船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
人が唸る芸の裏には・・・ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.3.10(Wed)
社名:(株)本物研究所 取締役
名前:服部 真和

 皆さんこんにちは。今日からこの社員コラムは24周目を迎えます。いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。

 さて私は現在、舞伎にハマっていて、そこに見る役者のプロ意識のことを以前このコーナーで書かせていただいたことがあります。歌舞伎を見ていると上演されている作品のもとになっているものに文楽の作品が多いことに気付きます。歌舞伎の人気作品である「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」など、源流は文楽の作品からきています。ですから、必然的に興味が文楽にも及んできて、先日も国立劇場で近松門左衛門・作の文楽「曽根崎心中」を見ました。今回の私のコラムは、その文楽を通して感じたプロとしての意識について書きたいと思います。

 文楽について先日、CS放送で過去のNHKで流れた特集番組を再放送で流していました。タイトルは「人間国宝ふたり〜文楽・終わりなき芸の道〜」というものです。内容は人間国宝である人形遣いの故・吉田玉男さん(当時82歳)と義太夫の竹本住大夫さん(当時76歳)を追っかけたドキュメンタリー番組。
 とにかく、びっくりしたのは冒頭から80歳を過ぎた吉田玉男さんが健康のためとボーリングを趣味としていて、見事になげたボールがストライクを出した映像が流れたところ。なんて元気な人なんだろうと。放送当時、玉男さんは大阪の老人ホームに夫婦で生活していて、一時間かけて劇場に通っていたそうです。公演となると約3週間は休みなく舞台に立たねばなりません。そのスケジュールは玉男さんの年齢を考えるととてもハードなものに違いありません。すごい気迫だなあと見ていて襟を正される思いがしました。

 そしてもう一人の人間国宝、竹本住大夫さんの稽古です。こちらはお弟子さんに稽古をつけている様子が映し出されるのですが、「ばかめが!いつになったら覚えるんや。上っ面だけで語るな!!」とすでに中年の域に達しているお弟子さんをコテンパンに怒鳴りつけます。なんて厳しい稽古なんだろう。住大夫さんは言います「怒られて情けなくなる。稽古に行くのが辛くなる。できたときは、それでええ!!のあっさりした一言。でもそれで覚えることができる。行くときは辛いが帰るときは良かったと思う。それの繰り返し。」今では古い方法じゃないのか? とも思えるようなスパルタ式の稽古、でもそこに自分との戦いに乗り越えていかないとたどり着けない芸の領域のようなものがあり、師匠の弟子への愛情のようなものを感じ取りました。

 文楽における人間国宝二人にスポットをあてた過去の特集番組を見て、たかが人形遣いされど人形遣い、たかが義太夫されど義太夫、神業的な芸を見せるその裏には、凛として生きる姿勢とたゆまぬ鍛錬の繰り返しがあったこと、そしてそれは誰にでもできることなのですが、実は誰にでも簡単にはできることではないということ。皆が絶賛する芸の裏には底知れぬ精神の強靭さがベースあることを知らされ、学ぶことが多いと感じました。


★★☆☆無料で!!船井幸雄&江本勝対談DVDをプレゼント★★☆☆★★☆☆★★
船井幸雄と江本勝さんの対談DVDを本物研究所の販売店で無料プレゼントしています。
あの噂の映画「WATER」の15分版も収録されています。
ご友人を誘って本物研究所の販売店に行こう!!
販売店は本物研究所のホームページからご覧いただけます。
クリック⇒ http://www.honmono-ken.com/cd/

★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★


1周目:「船井会長の“幸せを呼び込むCD”について (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
2周目:「私のストレス解消法」
3周目:「船井会長の言葉を因数分解 (テーマ:私が日々もの思ふこと)」
4周目:「天才の眼? (テーマ:私が日々思ふこと)」
5周目:「「不動心」 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
6周目:「細分化思考 (テーマ:私が日々思ふこと)」
7周目:「「オープンワールド」で体感したこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
8周目:「KOTOBA (テーマ:私が日々思ふこと)」
9周目:「びっくり現象と熊楠 (テーマ:私が最近ビックリしたこと)」
10周目:「シンプルな言葉 (テーマ:船井会長から学んだこと)」
11周目:「雑感 (テーマ:私が日々思ふこと)」
12周目:「仕事通じて感じ学んだこと (テーマ:仕事をしていて学んだこと)」
13周目:「感動した玉三郎の舞台 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
14周目:「チームプレイ (テーマ:仕事をしていて感動したこと)」
15周目:「最近私が読んだおすすめの本『悩む力』 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
16周目:「正月に映画を観て感じたこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
17周目:「文楽を観て「必要、必然」を想う (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
18周目:「あした来る鬼だけが、ホント (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
19周目:「NS乳酸菌サプリメントを開発した金鋒先生 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
20周目:「「歌舞伎」というビジネス (テーマ:私が日々思ふこと)」
21周目:「ゴーギャンの絵に魅せられた (テーマ:私が日々思ふこと)」
22周目:「どんな鳥も想像力より高く飛ぶことはできない (テーマ:仕事をしていて学んだこと)」
23周目:「自分の消費行動を振りかえると・・・ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」

バックナンバー
2010.03.31: こだまゆうこさんの本が、発売となりました。 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.30: 身近な人と何を語りどう関わり合いたいのか (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.29: 花粉症と美肌対策が一石二鳥! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.26: クマともりとひと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.25: 近藤和子さんのBMDに行ってきました。 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.19: 高校生授業料無償化について考える (テーマ:私が日々思ふこと)
2010.03.18: 感謝 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.17: マインドコントロールとは? (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.16: ラクラク断食のすすめ! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.15: 最近読んだ本 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2010.03.12: 一瞬一瞬を大切に♪ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.11: マネジメントが心に火をつける (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.10: 人が唸る芸の裏には・・・ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.09: 自分の原点に戻るイヤシロチ・ゼロ磁場の魅力 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.08: 安田のおばあさん (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.05: 意識して実行しよう! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.04: 人生は廻る輪のように (テーマ:私が感動した本)
2010.03.03: 長所伸展 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.02: 『朝のリレー』を読んで (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2010.03.01: Beyond Dispute (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note