photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2008年2月11日
経営コンサルタントや評論家は、お金や物は扱わない方がよいようだ

 時事評論家の増田俊男さんが、「投資家からお金を集め破たん」という記事が1月24日の読売新聞などの第一面に出ました。
 私は彼と親しく、彼を評論家として世に出した人間だ・・・とも言われています。共著もあります。
 彼は経済や政治の見とおしについては、天才的な才能があり、その発言は注目に値するところの多い貴重なものが多々あります。
 私とは性格的には、まったく逆のところの多い人ですが、私は彼の長所がよく分るし、それは私にはないものなので、仲よく付き合っています。また彼の専門的な意見もよく聞いています。それらの点では、彼は私の期待に応えてくれる人でした。
 最近では彼の近著の『またもや ジャパン・アズ・ナンバー1の時代がやってくる』(2007年12月31日 徳間書店刊)は私にとっては非常に参考になり、このホームページでも紹介しました。
 ただ、私は以前から彼が投資家から資金を集め、運用していることを知っていました。
 投資コンサルタントや経済評論家は、このようなビジネスをしない方がよい・・・というのが私の信念ですから、「増田さんに投資したいが・・・?」と何人かの人から相談を受けましたが、私はそのすべての人に「自分の責任でおやりになるなら反対しませんが、私はお奨めできません」と、答えてきました。彼もそれに気づき、「総ての投資は今年で成果が出て終りになるので、2009年からはソロバンは終りにします。こんどは『お経』だけにします」と言っていました。
 実は、船井総研という経営コンサルタント会社は、創業以来いままで、一切、「お金」や「物」を扱ってきませんでした。それ故、よかったと思うのです。また、信用されてきたとも思うのです。
 アドバイスがビジネスですから、いろんな情報が入ってきます。そこで、この会社の株式を持てば儲かるとか、金(ゴールド)は上がるだろうとか、この商品は、必ず儲かるだろうなどは、かなり高い確率で分ることがよくあります。しかし、一切、それらに手を出して来なかったのです。
 これが信用につながったような気がします。船井キャピタルというベンチャーキャピタルを業とする子会社にも、一切、親会社として得意先の情報は与えて来なく、独立採算で運営させてきたのが、船井総研です。それくらい、はっきり割りきっていました。
 これが、前記の私の信念となり、いまの船井総研も、この方針は守ってくれています。
 ところで、増田さんの友人として、彼のことは心配しています。読売新聞の記事についての彼の見解は「投資家には損をかけない。全く大丈夫だ」と1月25日の彼のホームページ上で発表していましたが、ぜひ上手にこの種の問題は解決してほしいと思っています。
 人にはそれぞれ生き方があり、他人さまに生き方を強制はできませんが、ここに書いたのは、長年、知恵とか情報でビジネスを行なってきた私の本音と信念であり、「このような考え方で経営コンサルタント会社の経営を私はしてきました」というのが、いま一番知らせたいことなのです。ぜひ、参考になさってください。
                                            =以上=

バックナンバー
2008.02.29:【先週のびっくりより】本ホームページのアクセス数がふえた
2008.02.25:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】関英男先生の主要著書の入手法
2008.02.22:【先週のびっくりより】2月11日の勉強=三つのことを知った
2008.02.18:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】今年から来年にかけて世界経済恐慌の確率が高い
2008.02.15:【先週のびっくりより】超人の条件、経験からの確信
2008.02.11:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】経営コンサルタントや評論家は、お金や物は扱わない方がよいようだ
2008.02.08:【先週のびっくりより】今月の仕事人
2008.02.04:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】昭和に降りた大天啓
2008.02.01:【先週のびっくりより】テロメア活性化法や放射線ホルミシス
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター