船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
またまた『必要・必然・ベスト』  (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.24(Mon)
社名:(株)船井メディア 管理部
名前:大江 美由紀

 いつも「船井幸雄.com」をお読みいただきありがとうございます。株式会社船井メディアの大江と申します。管理部に所属し、主に「Just」や「Funai Media」をお申し込みいただいた方のデータ管理に携わっております。
 まずは10月9日・10日の2日間にわたり、「第4回船井幸雄オープンワールド」にご来場いただきありがとうございました。悪天候の中、過去最高のご来場者数を記録しましたこと、皆様に感謝致しております。
 船井幸雄グループの社員が一丸となり事前準備から当日の運営まで行っておりますが、私にとって普段経験できないことを経験できる貴重な場です。社内での電話応対ではお客様のお声を聴くことはできますが、直接お会いできるオープンワールドを私自身も毎年楽しみにしておりました。
 さて2日目のことですが、開演時間3分前に高輪会場に来られたお客様がいらっしゃいました。その方は新高輪会場で行われる五日市剛さんの講演をお聴きになるためにご来場されたのですが、場所を間違えてしまわれたようでした。時間も迫っていましたので直接会場入り口までご案内したのですが、途中で船井会長とすれ違うことができたのです。
 お客様は「こんな間近で船井さんの顔が見られるなんて、遅刻したけど今日はツイてるわ」とニコニコ顔。私もお客様の笑顔に接することができ嬉しくなりました。これも必要必然ベストなのかな〜と感じた出来事でした。9日の会長の講演での、「オープンワールドは今回で終わりにする」との発言には皆様も驚かれたと思いますが、私も驚きました。でもきっと違う形で皆様とお会いできることができると思っています。その時は皆様により楽しんでいただけるよう心がけたいと思っています。


1周目:「やっぱり笑顔」
2周目:「必然・必要・ベスト」
3周目:「必要必然ベスト (テーマ:私が好きな船井会長の言葉)」

バックナンバー
2005.10.31: 〜ちっさい秋の喜び〜 (テーマ:船井流つつみこみ)
2005.10.28: 人の心をつかむには (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.10.27: 船井会長の笑顔 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.26: 伝えることの難しさ (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.10.25: 営業先で感じた船井会長の影響力 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.24: またまた『必要・必然・ベスト』  (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.21: 本当の落としこみってなに? (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2005.10.20: 妥協せず、こだわり過ぎず (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.10.19: 船井会長の誰も真似できないすごさ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.18: 第4回船井幸雄オ―プンワールドを終えて (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.17: 船井流の船井本舗 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.14: オープンワールド (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.13: 私的日経新聞の読み方 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.12: 捨てる紙(神)あれば・・・ (テーマ:船井会長に伝えたいエピソード)
2005.10.11: 「私が強く影響を受けた船井会長の言葉」そして「私からみた船井幸雄」
2005.10.07: 船井会長が推薦する本を読んでの感想 (コミック「ユダヤ人大富豪の教え」)
2005.10.06: 船井会長からの「赤」入れ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2005.10.05: コツ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2005.10.04: 船井幸雄とその仲間たちのメッセージをプチ・ブックに! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2005.10.03: いまお伝えしたいこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note