船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
自分の枠をはずす
2014.6.19(Thu)
社名:(株)船井本社 秘書室
名前:重冨 嘉代子

サヌカイト・コンサート

 みなさま、いつも『舩井幸雄.com』をご覧くださりありがとうございます。
 梅雨の季節。雨上がりの朝、早起きすると、くちなしの甘い香りがあちこちから立ち込め、とても素敵な朝を感じています。体調を崩し易い時期でもあります。くれぐれもご自愛くださいませ。

 甘い香りといえば、にんげんクラブで主催している植原絋治先生の“速読を超えるサイバーリーディング・ルンル”は、横になって植原先生の声を無意識の意識で聴いて過ごす時間です。

 「頭の先から足の先まで甘い香りにつつまれて、いい気持ち♪」と、ゆっくりした口調を不思議なフレーズとともに聴きます。すると、目覚めた後には、頭がすっきりと動き、集中力の違いを感じます。連続して受けると更に効果がちがうようなのです。
 植原先生は、自分の枠をはずすことを、講義の中でも説明されます。繰り返し聞いているうちに、分かりかけてきたところです。

 さて、舩井幸雄が、このサイトでもご紹介し生前親しく交流のあった香川県の前田様の研究で有名な、サヌカイト。そのサヌカイト・コンサートが東京渋谷の白寿ホールで開催されます。(7月25日(金)HAKUJYU HALL)
http://www.hakujuhall.jp/access/index.html

http://www.sanukite.com/sanukite/live-info-report/post_5.html

 サヌカイトは、香川県の金山で産出される石。東京工業大を卒業され、後半生をサヌカイトの研究とサヌカイト楽器の制作、その楽器が奏でるサヌカイト音楽の周知、闡明活動で世界を巡られた故・前田仁先生の遺志を受け継ぎ伝えていらっしゃるご子息の前田宗一さんのサヌカイトのサイトから、その歴史とすばらしい音色についてご紹介させていただきます。

 サヌカイトはガラス質の古銅輝石安山岩で、『讃岐岩』ともいわれ、古くから讃岐の人達には『カンカン石』という呼び名で親しまれてきました。この石は現代に生きる私達が想像も出来ないくらいの太古の時代より存在していました。今から約1300万年前、火山活動によって噴出した溶岩が急激に固まった事により現れたとても珍しい岩石で、世界の中でもこれほど美しい音の出るサヌカイトは唯一、香川県坂出市の金山、国分台付近にしかありません。
 現代人の祖先となる、ホモ・サピエンスがアフリカで誕生したのが約20万年前になりますので、その時代背景を頭に思い浮かべながら、私達の耳へと届く美しい音色を聴くと、何とも言葉では表現し難いサヌカイトの奥深さを感じ取れるのではないでしょうか。
 聴く人をたちまち魅了してしまうサヌカイトの音は、人間の耳には聞き取ることの出来ない高周波音を発しており、その音響効果で "脳の活性化"や"集中力を増す"といった事が、多くの学者の研究によって判っています。

 サヌカイト楽器、“ソウ”は円柱状に加工した石を木製の枠に紐で吊り下げたものです。同じ音を続け様に叩くと前後によく揺れます。その響きは透明感をもちつつも、丸く、温かみのある音色が特徴的です。(音域・2オクターブ半)。
 “石琴”は見た目が木琴に似ていますが、音の出る鍵盤部分は石を細長くカットしたものを台に並べています。木琴の様に台に固定されていないので叩いているとたまに震えたように動く事があります。その響きは石本来の姿を思わせる様な、素直で愛らしい音色が特徴的です。(音域・2オクターブ半)。
 どちらのサヌカイトも毛糸や綿の糸で巻かれたマレットを使い、優しく叩いて音を出しています。これらの楽器はとても繊細な「石」で出来ている為、 ff(フォルティッシモ・ごく強く)で音の表現をすることにはあまり向いていませんが、pp(ピアニッシモ・できるだけ弱く)等、繊細な表現をしたい時には気持ちよく応えてくれます。



 サヌカイトの音色は、高周波音を奏で、脳の活性化、集中力に作用するようです。ルンルの植原先生のお話しにも通じると思いました。自分の枠をはずすためのヒントがありそうです。

 今回、このチケットを、前売り価格より500円安く受付販売させていただくことになりました。
 ご希望の方は、shigetomi@funai-office.com までメールでお問い合わせくださいませ。
 当日、私も楽しみに参加させていただく予定でおります。
 尚、この優待チケットのお申込みは、数に限りがありますため、7月10日(木)までとさせていただきます。何卒ご了承くださいませ。

 サヌカイト・コンサートで、自分の枠から抜け出してみませんか。


2周目:「にんげんクラブ東京大会で、“よりあい”実現しました。」
3周目:「緊急時から学んだこと」
4周目:「にんげんクラブ関西大会へご参加いただきありがとうございます。」
5周目:「沈黙と力」
6周目:「にんげんクラブ全国大会(パシフィコ横浜)で、お待ちしております。」
7周目:「よい思いが実現するとき」
8周目:「「祈り」つづける」
9周目:「心を開く」
10周目:「船井幸雄オープンワールド2012開催!! 皆様のご参加をお待ちしております。」
11周目:「よりあい」
12周目:「船井幸雄オープンワールド2012、着々と準備進行中です。」
13周目:「船井幸雄オープンワールド2012、ありがとうございます。 〜カタツムリのようなスピード、でも確実につたえられていくこと〜」
14周目:「良い思いを持ちつづけ、中道で」
15周目:「深呼吸」
16周目:「大人と子どものあいだ」
17周目:「ならば、どうする!」
18周目:「絶望から希望へ」
19周目:「より楽しく生きるために、プラス発想。」
20周目:「自然な自分の声を出しましょう」
21周目:「舩井幸雄の原点」
22周目:「すべては、必要・必然・ベスト」
23周目:「小さくて大きいもの」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.07 ・2014.06 ・2014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター