photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2011年6月20日
3.11震災で世の中は、このように変りそうだ

 人間は、特殊な才能を持つ一部の人を除いて、将来のことは分らない存在です。だから予測や予言はするべきではない……というのが賢明な人の常識です。さらに、それにこだわるからです。
 とはいえ、将来のことが分らないはずのふつうの人間である私は永年、将来のことが分らねばならない仕事をしてきました。
 経営者業、経営コンサルタントを業としてきたからです。
 経営者としては、失敗しても自分で責任をとればよいのですが、経営コンサルタントは、将来を読みちがいますと、クライアントに迷惑をおよぼします。責任をとってもそれで終りというわけにはいきません。まちがうわけにはいかない仕事だったのです。
 私は1956年からコンサルタント業をはじめたのですが、1967年までは、予測ちがいで、まちがいの多い経営コンサルタントでした。ただクライアントに大企業が多く、潰れるようなことが無かったので、ことなきを得てきたのです。
 ところが1965年ころから、中小企業にまでクライアントの範囲が拡がってきましたので、65−67年、多くの中小零細企業をアドバイスミスで、潰したり潰しかけました。大変でした。
 クライアントには日々の生活がかかっていますから、どれくらい悩んだか知れません。
 しかし67年の半ばころからは、アドバイスに失敗が無くなったのです。
 それから2003年に船井総研の代表者を辞め、経営コンサルタントを業としなくなるまで、約15000社、数万件の経営アドバイスをしてきましたが、失敗は皆無といってもいいようなのです。
 その理由は、「経営のコツ」とともに「予測のコツ」を知ったからだと思います。もちろん、引きうけた経営コンサルティングにつきましては、どんなことにも生命がけで対応しました。これが成功の条件の第一です。
 その予測のコツを活用して『予測はしない方がよいのだが?』(仮題)という本の原稿を、今月になってから書きはじめました。
 6月中には、ほぼ脱稿しますので、8月中に「学研パブリッシング」から発刊できると思っています。
 サブタイトルは、「予測のプロが見る「これから10年余の世の中」」とでもしようかと思っております。
 ところで、なぜ私の予測が過去40年余、90数%以上も的中したかは同書内に書きましたので、それを読んで参考にしてもらうとしまして、私は3.11大震災で、「世の中は大きく様変りした」と考えています。
 これも予測の一種だと思いますので、いま、「このように変ったようだ」と思うことを簡単にきょうは述べたいと思います。読者に参考にしてもらえると思うからです。

(A)日本を含めて世界のいまのリーダー層には、原発推進派が多いのですが、多分、これからは原発はつくれなくなっていくでしょう。
 安全の点、低価格でない点などで、一般大衆の反対が急速に強くなると思えるからです。

(B)「いまだけ、自分だけ、お金だけが何より大事だ」といういままでの世相も日本から変りはじめ、世界に急速に波及するようになるだろうと思います。いままでの考え方は「真の自然の理」に反するからです。
 それとともに、過去数万年、地球人を把えていた陰謀、策略、脅しなどによる暗黒の人類への統治時代も消えていくでしょう。人類は新しい時代に3.11で入ったようです。

(C)拡大、成長を基本とした物やお金のmore & more を追求する時代も終りを告げそうです。はっきりいえば資本主義はこれから急速に崩潰に向かって進むと思われます。 今後は、社会システム自体が変り、具体的には企業の経営目標なども急変するでしょう。はっきり言って今後は、ムダを少なくし、節約時代に入りそうです。

(D)自助、自主の風潮が強まり、互助というか地域共同体的なものが社会運営の主体になって来そうな予感がします。グローバリズムは消えるでしょう。

(E)日本は雛形の国として、世界に先がけた動きをはじめるでしょう。放射能をコントロールする技術、あらゆる病気を克服する技術などが出てきて、それらは技術革新に裏うちされ、それらによりまして世界のリーダーシップをにぎるように思います。
 多分、世界戦争などは、おこせない時代になっていくと思います。


 主な点は以上のようなことですが、これらはいままでの流れの逆で、多くの常識に反することばかりです。
 が、未来予測のプロとして、私はあらゆる情報と自分の経験と勘から、以上のように思えてならないのです。
 そして多分、ここで私の書いた以上のことは90%以上は実現すると思えてなりません。その意味で、3.11大震災は、世の中を大きく変えるきっかけとなったように思います。
 これから10年くらい、ここに書いたことを参考に、読者も世の中の動きをじっくりと御観察ください。
                                           =以上=


★★船井幸雄よりのお知らせ★★
『世界でもっとも入りたい5つの会社』(6月26日 李白社刊、フォレスト出版発売)
の拙著が、加藤鉱さんの取材記事とともに6月18日ごろから、書店に並びました。
 オタフクソース、河野メリクロン、めいらくグループ、ウチヤマグループ、シモジマの5社の私の大好きな優良会社を詳しく紹介しています。
 詳しくは7月に入ってからこのホームページで紹介しますが、ぜひご参考になさってください。
                  【ご購入はこちらから承り中】

●〜よろしければ、7月10日 バイオレゾナンス医学会にいきませんか〜
「7月10日にバイオレゾナンス医学会が東京 代々木で開催されます。これは値うちがあると思います。一つの大きな時流を知る意味でも、ぜひ案内状(←詳細はここをクリック)を読んで、ご参加されることをお奨めします。
 ドイツでは実用化されて効果をあげているバイオレゾナンス療法は、日本では矢山利彦さん平澤裕之さん(大阪の歯科医)がもっとも詳しいのです。分りやすくいえば、波動医学です。
 私もかなり詳しい方です。パウル・シュミット式の日本語訳のマニュアル本を1冊入手する金額で参加できます。よろしければぜひどうぞ。   船井幸雄」
★7月10日にバイオレゾナンス医学会についての詳細はコチラをクリック★

バックナンバー
2011.06.30:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】仙台は明るかった
2011.06.27:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】3.11以降に気づいた正しい上手な生き方
2011.06.23:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】病気に朗報、量子医学を知ろう
2011.06.20:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】3.11震災で世の中は、このように変りそうだ
2011.06.16:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】日本経済新聞社と三菱東京UFJ銀行のことを、なぜ「要注意会社」と書いたのか?
2011.06.13:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】3.11大震災の本当の理由
2011.06.09:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】マントラはなぜ効くのか? よいマントラを活用しよう。
2011.06.06:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】『にんげんクラブ』という正しい世の中をつくるクラブの会員になろう。―希望を持って理想社会のひな型をつくろう
2011.06.02:【船井幸雄が、いま読者に一番知ってほしいこと】『本物の生き方』と『「包みこみ」と「確信」が今後の決め手』は兄弟本
7/13 吉野内聖一郎氏&半田広宣氏 福岡特別講演会 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター