photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2011年5月26日
「真の思いやり」は、心にひびく。最近の日本政府は、かなり狂っている。

 今年3月14日、私は草加市立病院で左下あご骨の緊急手術をしました。執刀医は、同病院矢田浩章口腔外科科長でした。
 何人もの口腔外科医に断られた中で、彼一人が引きうけてくれたのです。ところが手術前に突然に東電の計画停電があり、レントゲンもCTも撮れない中での3時間余の手術となりました。
 それらの詳細は拙著『本物の生き方』(5月20日から書店に並んでいます)に記しましたが、私と矢田浩章博士の信頼関係が、手術を成功に導いたのだと思います。彼は用心深い慎重な人なので、生命をかけて手術に臨(のぞ)んだと言っていました。その気持が私に伝わってきたので、私は絶対に大丈夫と思って安心して彼に委せました。「真の思いやり」とか「気持」は、相手に必ず伝わるものです。
 ところで、矢田さんと私の親しい歯科医師に平澤裕之さんがいます。
 大阪市の南部、住吉大社の近くの我孫子道駅のすぐ近くの超繁盛中の平澤歯科医院の院長です。
 この平澤裕之さんの弟さんが、日本一の整体師(?)といわれている平沢伸彦さんです。この人は平沢整骨院の院長ですが、兄弟が背中合わせで開業しています。
 お2人とも腕はたしかというので、ともに超繁盛しています。私も時々お2人にお世話になります。
 と言いますのは、お2人とも「真の思いやり」の心で患者に接してくれるからで、その客志向の姿勢のすばらしさが私のような不粋な人間にもよく分るからです。
 矢田さんといい、平沢さん兄弟といい、私の住居の熱海からは遠くて、そんなに常にお世話になれませんが、いい人たちと親しくなれたと喜んでいます。ちなみに草加市立病院の電話は048−946−2200、平澤歯科医院は06−6678−2418、平沢整骨院は06−6674−6855です。このように心の底から患者のことを思ってくれる医療関係者は少ないので、彼らは貴重な存在のように思います(いま、日本で一番変な人種は役人と医療関係者だと私は思っています。一般に客志向のしない人たちだからです)。
 こんなことを急に書いたのは、5月24日の仙台での私の久しぶりの講演会(口内の調子が万全でないのでしばらく話していませんでした)に当って、5月19日に、「もしよければ、5月22日に熱海へ行って5月24日のための口内のケアをしますよ」と平澤歯科医師から連絡をもらったからです。ブログなどで、この講演会のことは、多くの人が知っているもようです。そして、5月22日には、熱海まで来てくれました。
 超満員の謝恩セミナーで、うまく話せるかな……と心配していた時だけに非常に嬉しかったのです。
 それと、あと一つきょうこの一文を書きたくなった理由があります。
 それは、いま日本では急速に自由がなくなっていることへの危機感です。
 東電は、株主や融資先の金融機関よりも、福島第一原発事故のため、はっきりと国家管理になったようなものです。
 社員は誇りを失ない、企業としての自由な活動は一切できなくなり、これから利益も出ず、成長も見込みないでしょう。潰れた方がよいような企業になったと言ってもいいと思います。中部電力も浜岡を停止させられ、実情としては国家管理になったようです。最近出たばかりの鬼塚英昭著『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』(成甲書房刊)ではないですが、もともと国家が「シークレット・ガバメント」の意を受けて造ったと思われるのが原発です。だから仕方がないんだ……とも言えますが、自由の抑圧は企業活動にとって最悪の状態を引きおこします。そして政官が中心になって企業などの運営をはじめると、非効率で早ければ半年、おそくとも2年くらいで企業成長はストップします。
 というのは、ほとんどの官僚や政治家は、法や規則を友とし、制約することしか能がないからです。
 彼らはいかにして徴税するかということと、国民や企業の自由を減少させることしか考えられない人です。特に日本は官愚、政愚の国ですし、彼らの上層部は「思いやりの心」や「思いやりの気持」を持たない人たちが99%以上とも思われるのです。
 汗水流して自ら稼ぎ、そこから税金を払い、しかも客を大事にし、客にアタマをさげ、自分で責任をとることなどを全くというほどしたことのない人々がいま日本でのさばりはじめています。
 こうなると、おもしろいことに自主、自助を忘れ、多くの国民が「お上だのみ」になります。
 悪循環もいいところです。
 いままでの電力会社には多くの非がありました。いまもあります。
 しかし、つぶれてもいいから、彼らに自主的に経営を委せるしか、彼らも目がさめないと思うのです。
 いよいよ3.11大震災で、日本では原発はつくれなくなるだろうし、資本主義もダメになるな……と、思わざるをえないので、ついここではよけいなことを書きました。
 いま一番大事なのは、日本人が自主、自助で立ちなおることです。そのためには国民のそれぞれの生き方を、できるだけ自由にすることです。
 日本人は本質的に「和」=「思いやり」の心を持っており、仕事に生命もかけられますし、責任感も強い人たちの集合体です。ただし自由ならばです。
 それは矢田さんや平沢さん兄弟と少しでも付きあえば分ると思います。
 政府よ、官僚や、政治家よ、あなたたちの思考と行動方法を、この辺で考えなおしてください。
 介入はできれば何もしないのがベストです。福島原発20km内でもです。
 そのかわり「思いやり」と「生命がけ」で国民と付きあってください。
 日本人は優秀です。
 特に大衆は放りっぱなしにされればされるほど、すばらしさを発揮します。
 そのことも充分に知っておいてください。敗戦から日本人は立ちなおったのですから。よろしく。
                                           =以上=

バックナンバー
2011.05.30:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】エクストリーム・サバイバー
2011.05.26:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】「真の思いやり」は、心にひびく。最近の日本政府は、かなり狂っている。
2011.05.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ちょっと気になるカミンチュさんとアルゲインさんの話し
2011.05.19:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】池田整治さん(元陸将補)からのお手紙
2011.05.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】浜岡原発全基を停止
2011.05.12:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】マスメディアの世論調査は恣意的。信用できない。また原発は低コストではない。
2011.05.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】日本人よ、目を覚ましてください
2011.05.06:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】信用できないマスメディアの世論調査
2011.05.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】人類支配者の正体
本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター