船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
変化のとき (テーマ:船井会長から、教わったことを思い出して、感じたこと)
2006.10.13(Fri)
社名:(株)船井本社 秘書室(兼)管理室
名前:重冨 嘉代子

 みな様 こんにちは。
 過日(9月30日〜10月1日)行われた「にんげんクラブミーティング」に大勢の方のご参加をいただき、ありがとうございました。スタッフ一同心よりお礼申し上げます。

 講師の先生方のご講演内容からは、「この時代の流れ(変化)の速さを実感している。そのスピードは、これからますます加速されていくだろう」と、テーマを超えて異口同音に伝えられました。
 船井会長も、その早さを実感していると廻りのスタッフに(にんげんクラブホームページ「船井流秘書室メンバーから、こんなことありました」9月28日)伝えていた矢先でしたので私は、驚きとともに、いまがまさにその時にあるのだと実感しました。
 世界の変化につれて、日本のそれも加速され、めまぐるしいときにいることを実感しないではいられません。

 メディアを賑わしていたさなかのIT企業のトップの突然の逮捕や、前首相の靖国神社参拝問題、皇室の慶事、新首相の就任など、ここ数ヶ月間にビッグニュースが続くなか、「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」かのように、メディアの話題の中心や先端は、次から次へと移り変わります。

 歴史の節目となるような、これらのニュースさえも、駆け足で表面だけを報道されていくように感じるのは、私だけでしょうか。
 ワンクリックで世界をみることを可能にした、インターネット時代故のことなのでしょうか。

 私は、その変化のなかに自分を置かずに流されずに生きたいと、最近特に思うようになりました。立ち止まったり、振り返りみることは、その逆風をうけることにもなり、息苦しく感じます。不安に駆られないわけではありませんが、取り残された自分が最後に守りたいもの知りたいものは、何なのかをみつめたくなってきたのです。
 物質面では、満たされた私たちの社会。その本質を支えるものは、一体何なのだろうと、豊かさにふやけてしまった自分を振り返るようになりました。

 数日前に、「こころを癒す音楽を伝える」ミュージシャンの岡野弘幹さんに、お話を伺う機会がありました。
 岡野さんは、「僕たちがこの地球に(生きて)いられることを、もっともっと感謝しなければいけないと思う。地球・日本・この国土に住み、生かされていることを大切に思う心を、伝えたい。」
「森の奥でのコンサート活動は、音楽を自然の中で体感してもらうだけでなく、失われていく森、日本の神(精霊)の宿る森の現実を見て欲しいから。」
 「ゴミを出さない仕組み《ディッシュリユースやバイオディーゼル利用》のコンサート活動をしているのも、一人ひとりが物質社会の現実を客観視するきっかけを、体感してほしいから」と、この地球の一員として次世代へのバトン渡しをしたいと、話されました。

 船井会長は、「自然には、ムダなものは、ひとつもないのだよ」と、話します。「自然は、美」だと。
 この大きな変化の時代にあって、駆け足で伝えられ、過去へと流され、消えていく後に残るものは、「自然」なのだと、教わった気がします。ムダなものが取り除かれたあとには、「美」が残り、「自然」に支えられたルールと本質が、私にも見えるようになるのかもしれません。
 「自然」に生かされていることへの感謝とともに、すなおに謙虚に生きることで、ふやけていない元の自分に還りたいと願ったところです。


1周目:「いつかきっと、笑顔のプレゼントを・・・。」
2周目:「2日間にわたる研修会、ありがとうございました。」
3周目:「自由にシンプルに (テーマ:私からみた船井幸雄)」
4周目:「捨てる紙(神)あれば・・・ (テーマ:船井会長に伝えたいエピソード)」
5周目:「好きなことを大切に (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)」
6周目:「心を伝えあう強さ(テーマ:私からみた船井幸雄)」
7周目:「会長新著から、『謙虚に自然体で』」
8周目:「自慢は、しないほうがいい (テーマ:船井会長から学んだこと)」

バックナンバー
2006.10.31: “柔軟さ”は“若さ”の源!? (テーマ:船井会長から学んだこと)
2006.10.30: 仲間 (テーマ:船井幸雄グループに入った一番感動したこと)
2006.10.27: 「いろいろあったが、いい一日だった」 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.10.26: 船井流「注意の仕方」 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.10.25: 縁と出会い (テーマ:社員からみた船井幸雄)
2006.10.24: ゆくゆくは会長もベジタリアンに? (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.10.23: もの想う秋 〜会長からの学び〜 (テーマ:船井会長から学んだこと)
2006.10.20: 謙虚さを意識する
2006.10.19: 自分次第・工夫次第 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.10.18: 船井会長とトイレでの出来事 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.10.17: お客様と共有できる喜び・感動・感激 (テーマ:船井幸雄グループに入って一番感動したこと)
2006.10.16: 船井会長は全国区 (テーマ:船井幸雄グループに入って一番感動したこと)
2006.10.13: 変化のとき (テーマ:船井会長から、教わったことを思い出して、感じたこと)
2006.10.12: 私の健康法 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.10.11: 船井幸雄の魔性を次世代に伝えたい! (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.10.10: 第三回にんげんくらぶミーティングにてお客様から学んだこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.10.06: Funai★Mediaを読んで (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.10.05: 船井会長のすごさ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.10.04: 感謝して生きる (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.10.03: 『こころ』のイップク (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.10.02: 秋の訪れから。。。♪ (テーマ:船井会長から学んだこと)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note