トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2007年7月13日
小さな「すぐれもの」

 7月の3日に小川健一さんという昭和2年生まれの方が私を訪ねていらっしゃいました。私の友人の紹介ですが、初対面でした。
 一見すると60才前後にしか見えません。目も裸眼で近くも遠くもよく見えるということですし、耳も正常なようです。髪の毛も黒々していますし、お話しも、まったく理路整然。その若さにびっくりしました。
 彼は立体印刷技術の第一人者として二十年くらい前から世界的に有名な人だったようですが、おいしいコーヒーを飲ませてくれる人としても有名な人だったそうです。
 ともかく多芸の人ですが、彼が自ら発明した部屋の空気をきれいにする空気清浄器と、だれでもすぐ睡りに入れ、よく眠れるシーツを使っている間に、目や耳がよくなり、アタマがクリアになり、髪の毛も黒々し、若返った(?)というのです。
 お話しをきき、また、小川さんと学生時代から親しく、コーヒーを飲みにかよったという私の友人の証言をきき、往年の関英男先生を思い出し、楽しい一刻をすごしました。
 現在、小川さんは、日本セラピュアという会社の社長をしています。私は、関先生は「洗心」と「両手ふり運動」で、重力波がカラダの近くに集るから、健康になり、健常になる、と確信されて若返られたのだと思っていますが、この小川さんは、近代科学的発想の塊のような人で、近代科学的証明のできないことは、信用されない人のようでした。
 それで「どうしてでしょうか? 私のつくったものは、だれにでも、いままで長年、若がえり効果があるようなのです。実例が多くあります。それとクレームが一つもないのです。それについて、船井先生に御意見を聞きにきたのです」ということでした。
 とりあえずシーツを1枚いただき、ベッドに敷きました。
 「あっ」という間に眠ってしまったようで、寝起き感もよかったのですが、私自身、いつもベッドに入れば一分間内に眠りますし、目がさめたらいつもとびおき、仕事をはじめられる体質ですから、これだけでは効果ははっきりしません。不眠症の人に試用してもらうべきですね。
 ところで7月の6日に、空気清浄器の「セラピュア」が、私宅に届きました。さっそく使用しましたが、部屋の気の変るのが、体感できました。
 私宅は、カベ、床、天井のほとんどに桐を使い、熱海の山中の「気」のいい家なのですが、それでもさらに、よりよくなるのを体感し、びっくりしました(私は気について詳しいだけに、気を体感で分る能力が30年くらい前からあります)。
 このセラピュアの説明書には、つぎのような文章が書かれていました。

魔法のような空気工房
快適に。清潔に。健康に。
CERAPURE

あっ、この感じ。
澄んだ空気、知っていますか?


健康を守るために必要なのは、からだによい空気です。セラピュアは直径16センチの小さなボディから、澄みきった空気をお部屋に送り続けてくれます。大きなボディは、もう必要ありません。インテリアとして、どこに置いてもぴったりくるコンパクトなデザインと、新開発のセラミックカートリッジの優れた性能。空気の汚れを確実にキャッチし、安全な空気にします。驚くほどの集塵・脱臭効果の実現により、21世紀の空気清浄機をつくり上げました。快適空間、セラピュアで(転載ここまで)。


 ともかく、小さな「すぐれもの」にびっくりしました。
 詳しく知りたい方はFAX03−3925−7176まで問い合せてみてください。
                                            =以上=

バックナンバー
2007.07.30:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2007年7月22日〜7月28日)の主な行動と主として感じたこと
2007.07.27:【先週のびっくりより】警告の意味が分り出した
2007.07.25:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】人の思いや、やる気は大事
2007.07.23:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2007年7月15日〜7月21日)の主な行動と主として感じたこと
2007.07.20:【先週のびっくりより】求道家の説明に納得させられた
2007.07.18:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】過去をすべて肯定で考えよう
2007.07.16:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2007年7月8日〜7月14日)の主な行動と主として感じたこと
2007.07.13:【先週のびっくりより】小さな「すぐれもの」
2007.07.11:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】「船井総研の幹部研修会」での講演レジュメ
2007.07.09:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2007年7月1日〜7月7日)の主な行動と主として感じたこと
2007.07.06:【先週のびっくりより】究極の波動探査装置、現われる
2007.07.04:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】大転換の始まり
2007.07.02:【主な行動と主として感じたこと】船井幸雄の先週(2007年6月24日〜6月30日)の主な行動と主として感じたこと
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note