photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2012年12月17日
これからの中国はどうなるか?

 先週のアメリカについての今後の予測につづいて、きょうはこれからの中国について予測してみたいと思います。先週も書きましたように、未来は分らないのが常識なので、予測はしない方がいいのですが、読者の御要望が多いので、あえて少ない情報、知識をもとに、私の直感、常識をつなぎ合わせて予測してみます。

 中国は共産党の一党独裁政治形態をとっていますが、これは13億人強もの人口をかかえ、10%前後の経済成長を続けないとどうにもならない中国の現状からみて、やむを得ない制度だと思います。先進国型民主主義ではムリでしょう。
 ただ、資本、エネルギーをできるだけ保持するために強引とも思える膨張政策を取らざるをえない中国は、いままでとちがって、経済面だけでなく、政治面でいやおうなく、今度はアメリカと正面から向きあわざるを得なくなるでしょう。アメリカとのいままでの「戦略的パートナーシップ」はもう破綻に追いこまれざるをえないと思います。
 そして、それには尖閣を含む日本との関係も表面化せざるをえないと思われます。それは決して芳しいことではありません。
 国内の貧富の差、政界(共産党内)の勢力争い、それに地方政界の腐敗も高まり、年間異動数20万件と言われる数字は、減ることはなさそうです。
 思想や自由の抑圧のための戦略、国民の意向を一致させるための「愛国無罪」の考え方による対日強硬策は、多少の経済犠牲を払っても引っこめるわけにはいかないでしょう。日本にとっては、イヤな国になりそうです。
 このような内外ともにむつかしい時に、習近平政権が発足しましたが、その国家運営能力は今のところは分りません。が、日本には強く当ってくるだろうし、ナショナリズムを強めることだけはまちがいないでしょう。それしか策がないはずです。
 他国からみると、有無を言わさぬ領土領海侵略などですが、これは相手国が日本やアメリカの場合は簡単に通用しないので、小さな摩擦が猛火になる可能性もありますし、台湾を巡ってアメリカとはいやおうなく正面衝突にならざるをえないということも考えられます。
 習主席とオバマ大統領がどう考え、どのような思想の持ち主であっても、ともに自国の国益を考えて動かざるを得ないから、これはやむをえないと思います。
 その上、習近平主席の近辺は、胡錦濤前主席よりも江沢民元国家主席のいわゆる上海閥というか太子党の人数が多いようですし、それが習主席の政権ポイントのような気もします。
 日本にはきびしく接してくるし、ナショナリズムは強くなってくるでしょう。偉人で万事を包みこめたケ小平、そしてどちらかといえば融和的だった胡錦濤時代とは、かなり日中間の様子が変わると考えておいた方がよいと思います。
 私は、中国を豊かにし、経済成長の礎を造ったのは「先富論」を実践したケ小平という偉人だったと思います。
 彼は苦労人であっただけに、尖閣などの争いになりそうなところにはわざと首をつっこみませんでした。
 毛沢東に付き従わねばならなかった彼が、本質的に毛沢東と合わず、2度の失脚から奇跡的に復帰したケ小平には、それだけの人徳と役割があったのだと思います。いや正しくは、4人組にも追われましたから、3度の失脚から奇跡的に彼は復帰したのです。
 周恩来、ケ小平、そして胡錦濤が国際的にも信用のできる中国を築いたと思うのですが、これからどうなるかは、胡錦濤のこれからのがんばり具合と、やはり習近平の人となり、成熟度によるだろうと思います。
 13億人という中国人全体よりも世界中の目が注がれているのが、これからの中国です。
 ともかく習近平に強く期待しておきましょう。ついでに去っていった胡錦濤にも。
 それはそれとして、アメリカを含めて、いままでの世界を真に動かしてきた勢力は、@中国と日本の衝突も、 A中国とアメリカの衝突も、 Bさらには中国の経済的成長、 Cそしてナショナリズムの強化も、わが意を得たりと思っているでしょう。
 彼らは大きな資本拡大、もっと分りやすくいえば「お金」を目的に動きます。そして将来まで見て、もっとも有利な支配のプロセスを大目標にかなり長期的な動きをするのが常識です。
 この常識からみると、日本のように内向きの政治、政策の国よりも、中国のように、はっきり動きが分り、外向き、前向きの政策や政治を行う国の方が御しやすいと思っているでしょう。要は、お金です。それはスクラップ アンド ビルドで成り立つのです。
 それは、きょうの儲けから最近は限りある資源の争奪と支配に向っています。
 アメリカと日本を含むその同盟国は、今後いやおうなく対中包囲網を強化し、中国軍の力を強化し、とりあえずアジアを常に即発状態にせざるをえないでしょう。
 また中国資本が世界に拡大することや中国の経済覇権の拡大などは、資本的にはむしろ歓迎されると思われます。
 ここでむつかしいのは、相対する勢力間で、先に戦争に訴えた方が敗者になるのも分っていることです。そのことを習近平主席は充分に知っていると思いますが、より大きな見えない敵が相手だけに、中国の舵取りは大変だと思います。
 基本的には、リーダーが欲を求めて欲の奴隷になるか、欲を包みこんで欲を上手に制御し、国民にその考え方を徹底させるかしかないわけだと思います。
 そういう意味で、前者の道を走りがちに見えますが、ひょっとすると中国には4000−5000年の知恵と歴史があり、賢明な後者の途を選ぶチャンスもあります。
 いずれにしても今年から10年の中国は、おおいに注目に価すると思います。
 日本人としては、できるだけ欲を制し、賢明に生きてほしいと望むことが大事です。
 というのは、中国のナショナリズム化に比例して日本でもナショナリズム化するからです。歴史的に日本も政治的には中国に後ろを見せられないのです。
 しかし、いまのところ、決めては中国の出方にかかっていると思います。一方、科学や武器は発達の一途を辿っています。地震兵器、気象兵器など、おそろしいことです。何でもありという状態です。
 一方、地球も宇宙も、人類にこれ以上の愚かさを許してくれないでしょう。
 大天変地異がおこる可能性も50%くらいはあります。
 そのキーをにぎっているのが、いまのところアメリカと中国のように思います。
 もっと良識と人智をマクロに両国の指導者に働かせてほしいと望み、このHPで2週間つづけた、アメリカと中国の今後についての私見はこの辺で一まず終ろうと思います。
                                           =以上=

バックナンバー
2012.12.31:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】今年2012年の総括
2012.12.24:【いま、お奨めしたい本】今年に読んで本当に参考になった3冊の本
2012.12.17:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】これからの中国はどうなるか?
2012.12.10:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】これからのアメリカはどうなるか。
2012.12.03:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】この会合には行ってみよう
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note