photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2015年4月20日
本物商品 (※舩井勝仁執筆)

 桜もあっという間に葉桜になってしまいました。先日、妻と2人で日光にプチ旅行をしてきたのですが、日光の桜は満開を過ぎていましたが、まだまだ楽しめましたので、車窓からあでやかな桜が見られて、しばし心癒されました。そして、久しぶりに生体エネルギー研究所のある長野県東御市に行って来たのですが、こちらはちょうど桜が満開でした。普段だと4月末ぐらいが見頃だったと思うので、変な天気が続いていますが、総じてみると温暖化が続いているのでしょうか。

 先週、熱海に行った時は、山の上の方では「なごり雪」が降っていたようですし、長野でも突然の雷雨で気温も急に下がってびっくりしましたが、ただでさえ気温の差が激しいこの時期、異常気象が続くこともあって、風邪をひいていたり、またいまいち活力が出ないという方も多いと思います。
 五月病とは、新しい環境になじめない人だけがかかるのではなく、ある日突然、普通にできていたことが億劫になるというようにあらわれることもあるような気がします。
 そういう時はあんまりがんばらないで、じっくりと自分を見つめる機会にしてもいいのかもしれません。

 本物研究所の社長を務める義弟の佐野浩一が「脳の栄養失調状態」という言葉を教えてくれました。

◆最近本を読むのが億劫になってきた。
◆なんとなくカラダがだるい。
◆目がかすむ。
◆やる気がでない。
◆集中できない
◆肌につやが無くなってきた
◆勉強しても覚えられない
◆物忘れがひどい
◆落ち着かない
◆イライラする

 などと感じていらっしゃる方は「脳の栄養失調状態」といえるかもしれません。
 「脳の栄養失調状態」は、ストレスによって脳内のリン脂質(レシチン)成分が不足したり、ビタミン・ミネラル不足からくる栄養のアンバランス、そしてその結果からくる脳内ホルモンのアンバランスが原因として考えられています。
 本物研究所で取り扱っている 「あなたの幸せサプリ plus K(プラス ケイ)」は、そんなアンバランスを整えてくれて、幸せな気持ちにしてくれるということで早速しばらく試してみました。
 私自身は、ストレスを感じない心身つくりを長年命題にしていますので、心の不安定なところにアプローチしたというよりは、集中力が高まった、(年のせいか)人の名前が思い出せないということが減った……といった現象が見られました。時間の使い方に弾力性が増したようでうれしい限りです。佐野に報告しましたら、この「plus K」認知症の方にも喜んでいただいていると話していました(「plus K」グミタイプ「plus K」生ゼリータイプ)。

 もう一つ、身体と心にいい商品で思い出すのは、「長命草」です。昨今、グループ会社のイリアールが運営している「ほんものや」でダントツに出足がいい商品だそうです。
 鹿児島の方言で「命草(ぬちぐすい)」とよばれる長命草、エビデンスとして、

「長命草の動脈硬化抑制」「長命草の血小板凝集抑制」
「長命草のむくみ改善」「長命草の抗がん」
「長命草の抗肥満」「長命草の抗酸化」

 などの英語での論文も出ています。やはり父・舩井幸雄がよく言っていたほんものは全方位にアプローチすることがよくわかる現象です。長命草は高齢の親に贈ったら、とても気に入って、その後リピートしたというご愛用者の声がとても多い商品です。そろそろ母の日、父の日がありますが、プレゼントに喜んでいただけると思います。

 ご関心のある方は、それぞれ本物研究所イリアールまでお問い合わせください。

 余談ですが、本物研究所は、13年間黒字を続けている会社です。父・舩井幸雄が存命中にこのコラム欄でバランスシートを公開したこともあります(「舩井幸雄のいま知らせたいこと」2013年6月24日「本物研究所」)。
 改めて記事を読んでみるとアベノミクスに対して否定的だった父の思いが現在の状況から見ると外れているように思えますが、安倍総理もがんばっていらっしゃいますが、本当に豊かになる必要がある弱い人たちにアベノミクスはあまり恩恵を与えていないという問題点はあるかもしれません。
 そして、この2013年6月のコラムですが、本物研究所に対する父の熱い思いが伝わってきます。ここで紹介しているように、本物研究所は創業以来ずっと黒字経営を続けています。少し懺悔すると、私も船井総研時代に本物商品に関わる子会社の経営に関与して大きな失敗をしたことがありますし、実は父はこの本物分野だけは懲りずに何度も挑戦しては大きな赤字を作って撤退するということを繰り返していました。

 いまから考えるとそれは時代が早すぎたのかもしれませんが、私立の中高一貫教育の教員から転職してきた佐野には本物研究所の経営は荷が重いだろう、きっと失敗するだろうとみんなが思って出発をしました。しかし、佐野以下、本物研究所の社員は社会貢献の志にあつく、まだまだ進取の気性で成長する会社なので一度も赤字にならないという奇跡(?)の経営をしてくれているのです。
 こんな症状で悩んでいる、こんな用途に適した商品はないか、などのお問い合わせにも、きちんとお答えしますし一緒に本物商品の普及を手伝ってくださる販売店の募集もしていますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。
                                            =以上=

バックナンバー
2015.04.27:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】日本のウォーレン・バフェット (※舩井勝仁執筆)
2015.04.20:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】本物商品 (※舩井勝仁執筆)
2015.04.13:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】戦争の原因 (※舩井勝仁執筆)
2015.04.06:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】心の武装解除 (※舩井勝仁執筆)
大差がつく!超一流の情報収集術 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com