船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
自然の恵みに上手に手をかける (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.4.23(Thu)
社名:(株)船井本社 秘書室
名前:藤原 かおり

 皆さんこんにちは。駅から会社までの道沿いにハナミズキやツツジが咲き、見ているだけで爽やかな気分にさせてくれます。皆さまいかがお過ごしでしょうか。『船井幸雄.com』担当の藤原です。 

 さて、今年の2月に(株)船井メディアの企画ではじまった、“経済予測の超プロ”の金融マン、朝倉慶さんが行う『朝倉慶の21世紀塾』というものがあります。その中で、毎月だいたい2回発行している『Kレポート 〜経済の羅針盤〜』というレポートがあるのですが、私はそのレポートの編集を担当させていただいています。
 そのため最近、朝倉さんのレポートを精読する機会が増えたのですが、読めば読むほどいまのアメリカを中心とした世界経済の実情がどれほど大変なものかを知ることができます。デリバティブを中心に借金の額は天文学的に膨らみ続け、いまにも破裂しそうな経済バブル。その崩壊をなんとか食い止めるために、アメリカも日本もまさに後先を考えない、場当たり的なやり方でなんとかその場をしのいでいるに過ぎない現状を朝倉さんは鋭く解き明かします。
 その現状を知ると私自身「いったいこの先、世界はどうなってしまうのだろうか…」と、ちょっと戸惑ってしまいます。そんな時にちょうど目にとまり、爽やかな気分にさせてくれた文章があるので紹介させていただきます。

 それは、経済アナリストの藤原直哉さんが毎週発行しているレポート『藤原直哉のワールドレポート』(669号 09年4月15日号)の中の文章です(このレポートは会社で皆に配ってくれるのです)。

 モノの価値のほとんどすべては自然からの恵みです。農作物はもちろんのこと、工業製品でもその素材が本来持っている性質を上手に組み合わせたものですし、サービス業でも人が自然に持つ能力を磨いて商品にしたものです。ですから価値というものは自然の恵みに人がいかに上手に手をかけるかで決まるものであり、自然の恵みを排除した経済学は根本的にまちがっていると思います。そして上手な手のかけ方というのは手をかけすぎず、かけなさすぎずというところにあり、本来持っている自然からもらった力をギリギリまで発揮できるように手をかけるのが最高の手のかけ方ということになります。20世紀は見た目さえ良ければよいという部分の多い時代でしたが、21世紀は本物の時代です。ということはどんなものでも自然の恵みを十二分に発揮させないと認められないということです。とにかく現代人の生活は何事も本物に接する機会が非常に少ないという状況です。ですから大人も子どももできるだけ意識して本物に接する機会を持つことです。
                       (中略)
 自然の恵みに上手に手をかけると、すばらしい価値が生まれてくる、それが昔も今も未来も変わらぬこの世の真理なのです。そしてどこに向けて手をかけるか、それは自分自身の未来に対する展望、ビジョンが決めるのです。くれぐれもマスコミで世の中の様子をうかがって、周囲に自分を合わせないほうが良いと思います。たいていの場合、マスコミが扇動する大衆行動は悲劇に終ります。扇動された大衆行動には乗らない実力を自分自身が持つことが、21世紀社会で元気よく生きる第一歩だと思ってください。今回ばかりは本当に一人一人が本物になっていかないと、未来を創ることができないのです(転載ここまで)。

 
 いかがでしょうか。最近なんとなく迷いのあった自分に、一つの方向性を示してくれたように感じました。そういえば最近、自然に触れる機会が少なかった気がします。やっぱり自然の持つエネルギーはすごいものがあるな〜と、しみじみ感じます。

 ちなみに朝倉慶さんの『Kレポート 〜経済の羅針盤〜』と、藤原直哉さんの『ワールドレポート』の両方とも船井会長は経済情報としてとても参考にしています。オススメの経済情報だと思います。また朝倉さんは、5月に新刊『恐慌第2幕』(ゴマブックス刊)を発売されます。ぜひお読みください。


1周目:「「損な役割」って・・・? (テーマ:船井会長から学んだこと)」
2周目:「ノドの痛みとみろくの世 (テーマ:私からみた船井幸雄)」
3周目:「コミュニケーションについて思うこと (テーマ:船井会長から学んだこと)」
4周目:「自宅のお風呂がイヤシロチに! (テーマ:私が最近ビックリしたこと)」
5周目:「誰をも否定しない (テーマ:私からみた船井幸雄)」
6周目:「口の中から構造改革 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
7周目:「オープンワールドでの“気づき” (テーマ:仕事をしていて感動したこと)」
8周目:「ゲームを作れる人間になる (テーマ:私が最近感動したこと)」
9周目:「簡単に“自然の理”に従う方法 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
10周目:「『国家の経営 企業の経営』を読んで (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
11周目:「“日月神示”でダイエット!? (テーマ:私が最近ビックリしたこと)」
12周目:「脂肪か筋肉か? (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
13周目:「映画『闇の子供たち』と「この世のしくみ」 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
14周目:「「小さなすぐれもの」の力 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
15周目:「「あの世」が変わってきているらしい (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
16周目:「おもてなしの極意 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
17周目:「最近出会った“本物” (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」

バックナンバー
2009.04.28: ロシア発のドキュメンタリー映画“水” (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.27: 上海自動車モーターショーに思う (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.24: 受け容れる (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.23: 自然の恵みに上手に手をかける (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.9.4:  
2009.04.21: 『カメ流』 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.04.20: 春に思うこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.17: スモールベースボールの可能性 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.16: あした来る鬼だけが、ホント (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.15: 『銀座一のブスママが明かすビジネス成功法則』 (テーマ:私が最近読んでオススメしたい本)
2009.04.14: とってもシンプル (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.04.13: 成功法則は科学的に証明できるのか? (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.04.10: 新しい風 〜新入社員の入社式で感じたこと〜 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.09: 『天使と悪魔』 〜本を読んで実感した学びの成果:頭の中の映画館〜 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.04.08: 何事にも感謝 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2009.04.07: 仕事で感動したこと (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2009.04.06: 健康豆知識「乳酸菌」について (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.03: 『社長が知らない秘密の仕組み』(テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.04.02: ポジティブ人間になろう (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.04.01: フィオーラについて (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note