photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2016年10月17日
お金は誰かの借金で作られている (※舩井勝仁執筆)

 15日、16日の舩井フォーラムではありがとうございました。実は、この原稿を書いているのは金曜日なので、さっきまで最後の講演で何を話すかを考えていました。
 父の新刊『法則』がサンマーク出版の植木社長のご厚意と舩井幸雄記念館理事長の佐野浩一の監修で舩井フォーラムに合わせて出版されることになっています。一足早く読ませていただいたのですが、父は書くことは得意だったけど、話すことは苦手だった。でも、話すことも書くことと同じだということが分かってから得意になったと書いています。(ちなみに、波動の分かる人に本を見せたところ、今までの舩井先生の本の中で一番波動が高いとおっしゃっていました。)

 それを読んで、実は私も同じだと思いました。私も書くのはなぜか最初からそれほど苦痛はなかったのですが、話すのは実はいまでも緊張します。しばらくは、あんまり気にしないことにしていたのですが、今回の舩井フォーラムは何を話すのか考えていて眠れないぐらいになっています。『法則』を読んでいて、得意な書くことからはじめて講演すればいいのだと気がついたので、ここで一番大事なポイントだと思っている来年の経済がどうなるかについて考察をしていきたいと思います。
 来週からは、舩井フォーラムでの話も書いていきたいと思いますが、本日は恐縮ですが事前準備にお付き合いください。

 ところで、先週辺りから一気に冷え込み、咳込んだり、熱を出している方もちらほら見受けられる模様です。女性の服装が変わると街の風景が一気に変わるから不思議なものですね。若い時は、「風邪なんか気合でひかない」と決めていましたが、歳を重ねるとだんだんそう言い切れないのはつらいところです。
 こう寒暖のアップダウンが激しいと、就寝時の寝具や、日中の着るものに困るところではありますが、冷えを防ぐためには。身体の「首」とついているところ(「首」、「手首」、「足首」)を徹底的に温めるのが良いと東洋医学の先生に教えてもらいました。マフラー(おしゃれで巻いている女性の姿も目立ちますね)はまだ早いですが、寝るときは首になにかゆったりと巻いておくとずいぶん目覚めが違います。
 あとは疲れをためないことだと私自身痛感しています。積極的にとりたいものとしては、父の時代から「カリカセラピ」はいつも傍らに置いているなくてはならないものです。父も、疲れが溜まりそうなときは、先手を打って多めに飲んでいました。私は最近、本物研究所がリリースした「クロガリンダ」も飲んでいますが、私には効き目がありそうです。辛い風邪をひくと、咳が長引いたりしてどんどん体力が奪われますので、お互いできるだけ予防に努めましょう。

 本題に入って、まずは今週のマーケットですが、原油相場が上がる気配があります。OPECの非公式会合における原油減産合意に加え、ロシアも減産に追随するという構えをみせています。また、全世界で注目のアメリカの大統領選では数々のスキャンダルが出てきてトランプが負ける流れと報道されています。私はまだ分からないと思っていますが、エリート層が必死になってトランプ大統領だけは阻止しようとなっているのは間違いありません。さらに、FRBの12月の利上げが行われるというコンセンサスが出てきているので基本的にはドル高円安の方向なので、当面は日経株価の17,000円超えに向けての勢いが続くかどうかを見守っていきたいと思っています。
 加えて、金(ゴールド)が下がってきていることからも目が離せません。1トロイオンス当たり1,400ドルに迫っていたところから1,250ドル前後までの下落を見ていると、副島隆彦先生の言う「金殺し」を当局は必至で実行しているようにも思えます。今こそ、副島隆彦先生が一貫しておっしゃっている「金を買いなさい」の時期が来ているのかな(?)とも思います。副島先生は最近、『ヒラリーを逮捕、投獄せよ』という本まで出されていますので、この戦いの行方の鍵は米大統領選が握っているのかもしれません。

 舩井フォーラムに先駆けて発売された私とはせくらみゆきさんの共著『NEW MONEY THEORY お金は5次元の生き物です! まったく新しい付き合い方を始めよう』(ヒカルランド)は、お金への不安と恐怖に日々さいなまれている方には、ぜひ読んでいただきたい1冊です。お金と時間、次元の関係をまったく新しい視点からはせくらさんと2人、徹底的に読み解きました。お金のエネルギーの本質にもかなり迫った内容になっていると思います。

 以前からこのコラムでもご紹介している新進気鋭の物理学者、周藤丞治さんも対談に参加してくれました。「船井さんの近年の著作の中でも、圧倒的に熱量を感じますね」と感想を言ってくれた人がいますが、まさに自分でもそう思っています。それに、自分でびっくりしているのですが、はせくらさんに見事に私の本音が引き出されてしまいました。
 例えば、いまの金融の制度上、いま流通しているお金はすべて誰かの借金でできていることを話しているのですが、ここまでは今までも話していました。でも、つい口を滑らせて、それが日本国があれだけ多くの国債を発行している理由だということまで話してしまいました。バブル崩壊後、日本では企業も個人も借金をしなくなったので、一番大切なニューマネーの供給を政府の借金に依存するしか方法がなかったというのが、私の結論です。間違いないと思っていますが、誰も言っていないことなので発表するのはまだ早いのかなと思っていました。
 ここまで原稿を書いて、おかげで大分考えもまとまってきました。話す内容をこれ以上、ここで書くのはルール違反なのでこれぐらいにしておきますが、信用創造という視点で考察を深めていきたいと思います。お付き合い、ありがとうございました。
                                            =以上=

バックナンバー
2016.10.31:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】和平さんの教え (※舩井勝仁執筆)
2016.10.24:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】舩井フォーラム2016 (※舩井勝仁執筆)
2016.10.17:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】お金は誰かの借金で作られている (※舩井勝仁執筆)
2016.10.10:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】いよいよ「舩井フォーラム2016」です (※舩井勝仁執筆)
2016.10.03:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】マインドフルネス (※舩井勝仁執筆)
塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com