船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
心を開く
2012.2.28(Tue)
社名:(株)船井本社 秘書室・にんげんクラブ事務局
名前:重冨 嘉代子

 みなさまこんにちは。
 柔らかな春の陽射しを感じる頃となりました。

 冬から春へと四季が移るとき、それまで深く閉ざしがちだった心も
春の光を受けてワクワクと軽やかに感じることが多くなっていきます。
 自然からの影響が、心の中に及ぶのだと感じます。

 私たちの過ごしている社会は今、日々の変化が激しくさらに加速されて
いるようです。そんな中、押し流されたままの日常を送っていると、
自分の心に放りっ放しで整理しそびれたものがたくさん増えていきます。

 そんなときには、心を開いて存分に話すと良いですよと
ある方からアドヴァイスをいただき、早速実行してみました。

 自分の思いを本音で伝えると友や家族は共感してくれます。
 そして、すーっと心が整理されて軽くなる自分に変わっていきます。
 自分が抱えている問題の原因と結果が隣り合わせにあることも分りました。

 すぐに答えがみつからなくとも、共感しあうだけでも心はほぐれていきます。
 心の奥にしまいこんだ良くない思いを、すっきり掃除した気分になるのです。

 こうして、散らかったままの自分の心をその都度整理できたなら、何かに押し流されずに、自分を丁寧に生きていけるように思いました。
 これからも、さまざまな場面で実践していこうと思います。


2周目:「にんげんクラブ東京大会で、“よりあい”実現しました。」
3周目:「緊急時から学んだこと」
4周目:「にんげんクラブ関西大会へご参加いただきありがとうございます。」
5周目:「沈黙と力」
6周目:「にんげんクラブ全国大会(パシフィコ横浜)で、お待ちしております。」
7周目:「よい思いが実現するとき」
8周目:「「祈り」つづける」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.03 ・2012.02 ・2012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター