photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2020年3月16日
舩井幸雄の魂が今語りかけてきたこと (※舩井勝仁執筆)

 いよいよ心配していたWHO(世界保健機関)によるパンデミック(広範囲に及ぶ流行病)宣言が出ました。当初は東アジアの地域的な問題と思われていた感染が、ヨーロッパやアメリカ、それに中東などで爆発的に感染したことで、金融相場が大暴落しています。非常時は、やはり現金が一番大事です。日本企業は借金を返済して手元流動性を厚くしてきていますので、いまこそ有効にその現金を持っている強さを発揮すればいいと思います。このパニックがいつ治まるかは分かりませんが、危機を乗り切るモードに転換することが大事だと思います。
 短期的には大ピンチですが、ここを耐え切れば日本にとってはチャンスになる可能性もたくさんあります。日本の大きな輸出入構造を考えると、製造業の輸出は大きく伸びる状況ではありませんので円高による痛みよりも、原油価格の急落と共にエネルギーの輸入価格が下がるのは悪い事ではありません。インバウンドが見込めなくなるのは大変大きな痛手ですが、それで稼いでいる人は頭の切り替えをなるべく早くして、新しい道を模索された方がいいと思います。
 中国がサプライチェーンの中心になっている産業は、今回のコロナショックで中国リスクが改めて強烈に感じられたことで東南アジアや日本にそれが移っていく可能性が高くなりました。中国とは仲良くしていけばいいと思いますが、今回の対応を見ていてもやはり民主国家ではないリスク(もちろん対応が早いなどのメリットもありますが・・・、)は感じますので、それが少なくても表面上は民主国(選挙で政権が選択されるという意味)である東南アジアに移るのはリスクが大幅に軽減されることになると思います。
 欧米の投機家が主体の金融市場もある意味では、彼らの力が小さくなるきっかけになるかもしれません。一度、調整した上で、今度は日本人が世界で一番持っている個人マネーが日本の相場を動かす主役になれば一番いいと思います。かなりの頭の切り替えが必要ですし、今回の暴落で大勢の投資家が損失を受けたことが気がかりではありますが、この大暴落が終わった時が最大のチャンスだということをしっかりとお伝えしていきたいと思います。
 もちろん、もっと徹底的に暴落してしまうリスクもあります。ただ、何とか上手く今回のパニックが1年程度で収まればその時がチャンスだと思っていますので、抜け目なくクレバーに状況を見極めていただければと思います。

 様々な自粛が世界的に広がっています。これ以上の感染が広がる事態を回避することは何よりの最優先事項ですが、自国ファーストではなく世界が力を合わせて危機を乗り越えることが大切に思われます。こちらのコラムではできるだけ有用な情報をお伝えしたいと思っていますが、「舩井さんはなにかコロナ対策をしておられますか」との質問や問い合わせがあります。人に迷惑をかけない程度の感染対策を日々怠らないで、規則正しい生活を心がけ、そして事前に約束していた会食などには、店にキャンセルは心苦しいので出かけるようにしています。
 そして、こんな時に頼りになるのは、舩井幸雄が最も信頼していた矢山クリニックの矢山利彦先生です。矢山先生の果敢で熱心な研究実験マインドにはいつも頭が下がりますが、先生と本物研究所の佐野浩一社長、そして私との共著「舩井幸雄の魂が今語りかけてきたこと あらゆる悩みを包み込み、希望を現実化させるヒント」(ヒカルランド)の中で、シャボン玉石けんを喉のあたりに擦り付け、しばらく洗い流さないようにするだけで、ウイルスを強くブロックし、インフルエンザ防止になると教えてくださいました。
 外から泡立った石鹸を擦り付けるだけで・・・とは、斬新な予防法だと思いましたが、本書を読んだ周りの人はすぐに試してみて「喉のイガイガが取れました!」や「風邪のひき始めは漢方など飲んでいましたが、今や我が家では、シャボン玉石けんでみんなトラブル知らずです」などの体験が多数寄せられたのには驚いて、私も浴室にはシャボン玉石鹸を常備するようになりました。
 今回の、コロナ対策は矢山クリニックのSNSで多数読むことができます。アメーバブログ、Facebook. Twitter、Instagram、そしてLINEと充実しています。矢山クリニックで検索するとすぐにURLやアカウントはでてくると思いますので、ぜひご覧ください。
 矢山先生が1番注目されているのはイソジンマスク。コロナ対策には、ウイルスを吸い込む量を少しでも減らすこと、ウイルスが体に入って粘膜に炎症起こしたサインを見逃さずに「鼻うがい」「60℃うがい」「イソジンを入れた60℃うがい」が有効だと、矢山先生はおっしゃいます。これを効率的にしたのが、イソジンマスクです。とても丁寧に図解で説明してありますので、ぜひ矢山先生のところのサイトをご覧ください。
 矢山クリニックは、全く病院の空気や匂いがせず、ご飯が最高に美味しくて、患者でなくても滞在したいと思わせる空間です。ちょっと先生のところに行ってゆっくりしたくなりました。
                                             =以上=

バックナンバー
2020.03.30:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】幸せな小金持ち (※舩井勝仁執筆)
2020.03.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】断食の神様 (※舩井勝仁執筆)
2020.03.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】舩井幸雄の魂が今語りかけてきたこと (※舩井勝仁執筆)
2020.03.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ゆるしの法則 (※舩井勝仁執筆)
2020.03.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】なんくるないさ (※舩井勝仁執筆)
プレ・マスメディアには載らない情報パート2〜パンドラの箱は開けられた〜 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター