photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄の遺志を引き継ぐ舩井勝仁と佐野浩一が、“新舩井流”をめざし、皆様に「いま、伝えたいこと」を毎週交互に語っていきます。
毎週月曜日定期更新
2004年6月8日
日本の神社・仏閣は経営戦略がない

 つい先日のことです。何万坪という敷地の中にお寺と神社が一緒にある有名な神社仏閣場所を訪問しました。2時間くらいかけて敷地内の一部を見学したのですが、20ヶ所ぐらいだったと思います。「ここでしか売っていないお札です」や、「特別な数珠です」などといっていろんな商品(?)を売りつけるのです。案内人もお坊さんも、いたるところでそれらを買わそうと一つ一つ説明をしてくれるのです。さらにどこを拝観するにもお金がかかり、見学場所に行くたびに集められて、もったいぶった説明が始まります。参拝客に物を売りつけよう、参拝客から儲けようと全力投球しているのがよく分ります。資本主義下で生きていくためには仕方がない行為ですが、ちょっとイヤになりました。
 神さまをお祀りするところとはいえ日本は資本主義の国ですから商売をするのは仕方がないと思います。ですが、もう少し違うやり方があるのではないかと思うのです。
 この日、一緒に同行していた船井総研の社員は、インドのサイババに会いに行ったことがあるそうです。サイババのところでは、お金を取られるようなことは一切なかったと彼はいってました。サイババの教えを知るために人が集まることなどで、病院が建ったり、学校が建ったりと、とてもよかったそうです。日本では、どこの神社でも賽銭箱がいたるところにおいてあったり、何かとイヤラシイシステムになっています。それでもどこかの神社が特別に豊かだったという話を聞いたことがありません。「日本の神社は、本当に商売が下手なのですね」というのが、その社員の感想でした。
 商売というはっきりとした形をとるのなら、経営手段を確立したほうがよいのではないかというのが私の意見です。神社やお寺に限らず、昔ながらの観光地なども同じです。本来、素晴らしいものがあるからこそ観光地や寺社などに人は集まってくるのです。だから、商売することを一番の目的にせず、その素晴らしいものを最大限に活かして、魅力があるから人が集まってくる、その結果、お金もついてくる・・という形にしてほしいと願います。
                                           =以上=

バックナンバー
2004.06.30:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】『マンガで読む船井幸雄のツキを呼ぶコツ』
2004.06.29:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】口臭も加齢臭も消えてしまう
2004.06.28:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】経営者のきびしさ
2004.06.26:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】【本物研究所からのお知らせ】
2004.06.25:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】株価変動に思う
2004.06.24:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】マクロな視点をもとう
2004.06.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ムダが多すぎる
2004.06.22:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ひとの悪口は言わないほうがよい
2004.06.21:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】若者よ働くべし
2004.06.18:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】すべてにポイント、急所がある
2004.06.17:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】シングルマザー時代
2004.06.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】天才について
2004.06.15:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】『未来への処方箋』について
2004.06.14:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】自由な方がよい
2004.06.11:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】マハリシ型かシュタイナー型か?
2004.06.10:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】名医について
2004.06.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】百匹目の猿の会
2004.06.08:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】日本の神社・仏閣は経営戦略がない
2004.06.07:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】相談ごとはまず自分で考え、相手の立場になってからにしよう
2004.06.04:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】弱気ではいけない
2004.06.03:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】複雑より単純
2004.06.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】個別対応の時代
2004.06.01:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ビジネスに必要な「仕組みづくり」
舩井 勝仁 (ふない かつひと)
株式会社船井本社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
佐野 浩一(さの こういち)
株式会社本物研究所 代表取締役社長
株式会社51コラボレーションズ 代表取締役会長
公益財団法人舩井幸雄記念館 代表理事
ライフカラーカウンセラー認定協会 代表
1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note