photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2019年3月4日
あなたが知らないあなたの話 (※舩井勝仁執筆)

 残念ながら米朝合意には至らず、やっぱり世界は混沌としています。もしかしたら、朝鮮戦争の終結宣言が出されるのではないかという希望もありましたが、物事は徐々にしか進んでいかないということかもしれません。それでも、ザ・フナイに連載を書いてくださっている、片桐勇治先生のおっしゃる世界構造が変化していく方向に物事は歴史の流れとして進んでいくのは間違いないと思いますので、大きなトレンドはしっかりと頭に入れておきたいと思います。
 相場の方は、アメリカでは米朝首脳会議の話題よりは、トランプ大統領の元顧問弁護士の下院の公聴会での虚偽発言に注目が集まっており、いわばトランプ大統領のスキャンダルに国民は釘付けになっている状態のようです。世界の覇権国がそんな状態でいいのかなあと思ってしまいますが、それが庶民のバランス感覚なのかもしれません。世界は急には変わりませんが、それでも、大きな方向に向けて着実に進んでいる流れだけをしっかりと感じていればいいと思います。
 そんなこともあり、相場は世界中で、弱含みで進んでいます。ただ、ここに来て、中国の株式が回復傾向にあることは注目しておきたいと思っています。米中貿易戦争は、結構アメリカにも大きな痛手を強いることになるということが意識されてきて、トランプ大統領であっても手を緩めなければいけないのではという見方が広がってきているように感じます。アメリカは平成に入ってからの日本を経済的に徹底的に叩き続けたように、これからは中国を叩き続けることになるとは思いますが、こちらもやっぱり急激には結果は出てこず、徐々に進んでいくのかもしれません。
 日本は、せっかく米中が叩き合ってくれるのなら、しっかりとそのスキに自分のポジションを整えて行くのが大事なのだと思います。残念ながら政府や大企業などは、国際情勢の中でできることは限られていると思いますので、個々人がしっかりと稼ぐ意識を持って、少なくとも米中と競い合うスタートラインに日本が立つためには、自分は何ができるだろうという意識を持ち始めることが大切なのかもしれません。

 ここでお詫びなのですが、2月から始まる予定でした清水義久先生のセミナーは、清水先生の体調不良のため全回中止になりました。詳細につきましては、にんげんクラブのサイトのトップページにアップさせていただきました。清水先生の講座を受けると、あそこまで本質的なことをお知りになるためには、どれだけの努力をされているのだろうといつも感じます。体調に問題が来るまで本質を究めたということだと思いますので、いまは一刻も早いご回復を待ちたいと思いますので、ご了解いただければと存じます。
 父の教えを講演や発信物で伝えてくださる方は数多くいらっしゃいましたが、清水先生は「舩井先生の完全コピーを体得しているのは世界には私だけです」と常々おっしゃっていましたので、楽しみにしてくださっていた方も多く、今回は大変残念に思います。お申込みくださっていた方には心からお詫び申し上げます。
 私の方は、3月20日に京都のウエスティンホテルで開催される小林芙蓉先生の「水鏡3000人の祈りの祭典」が近づき、久しぶりの大規模イベントに少し胸躍らせております。揮毫、奉納コンサート、トークショーと「詰め込んで、詰め込んで」プログラムもゲストも玉手箱のような豪華さで、意識の覚醒の時間から、超プロの演奏家、舞踊家の方々のライブは一見の価値ありです。
 私は、日本を代表する少女漫画家の美内すずえ先生と芙蓉先生との鼎談のナビゲートで登壇させていただきます。「ガラスの仮面」がお好きな方にもいらしていただきたいので宣伝をお願いできたら幸いです。

 『あなたが知らないあなたの話』(徳間書店)という本を知人に勧められて読みましたら、新幹線の東京大阪間で夢中になって読み切ってしまいました。「今ここ塾」の阿部敏郎さんと人気の雲黒斎さんの共著です。広告代理店に勤めていた雲黒斎(うんこくさい)さんはハードワークの末に、うつ病になりました。セロトニン欠乏記憶障害を治療する薬を飲んだところ、霊的な目覚めを体験し守護霊と話ができるようになったそうです。
 星野源さんを思わせる優しい笑顔のたいへん柔和な方で、女性ファンも多いのですが、私はこの方の「自我」への視点が興味深く、何冊か著書を読んでいました。「自我」を見つめなおすということは、私の長年のライフワークである高次元の追求にも近いものがあります。
 3次元の世界に生きている私たちは、自他の認識のもと日々生活しています。葛藤や制約の次元です。自他を手放せると2次元の認識になるのですが、「他」を手放すより、「自」を見つめる方が、早いと最近考えていた私にとってタイムリーな1冊でした。原因(手段)を求めず、ダイレクトに結果(目的)を求めるということばが印象的でした。先ほども書きましたように、とても読みやすい本ですので、紹介させていただきました。
                                            =以上=

バックナンバー
2019.03.25:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】歩くパワースポット (※舩井勝仁執筆)
2019.03.18:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】イシキカイカク (※舩井勝仁執筆)
2019.03.11:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】静かな中心 (※舩井勝仁執筆)
2019.03.04:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】あなたが知らないあなたの話 (※舩井勝仁執筆)
7/13 吉野内聖一郎氏&半田広宣氏 福岡特別講演会 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター