photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2020年9月14日
Gコンセプト (※舩井勝仁執筆)

 アメリカのハイテク株の調整が止まりません。先週は単なる調整であり、心配することはないのではないかと書きましたが、どうも単なる調整では終わりそうにはありません。詳細が理解できているわけではありませんが、今回の急落の原因はソフトバンクグループのファンドによるオプション取引だったようです。数千億円という利益を上げたようですが、それが原因でアップルや特にテスラなど異様に上げていたハイテク株の下落が止まらなくなったようです。
 影響は思わぬところにも出ているようです。最近、キャッシュレス取引を一生懸命使っています。私の持っているキャッシュレスでは東京のタクシーは使えない場合が多いのですが、地方に行くと大体OKで、出張の時のタクシー代や飲食店もだんだん使える店が増えています。先日、ZOOMでの異業種交流会に参加したら、私が使っているキャッシュレス取引の会社の営業の人がいて、店舗にとってはクレジットカードに比べると負担が少ないQRコードを使ったキャッシュレス取引のメリットを話していらっしゃいました。
 使用する立場で考えると、メリットのひとつが使用した金額の微々たる割合ではありますが、キャッシュバックをしてくれる機能があるところです。知り合いの若い人で、あらゆるキャッシュレス決済取引を使いこなして、日常生活のほとんどの支払いを済ませている強者もいます。財布を開くのは、イメージ的には週に1度ぐらいの割合になるそうです。そして、そうして集めたキャッシュバックを自動的に投資運用に回せる機能がついていて、私はどうせもらったものなので、面白半分にそれを使ってみています。
 私の使っているサービスでは100万人以上の人が加入していると宣伝していましたが、仕組みは自動的に投資信託を買うようになっているのだと思います。アメリカのハイテク株が急落する前は5%ぐらいの運用益が出ている瞬間もありましたが、いまはかろうじてプラスにはなっていますが、ほぼゼロの運用益になってしまいました。いまの時代、何も指定しないで運用をするということは、アメリカのハイテク株を買っていることになるのだなということも実感で分かりました。
 ちょっと皮肉なのは、私が使っているサービスを運用しているのがソフトバンクグループの提供しているサービスであること。私の場合で、たかだか数百円のキャッシュバックですので、100万人いても運用額はたいしたことはないと思いますが、自社の個人客を犠牲にして大口出資者のファンドを大切にする構造は金融機関がよくやる手に似ていると感じてしまうのは、考え過ぎでしょうか。
 ちょっと思い出すのは2006年のライブドア事件。堀江貴文さんが証券取引法違反で逮捕された事件ですが、それまでの日本の株式相場は一種のバブルの様相を呈していましたが、これをきっかけに下落傾向が顕著になり、それが2008年のリーマンショックで決定的になったと個人的には感じています。今回のソフトバンクショックも、2〜3年後にあからさまに暴落するようになって、実はあれが相場の転換のきっかけだったと言われるようになるのかもしれません。

 少し前から、ビジネスプロデューサーであり、神道家の道幸龍現さんのトランプゲームのGコンセプトの会に参加させていただいています。Gコンセプトとは特長として、一人勝ちではなく、皆で力を合わせて行うカードゲームです。数多くの名だたる企業の研修から、小学校では「絆ゲーム」という名称で活動に取り入れている学校が全国徐々に増えているとのこと、この「絆」というキーワードほど、このゲームの本質を表している単語はないと感じます。
 道幸さんの右腕でありインストラクターのチーフである一ノ瀬さんが「このゲームをする意義は、競争力から共生力へ、そして共創力です」とおっしゃっていて、この「共創力」ほど、これからのニューノーマルな時代の規範になるワードもないのではと感じました。
 このゲームをしていくと、攻めの人、守りの人、そんなに単純でもなくて終始落ち着いているように見えて、最後の一手で振り回されてしまう人、ずっと飄々とムードメーカーでいてくれつつ、手はロジカルなものを感じさせる人、いろいろな性格が見えてきます。
 しかし、自分と向き合う時間が濃く、人を品定めしている暇はありません。同じ場の人と全力で力を合わせてゴールするために頭と心はフル回転です。
 これほどまでに「いまここ」で自分が最大限、何ができるかということを突き詰めて考える時間を持つのは、人生で初めての経験のような気がします。そして、ゲーム後の懇親の場では、まるで力を合わせてともに汗を流したスポーツの同志のような気分でお話できるのが最高です。前述のように、幼少時代からこのゲームに触れるのは値千金だと感じています。
 新しい時代を生き残るためには、集合意識の存在を意識できるようになることが有効だと思います。それに見事に応えてくるGコンセプトを一度体験していただければと思います。
                                            =以上=

バックナンバー
2020.09.28:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】2021年の開運に向けて (※舩井勝仁執筆)
2020.09.21:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】円高の足音 (※舩井勝仁執筆)
2020.09.14:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】Gコンセプト (※舩井勝仁執筆)
2020.09.07:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】生命(いのち) (※舩井勝仁執筆)
塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com