船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
ハーモニーを求めるDNA
2015.2.3(Tue)
社名:(株)船井本社 秘書室
名前:重冨 嘉代子

 みなさま こんにちは。
 今日は節分。豆まきの日ですね。
 気温は、まだ低く寒い日が続いていますが、柔らかい春の光を確かに感じています。

 2015年は、激動の最後の年になると多方面から言われています。
 心して過ごさなければいけないと思うと気が重いのですが、良いことを選択して明るい未来をイメージしていきたいです。

 1月31日には、にんげんクラブ主催『宇宙(ソラ)からの黙示(アポカリプス)2』
アースキーパークリスタルP−ちゃんが伝えるアカシックレコードからのメッセージ
〜今、日本の近未来をかえるとき〜 が開催されました。

 にんげんクラブの会員さまが全国からご参加くださり懇親会までの一日の時間を、ご一緒させていただきました。にんげんクラブが発足しましたのは、2006年4月。そのころから会員になってくださっている方々に再会することができ楽しいお話しに浸り、応援してくださる会員さまに支えられていることに感謝、感謝の時間となりました。

 講演会では、青木勇一郎先生の「頭のかたい人と頭のやわらかい人」の楽しいお話に続き、世界初!の『やったぁー、やったぁー、やったぁー』の万歳三唱が行われ、会場全体がふわりと心地よく次元上昇していくのを感じました。この日、ご参加の皆さまの表情が開演時から笑顔に満ちて、これから始まるすべてのことにワクワク楽しみにされていることが伝わっていましたので、この万歳三唱で会場は更にハッピーな空間になりました。

 今回、お招きしたゲリー・ボーネル先生は、昨年夏にこだまゆうこさんが会報誌でのインタビューをさせていただいた折に、にんげんクラブでもご講演をいただきたいとお願いしたことから念願が叶い、実現することとなりました。以前には、高知の小川社長のP-CHANのところへも来てくださっていて、ご縁を強く感じました。

 ご講演では、私たち一人ひとりが、自分の内側にある葛藤を解放することで、地球がシフト(移行)し始めている次の新しいサイクルに、私たちもシフト(移行)しやすくなる、とアドヴァイスされました。日本には元来、ハーモニーを求める文化がDNAの核となる部分にあり、その集合意識によってシフトがスムーズになるのだそうです。
 正しさや誤りを問うのではなく、裁くことから離れ、内側の自分の口論を忘れる(解放する)と、新しいことを次々と楽しく受け入れられるオープンハートな、自分に変化していけるのだと思います。早速、私も実践しはじめたところです。


2周目:「にんげんクラブ東京大会で、“よりあい”実現しました。」
3周目:「緊急時から学んだこと」
4周目:「にんげんクラブ関西大会へご参加いただきありがとうございます。」
5周目:「沈黙と力」
6周目:「にんげんクラブ全国大会(パシフィコ横浜)で、お待ちしております。」
7周目:「よい思いが実現するとき」
8周目:「「祈り」つづける」
9周目:「心を開く」
10周目:「船井幸雄オープンワールド2012開催!! 皆様のご参加をお待ちしております。」
11周目:「よりあい」
12周目:「船井幸雄オープンワールド2012、着々と準備進行中です。」
13周目:「船井幸雄オープンワールド2012、ありがとうございます。 〜カタツムリのようなスピード、でも確実につたえられていくこと〜」
14周目:「良い思いを持ちつづけ、中道で」
15周目:「深呼吸」
16周目:「大人と子どものあいだ」
17周目:「ならば、どうする!」
18周目:「絶望から希望へ」
19周目:「より楽しく生きるために、プラス発想。」
20周目:「自然な自分の声を出しましょう」
21周目:「舩井幸雄の原点」
22周目:「すべては、必要・必然・ベスト」
23周目:「小さくて大きいもの」
24周目:「自分の枠をはずす」
25周目:「『舩井☆SAKIGAKEフォーラム2014』にぜひ、ご参加ください。」
26周目:「11月1日・2日は、パシフィコ横浜でお会いしましょう」
27周目:「明るい未来にするために」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.03 ・2015.02 ・2015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター