photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2011年6月16日
日本経済新聞社と三菱東京UFJ銀行のことを、なぜ「要注意会社」と書いたのか?

 先月(今年2011年5月)末に発刊された拙著『本物の生き方』(海竜社刊)の第5章「「真実情報」を知ってる「予測のプロ」としていま言いたいこと」の第2項で、268ページから289ページを割いて「日本経済新聞社と三菱東京UFJ銀行は、客志向がほとんどないように思われる」という題名のもと、いま日本の代表的な新聞社と銀行について、具体的事例をあげて、「このようなことをするムチャな会社だ」と説明しました。
 それにつきまして読者から「だれが見ても有力なこの二つの会社のことを悪意(?)で書くのは船井先生らしくない。あのようなことは書かないでください」というお手紙を10通以上ちょうだいしました。御意見はよく分ります。
 そこで、少し説明を付加したく思い、きょうはペンを走らせています。そんな意図で書いたのではないのです。
 私は、悪口を書いたわけではありません。事実を書いただけです。しかもまちがってはいけないので、私自身と両社間で起きたことを実例にしました。
 前社については、出版社や広告代理店にかなりの数の証人がいます。
 後社につきましても、三菱東京UFJ銀行内にも同行のライバル行や私の周辺に何人もの証人がいます。
 私は両社に注意をうながしたのです。多分、両社ともトップ層は知らないことだと思うからです。しかも、第一線が、平気でこんなバカげたことをしているからです。
日本経済新聞の場合は、『「聖書の暗号」の大事なポイント』という2010年9月11日に市場に出た私の本の広告を同社が拒絶したことを書いたものです。
 何百冊もの拙著中、これははじめてのことであり、その後の拙著については、また同社の広告に何冊か出ています。
 急に同社から「この本の広告は出せない」と言われたのは、変なことで、なぜか広告を載せる予定の一日前に「載せられない」と言ってきて、理由にならないような変な理由を広告代理店と出版社を通じて私に伝えてきました。それはこの拙著内に「ベンジャミン・フルフォードさんと太田龍さんのことを書いているからだ」というのです。
 この二人とも、私とは親しい人です(太田さんは故人ですから、親しい人でした)。 二人とも立派な情報人で、広告に出していけないようなことを言ったり、書いたり、常にやっているような人とはどうしても思えません。
 
 一方の三菱東京UFJ銀行は、過去50年もお世話になってきた三和銀行以来の深い付きあいの銀行です。
 それが、どう考えても私に対して理不尽なことを2008年10月に同行は行なったのです。
 その大要は前記の拙著に書いたとおりです。あれを読むだけでだれでも分るはずです。
 その後、いまだに一言も同行からはアイサツはありません。
 その時は、私とは個人的には何の関係もない大阪にある同行の船井総研の担当部門の責任者から何回も平謝りの電話をもらいました。この部門が私の個人についても担当だというのです。もちろん私が取り引きしていたのは、同行三田支店で、この大阪の部門とは私は何の関係もありません。
 船井総研を私は2003年3月28日で辞めましたので、大株主ではありますが、それ以上の関係は特に船井総研と私の間にはありません。
 しかし「なぜですか?」という私の質問に「理由は当行内のことで言えないのです。ご勘弁ください」と同行の大阪の担当責任者は繰り返すだけでした。
 どうしてなのかは、どうしても私は腑におちないのです。
 ともかく私は、このようなことを、そのまま放りっぱなしにできない性格なのです。
 今度の拙著に書いたことで返事がなければ、同行のトップに、これから直接返事を求める予定でいます。たのしみにしています。
 そういう意味で拙著『本物の生き方』内に記したのです。
 いずれにしても、日本を代表する両社のために、これらはあってはならないことです。それだけに読者も充分に拙著をお読みいただいて、私の言いたいことを充分にお知りください。そして両社に対しては注意してお付きあいください。
 ともかく両社に日本の代表的企業なるが故に、本物の生き方をしてほしく書いた文章であり、両社の悪口は一言も書いておりません。
 また、こんなことは言論人としての私の役割のような気もします。
 よろしく読者の皆さまもご了解くださいますよう、お願いいたしておきます。
                                          =以上=


※『船井幸雄.com』事務局よりのご注意:上記の船井幸雄の発信文は、6月16日に一旦アップしましたが、諸事情があり、6月22日に一部削除させていただいた箇所があります。その理由については、6月23日のこの『船井幸雄のいま知らせたいこと』ページでお知らせしております。どうぞご了承の程、よろしくお願いします。


★★船井幸雄よりのお知らせ★★
〜よろしければ、7月10日 バイオレゾナンス医学会にいきませんか〜

「7月10日にバイオレゾナンス医学会が東京 代々木で開催されます。これは値うちがあると思います。一つの大きな時流を知る意味でも、ぜひ案内状(←詳細はここをクリック)を読んで、ご参加されることをお奨めします。
 ドイツでは実用化されて効果をあげているバイオレゾナンス療法は、日本では矢山利彦さん平澤裕之さん(大阪の歯科医)がもっとも詳しいのです。分りやすくいえば、波動医学です。
 私もかなり詳しい方です。パウル・シュミット式の日本語訳のマニュアル本を1冊入手する金額で参加できます。よろしければぜひどうぞ。   船井幸雄」
★7月10日にバイオレゾナンス医学会についての詳細はコチラをクリック★

バックナンバー
2011.06.30:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】仙台は明るかった
2011.06.27:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】3.11以降に気づいた正しい上手な生き方
2011.06.23:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】病気に朗報、量子医学を知ろう
2011.06.20:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】3.11震災で世の中は、このように変りそうだ
2011.06.16:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】日本経済新聞社と三菱東京UFJ銀行のことを、なぜ「要注意会社」と書いたのか?
2011.06.13:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】3.11大震災の本当の理由
2011.06.09:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】マントラはなぜ効くのか? よいマントラを活用しよう。
2011.06.06:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】『にんげんクラブ』という正しい世の中をつくるクラブの会員になろう。―希望を持って理想社会のひな型をつくろう
2011.06.02:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】『本物の生き方』と『「包みこみ」と「確信」が今後の決め手』は兄弟本
成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター