船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
神社への道
2015.2.17(Tue)
社名:(株)船井メディア
名前:小島 聖加

 みなさまこんにちは。
 
 いつも『舩井幸雄.com』をご覧いただき、誠にありがとうございます。
 船井メディア 小島聖加です。

 2015年になりまして、怒濤のごとく日々が過ぎ、いつの間にか1月から2月へと移り変わっていきました。
 北風の寒さに身体は堪えていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 さて、我が家では初詣に寒川神社に行くのが恒例となっております。

 寒川神社ですが、神奈川県のほぼ中央に位置する寒川町にございます。
 八方除の守護神が祀られている寒川神社、正月には40万人もの人々が参拝に訪れるそうです。

 また、寒川神社は厄払いも行っており、私は今年後厄でしたので、厄払いをしてきました。

 生まれてから毎年来ていることもあり、神社へと向かう道中では様々なことが思い出されます。
 踏切のある田んぼ道、自動車のエンジン音、遠くに見える山々。参道に敷き詰められている砂利の音、手水舎の水の冷たさ、本殿の神々しさ……まるで、生まれてくる前の記憶のように鮮明に繰り返されます。

 ですが、10年間乗っていた我が家の車が新車に変わっていましたので、車内からの風景、エンジン音などがいつもと違います。

 いつもと同じ風景なのにいつもとはちょっと違う。
 ちょっと前までは同じなのに、同じだったのに今はもう違う。

 新車に慣れていくと同時に前の車のことを忘れていくと思うと少し寂しい気分がします。
 それでもある瞬間でしたり、一度通った道を通るときなどに前の車を思い出す、そう思うと悲しいばかりではない……のかなと考えたりします。

 参拝を終えて、メインイベントのおみくじへと向かいました。
 去年はいったい何が出たのだろう、と考えながら引いたおみくじは「大吉」。
 来年、おみくじを引くときにそれを覚えているのでしょうか?


25周目:「チャンスがやってくる瞬間」
26周目:「歴史の重み」
27周目:「川の風景」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.03 ・2015.02 ・2015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

マスメディアには載らない情報 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター