photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2011年5月9日
日本人よ、目を覚ましてください

 先月2日から21日にかけて一冊の原稿を書いていましたが、それが『本物の生き方』として今月20日すぎに海竜社から発刊され書店に並びます。
 以下はその目次です。この本ははじめ『「人間としての正しいあり方」と「宇宙の原理」』という題名で出版しようと書きはじめたのですが、初校後、題名を分りやすい『本物の生き方』に変更することにしたのです。目次も変りました。以下のとおりです。それは4月26日のことでした。もう再校も終りました。

【本物の生き方 目次】
『本物の生き方』
=3.11震災の地震、津波、放射能のトリプルピンチもこれで乗り越えられる=

はじめに 日本人は「本物の生き方」ができる

まえがき 日本人は必ず蘇る

第1章 トリプルピンチは乗り越えられる。2011年3月11日の東日本大震災で教えられたこと

 @ここ20年全く無能だった政治家と官僚。日本は「政愚と官愚の国」だ。
 Aトップが無能でも運営できた国から、有能なトップの国に日本は変ろうとしつつあるようだ。
 Bトリプルピンチは日本人の良さ、大衆の力、使命感、道徳心などのすばらしさを世界中に知らせたようだ。
 Cいまは変革期に入ったばかり。福島原発事故はマクロには心配不要だが、当面多くのむつかしいことが起きるだろう。
 D日本は雛形(ひながた)の国。この大難を小難に、日本人の「和の心」でしなければならない。

第2章 「宇宙の原理」に従った「人間の正しいあり方」が『本物の生き方』
 @人間は何よりも自由が大好き。自由を大事にしよう。
 A差別はやめよう。人間は人として、すべて平等なはずだ。
 B世のため人のためになることを親身でやろう。悪口や批判は、できればやめよう。
 C競争はやめよう。その代わり、よい人脈をつくろう。
 D働こう、学ぼう、経験しよう。悩もう。そして知恵を出し惜しみなく与えよう。

第3章 「宇宙の原理」と「あの世」と「この世」のしくみ
 @宇宙は「サムシング・グレート(創造主?)」の意志でできたようだ。
 A人間は知恵ある存在。どんなことがあっても人を殺したり、キズつけてはならない。
 B「あの世」と「この世」の仕組みは、このようになっている。
 C生成発展の方向は「美化」そして「善化」。宇宙で起こるすべての事象は「必要、必然、ベストになる」ようにできている。
 D「人類」はサムシング・グレートの傑作。「神」とは別の種類の存在のように思われる。やがて人類は「神」より進化する可能性があるようだ。

第4章 ここ数年中に知った「特に大事」と思えること
 @東日本大震災は人工地震と言えそうだ。
 A人類は独立した存在になったようだ。これからは自助努力し、よい地球づくりに邁進しなければならない。
 B生と死の本当の関係と、この世の役割がはっきりしてきた。いまは知りたいことや真実も早く分る時代だ。
 C真実についての勉強会が人気。いまこそ人々は真実を求めている。
 D日本人には大事な役割がありそうだ。

第5章 「真実情報」を知るうえに、「予測のプロ」として、いま言いたいこと
 @中国は日本と仲よくやっていくだろう。また覇権国にもならないだろう。
 A気になる会社は日本経済新聞社と三菱東京UFJ銀行。客志向がほとんどないように思われる。
 B同質だが、信念を持ち、異質の研究をしている人と本音の付きあいをしよう。
 C日本の大衆は賢明。ブログのアクセス数や文章の反応に私は反省中。
 D人気の秘密はやはり本音。本音で付きあい、本音で生きよう

あとがき 日本人よ、目を覚まそう(目次ここまで)


 5月4日に同書の「あとがき」を書きました。
 つぎに紹介するのは「あとがき」の全文です。

あとがき
日本人よ、目を覚まそう


 私は、いつも「結論ばかりを言う」「読む人や聞く人のための親切さが足りない」と、家内や周辺の人々から注意されております。時間をかけますと、説得でき、納得してもらえると確信のあることしか言ったり書いたりはしないようにしているのですが、たしかに「結論だけ言う人間だ」と反省しております。
 しかし本書では、その反省のうえにたって、私としましては、分りやすく納得してもらえるように努力して(?)書いたと思っています。というより、自分の最近のブログの発信文や、その他の必要文章の引用なども行い、私としては、これ以上ていねいに説明できないというような本を創りました。珍しいことです。
 それは、3.11大震災を通じて、いまこそ日本人に目ざめてほしいと痛切に思っているからです。
 いま再校を終り全文を読み返しますと、もっと親切に書くべきだったとも思います。とはいえ、本書の中で紹介しました高橋洋一著『官愚の国』(祥伝社刊)とか、百田尚樹著『永遠の0(ゼロ)』(講談社刊)や、私が以前から参考にしています太田龍著『地球の支配者は爬虫類人的異星人である』(成甲書房刊)、佐藤愛子著『日本人の一大事』(海竜社刊、のちに集英社文庫)などの著作は、できれば読んでほしいと思っています。また本書「はじめに」の中で記しました副島隆彦さんやベンジャミン・フルフォードさんのブログ、そして、私が絶えず参考にしていたと書いた二冊の本、さらに『ザ・フナイ』の2011年5月号と6月号をお読みいただきたいのです。そのうえ、4月に入ってからの『船井幸雄.com』で私が発信した文章も一読していただけますと、私が何を言いたくて、本書を短い日時で書き下ろしたのかが読者にも充分にお分りになってもらえると思うのです。時間がありましたら、ぜひよろしく。
 それらの本書のポイントは、つぎの二つになります。
 まず一つめです。日本人は、世界でも珍しく「お人よし」で「性善説発想」、そして「和」を大事にし、自然を主にして「自然との一体化」を大事にする民族です。陰謀、策略は大の苦手です。
 それに対して、世界の人々の常識は「性悪説発想」そして「エゴこそ大事」「自然を征服するのが人間の役割」と考えているようですし、「競争は善」であり、「陰謀、策略は賢者の必要欠くべからざるもの」という発想で生きているようです。
 なぜ、このようなことになったのかは、太田龍さんと私の共著『日本人が知らない「人類支配者」の正体』(2007年10月、ビジネス社刊)を読んでもらいますと、ほぼお分りいただけると思います。
 ともかく、私は、この日本人の生き方を『本物の生き方=「宇宙の原理」に従い「人間としての正しいあり方」に則った生き方』と考えています。ありがたいことに、日本人は、もっとも「本物の生き方」のできる人たちだと思うのです。
 それを3.11大震災を機に、日本人に自覚してもらいたくて本書を書きました。
 二つめは、しかし「日本人はいま狙われているようだ」ということを知ってほしかったのです。
 「闇の勢力」という存在はやはりいたようです。「聖書の暗号」にあるように、その本体は地球域から去ったようですが、いまもその残滓がアメリカやヨーロッパを本拠に、「お人よしの国」である日本を狙っているように思われます。
 3.11大震災は、彼らからの人工地震兵器での攻撃であった可能性が高いと思われます。ベンジャミン・フルフォードさんや飛鳥昭雄さんのこの意見は無視できません。
 『ザ・フナイ』の2011年6月号の原稿がいま集まりはじめています。その中で「正しい情報通」と言っていい飛鳥昭雄さんは「緊急報道」として『東日本沖で「地震兵器」炸裂―放火魔&救世主を演じ分けるアメリカ』という題で彼なりの情報と分析を長文の記事で書いてきました。本書の出た直後くらいに『ザ・フナイ』の2011年6月号は発刊されますから、ぜひ御一読ください。
 アメリカ人の一般人は、ほとんど好い人です。しかしリーダーやアメリカという国のやることは要注意だと思います。発表されることを100%そのまま受けとれないのは残念です。オサマ・ビンラディンの件も同様です。
 それらに気づかないのか気づいても脅しに弱く、完全にアメリカに従っているのが、菅政権であり、官愚・政愚の国の日本のいまのリーダー層のように思えるのです。
 私は飛鳥さんの文を100%信じるわけではありませんが、80%以上は信じられると思います。ぜひ賢明なる日本人として、読者にそれらのことを認識して、目覚めてほしいのです。
 そして日本人として『本物の生き方』をしながら、よい日本、よい世界づくりのために立ち上がってほしいとの思いで本書を書きあげました。
 ともかく、今後の正しい方向と生き方を示しているという「日月神示」の内容と、最近、特に1980年代からの日本や世界の状態があまりにも酷似しています。びっくりさせられます。3.11大震災以降のことも同様に思えるのです。
 同書で書かれているこれから到来すると思われる日本の大難を、どうしても小難にしなければなりませんし、われわれは闇の勢力の残滓たちを上手に包みこまねばなりません。できれば中矢伸一さんの『「魂の叡智」日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』(徳間書店刊)を読んで、それとフルフォードさんや飛鳥さんの文章とを照合してみてください。あまりにも一致しているのにびっくりされるでしょう。さいごに一言。日本の国債がこれから危険なようです。気をつけてください。
 以上、日本の賢明な皆さまに強い期待をしまして本書の「あとがき」といたします。


                          2011年5月4日
                             自宅書斎で  船井幸雄(転載ここまで)


 この本は、情報通であり、予測のプロである私が、やむにやまえない気持で書き下した350ページにもおよぶ大著です。それでも本体価格は多分1700円になると思います。
 できることなら御一読ください。
 なお、『ザ・フナイ』5月号と6月号もぜひお読みください。よろしく。
                                          =以上=

バックナンバー
2011.05.30:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】エクストリーム・サバイバー
2011.05.26:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】「真の思いやり」は、心にひびく。最近の日本政府は、かなり狂っている。
2011.05.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ちょっと気になるカミンチュさんとアルゲインさんの話し
2011.05.19:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】池田整治さん(元陸将補)からのお手紙
2011.05.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】浜岡原発全基を停止
2011.05.12:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】マスメディアの世論調査は恣意的。信用できない。また原発は低コストではない。
2011.05.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】日本人よ、目を覚ましてください
2011.05.06:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】信用できないマスメディアの世論調査
2011.05.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】人類支配者の正体
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note