tue)
社名:(株)船井本舗 取締役
名前:野田 隆史

 10月9日・10日の第4回船井幸雄オ―プンワールドが大盛況の内に終了しました。
 このページをご覧下さっているお客様の中には、当日足をお運びくださいました方がたくさんいらっしゃる事と思います。遠路ご来場いただきまして本当にありがとうございました。
 両日ともあいにくの雨天でしたのにもかかわらず、北は北海道から南は沖縄まで、本当に文字通り日本中から新高輪・高輪プリンスホテルにお越しいただきました。当日自分は総合受付を担当しておりましたので、ご入場されるお客様にたくさんの励ましとねぎらいのお言葉を頂戴致しました。
 実は私は去年のオープンワールドまではお客として遊びに行っていたので、スタッフとして参加したのは今回が始めてだったのです。以前からたくさんの人が集まって、すごいなあとは感じておりましたが、スタッフとして働いてみるとあらためてお客様のパワーの凄さを感じずにはいられませんでした。船井会長と、そして「船井会長の仲間たち」である講師の先生方に会うために、雨の中、ぞくぞくと飛行機や始発列車に乗って、早朝からお越し下さるお客様たち。
「何て会長の魅力は凄いのだろう」総合受付にいて絶え間なく降り続く雨を見ながら、会長の大きな大きなパワーを感じずにはいられませんでした。
「とっても楽しかったよ。ありがとう」最終日にお帰りになられるお客様はみな私たちスタッフに感謝のお言葉をかけてくださいます。お礼を言わなくてはいけないのはこちらなのに。大激変の世の中で、どのように生きていけば良いのか、なんとなくコツとヒントを見出せたような気がします。


1周目:「まだ見ぬ会長」
2周目:「研修会にて」
3周目:「72歳のおふたり (テーマ:私から見た船井幸雄)」

バックナンバー
2005.10.31: 〜ちっさい秋の喜び〜 (テーマ:船井流つつみこみ)
2005.10.28: 人の心をつかむには (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.10.27: 船井会長の笑顔 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.26: 伝えることの難しさ (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.10.25: 営業先で感じた船井会長の影響力 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.24: またまた『必要・必然・ベスト』  (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.21: 本当の落としこみってなに? (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.10.20: 妥協せず、こだわり過ぎず (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.10.19: 船井会長の誰も真似できないすごさ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.18: 第4回船井幸雄オ―プンワールドを終えて (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.17: 船井流の船井本舗 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.14: オープンワールド (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.13: 私的日経新聞の読み方 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.12: 捨てる紙(神)あれば・・・ (テーマ:船井会長に伝えたいエピソード)
2005.10.11: 「私が強く影響を受けた船井会長の言葉」そして「私からみた船井幸雄」
2005.10.07: 船井会長が推薦する本を読んでの感想 (コミック「ユダヤ人大富豪の教え」)
2005.10.06: 船井会長からの「赤」入れ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.05: コツ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.10.04: 船井幸雄とその仲間たちのメッセージをプチ・ブックに! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.03: いまお伝えしたいこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア ザ・身禊(MISOGI)合宿セミナー 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note